« 33回広島山口大会(その1) | トップページ | 33回広島山口大会(その3) »

2013年10月15日 (火)

33回広島山口大会(その2)

 NHKでやっていた「激突 神ワザ!」。完全に「ほこ×たて」ですが、最近ネタが苦しいほこ×たてよりはるかにほこ×たてっぽかった。NHKが本気を出せばこのくらいできると示しているのか。おそらく「Good Job!会社の星」のスタッフが取材の過程で見つけたのではないかと思います。千原ジュニアの発言をよく聞いていると、ほこ×たてのようなものに何か言及したのではないかと思われる不自然なカットがありました。

 それでは広島山口大会です。バイきんぐが出てきます。西村が広島出身だそうです。小峠が「高校生のときに兵庫に引っ越してるんですよ。広島を捨てた男ですよ」。
 ところで、今年のスタッフTシャツは、それぞれが背中に自分で書くスペースがあります。最初の沖縄大会では全員が書いていましたが、どうせそのうちやらなくなるだろうと思っていたら、この地区だけのスタッフは誰も書いていません。そんな中で西名アナだけが異常に凝って書いています。3色使っています。おそらく全地区のスタッフで一番です。

 参加者は100チーム弱といったところです。山口も10チーム以上はいるようです。ゴングマンが出ます。「バイきんぐのときと反応が違う」。舞台上で飛び入りの募集をします。
 体操服の女子3人があたりまえ体操をします。ゴングマンにも歌わせます。合格です。次のチームは「宇宙戦艦ヤマト」をアカペラで歌ってすぐ不合格です。同じ学校から次はダンスです。これはちゃんとしていますが、こちらも不合格になります。
 次の人はトム・クルーズと名乗ります。ボイスパーカッションで合格です。次は女子1人でチアリーダーっぽい格好でダンスです。合格。次の人は「地上の星」をアカペラで歌って合格です。最初は3組と言っていたので、飛び入りがいたようです。ボイスパーカッションが優勝になります。この後、くるくる回らない。

|

« 33回広島山口大会(その1) | トップページ | 33回広島山口大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58387621

この記事へのトラックバック一覧です: 33回広島山口大会(その2):

« 33回広島山口大会(その1) | トップページ | 33回広島山口大会(その3) »