« 33回鳥取島根大会(その2) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その4) »

2013年10月25日 (金)

33回鳥取島根大会(その3)

 東スポの1面によると、「笑っていいとも!」の後番組が情報番組になる場合、福澤朗の起用が検討されたと書いてあります。一方、「朝ズバッ!」が打ち切られた場合、後任は福澤朗が最有力という週刊誌記事もありました。敗戦処理専門か。若手に譲ってBSやCSで仕事をするような状況ではないようですが。

 それでは鳥取島根大会です。岡崎アナが水風船をつかみますが、そこで喜んで割ってしまいます。続いて2回戦ですが、「次が決勝」と言います。両県の男女2チームずつが決勝進出です。実は大量参加している出雲農林は、今夜地元の祭りで太鼓演奏をするらしい。その都合で高校生クイズが短くなっているのです。昨年は3チームだった島根の予選を成立させてくれた学校には逆らえません。

 全体のチーム数が少ないので、解答席が県で分かれていません。問題はしりとりとシークワーズ、そして動画は地図を引き伸ばしています。
 2分で鳥取男子の1チーム目です。しかしその後ブーが続いてなかなか決まりません。4分で島根男子の1チーム目、続いて鳥取女子がきます。5分で鳥取男子が終了。6分で島根男子が終了です。
 8分で鳥取女子も終了しますが、島根女子は1チームも決まっていません。島根の女子は8チームで、すべてが高校生パフォーマンスに参加していた人です。9分でラグビーの方が抜けます。この後、太鼓がずっとブーですが、11分で太鼓がピンポンで終了です。この後、強風。

|

« 33回鳥取島根大会(その2) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その4) »

コメント

moncler 通販

投稿: moncler サイズ | 2013年11月 1日 (金) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58448956

この記事へのトラックバック一覧です: 33回鳥取島根大会(その3):

« 33回鳥取島根大会(その2) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その4) »