« 33回広島山口大会(その4) | トップページ | 33回広島山口大会(その6) »

2013年10月18日 (金)

33回広島山口大会(その5)

 昨日「ためしてガッテン」を見ていたら、次回予告が、記憶力で東大生に勝ったとかいうテーマです。うわさでは東大クイズ研が出るそうですね。今はNHKも、東大が最も頭がいいというスタンスで平気で番組を作りますね。昔は個別の大学のランク付けをやるような放送は決してなかったと思いますが。それでも、司会のアナウンサーが東大卒であることは一度も言っていません。

 それでは広島山口大会です。2回戦は広島のみで行います。しりとりとシークワーズ、そして動画は泳いでいる後ろに「-グ」と書いてあります。
 3分後に女子が来ますがブー。その次の男子はピンポン。どうやら最初の女子は問題番号を間違えたらしい。どの問題が何問目というのは非常にややこしい。3問の地区では動画が2問目です。
 4分で女子の1チーム目が抜けます。6分で男子が終了しますが、女子は7分でようやく2チーム目です。女子の3チーム目が抜けたとき、藤田アナが「レディービクトリー」と叫びます。福澤時代、全国大会進出が決まるとファイヤーと叫んでいましたが、女子チームの場合はレディーファイヤーなのです。藤田アナはこれをそのまま現在に使ったわけです。藤田アナからは福澤フレーズしか出てきません。ラルフ時代は見ていないのか。

 9分で女子が終了しました。敗者で先頭に並んでいたチームは正解していました。「ペーパーの方がやり切った感がある」と言いながら帰っている女子チームがいました。

 3回戦です。山口は参加がちょうど10チームだったらしい。ここでの勝ち抜け枠は両県とも男子2チーム、女子2チームです。山口の女子は3チームしかいないので圧倒的に有利です。この後、スポンサーネタ。

|

« 33回広島山口大会(その4) | トップページ | 33回広島山口大会(その6) »

コメント

 1年前までの学力偏重の高校生クイズを出すまでもなく、それ以前から「東大は最も頭がいい」という国民のイメージは強かったと思います。

 そういえば、フジテレビの1億2000万人のクイズ王決定戦では、問題が出る度に東大生正解率が表示されていて、いかに問題が難しいかを表現するための"噛ませ犬"にされていましたね。

投稿: にっしー | 2013年10月18日 (金) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58405652

この記事へのトラックバック一覧です: 33回広島山口大会(その5):

« 33回広島山口大会(その4) | トップページ | 33回広島山口大会(その6) »