« 33回中部大会(その1) | トップページ | 33回中部大会(その3) »

2013年10月30日 (水)

33回中部大会(その2)

 週刊文春に、みのもんた長男がマツコの深夜番組から降板という記事が出ています。確かに「マツコの知らない世界」はいい番組なのに急に終わるのが不思議でした。その後のマツコ番組が、1回放送しただけで休止されたし。番組を戻した方がいいんじゃないか。なお、記事を読むとマツコ本人がプロデューサーの弟の影響を全面否定しています。マツコは番組内でプロデューサーについて、みのもんたの息子でコネで入ったと言って、当人の顔写真が画面に出たことがあります。

 それでは中部大会です。スギちゃんが出てきます。ワイルドネタで応援メッセージをと振られてスベります。スギちゃんが桝アナを呼びます。後ろ向きでせり上がってきます。桝アナはこの地区が最後です。今年はついに、最初の沖縄と関東・中部・近畿にしか来ませんでした。
 全員でビクトリーのポーズをやります。「Vという文字をたくさん作って、地図記号の畑のように生やしちゃってください」。ここで、桝アナがビクトリーを叫ぶときのセリフが頭から抜けます。久しぶりに舞台から火が出ます。
 「前の方でうちわを持ってる子たち、何か足りないと思ってるんじゃない」。SUPER☆GiRLSが出てきます。2曲歌います。

 スギちゃんが戻ってきて、第1問です。名古屋城の金のしゃちほこに関する問題です。こんな典型的なご当地問題が出るのは最近珍しい。第1回で出ていてもおかしくありません。SUPER☆GiRLSはYESを選びます。理由で非常に論理的なことを言います。スギちゃんはNOです。この後、同期の話。

|

« 33回中部大会(その1) | トップページ | 33回中部大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58484055

この記事へのトラックバック一覧です: 33回中部大会(その2):

« 33回中部大会(その1) | トップページ | 33回中部大会(その3) »