« 33回広島山口大会(その8) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その1) »

2013年10月22日 (火)

33回広島山口大会(その9)

 天野祐吉が亡くなったということは、BSプレミアムで天野の解説で昔の番組を放送しているのがもう再放送されなくなるということか。「私の秘密」とかクイズ番組もいろいろあったんだけど。

 それでは広島山口大会です。山口のドリームキャッチャー。熊毛南は9ポイントを入れて7ポイントも入れます。梅光学院は10ポイントを入れて5ポイントを入れます。両チームともブロックの選択が不思議です。野田学園は9ポイントを落としますが10ポイントを入れて7ポイントを入れて勝利です。

 西名アナが放送と関係なく高校生にインタビューして回っていたら、勝者インタビューに呼び出されます。
 広島のドリームキャッチャーです。広島学院は10ポイントをつかむのに苦労して、最後は壁に当てて落とします。7ポイントは入れますが、現在のトップに届きません。広大附属の女子は10ポイントを外しますが9ポイントを入れます。これで現在のトップと同点です。
 広大附属の男子は7ポイントを入れて10ポイントを入れます。3ポイントは落とします。広島なぎさは現在16ポイント負けています。10ポイントを入れますがそこまでで、全国大会進出は広大附属です。
 そういえば去年から広島の予選も移動しなくなりましたが、来年、路線変更が周知されたらまた移動するようになるのでしょうか。

|

« 33回広島山口大会(その8) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58432784

この記事へのトラックバック一覧です: 33回広島山口大会(その9):

« 33回広島山口大会(その8) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その1) »