« 33回岡山香川大会(その6) | トップページ | 33回岡山香川大会(その8) »

2013年10月11日 (金)

33回岡山香川大会(その7)

 昨日の深夜に「世界は言葉でできている」をやっていました。これは評価したい。そもそもあの企画で水曜20時などという枠にするから記録的低視聴率になるのであって、例えば金曜22時あたりならもっといい結果になったと考えています。内容自体は悪くないので、うまく復活してほしい。他にもそういう、最近低視聴率だった番組があります。

 それでは岡山香川大会です。岡山の三択の1問目、サザンオールスターズの問題で倉敷天城のみ不正解。2問目、オバマ大統領の問題で、また倉敷天城のみ不正解。3問目、「宇宙兄弟」の問題で、倉敷工業と倉敷青陵が正解。4問目、急に学校で習う理科の問題が出て、全チーム正解です。5問目、スタジオジブリの問題で、倉敷天城と倉敷工業が正解。倉敷工業が全問正解で、4チームの得点が10、8、6、4になります。

 グランドキャノンを前に、バレーボールを青木アナに向かって試し撃ちさせます。グランドキャノンはこちらの予選ともう一方の系統の予選で得点が異なります。
 香川です。テニス部が11ポイント、サッカー部が13ポイント、3年が14ポイント、そしてワンフレーズが、積み上がったブロックを下から順に落としていくというだるま落とし状態になります。13ポイントです。今のところワンフレーズがトップを維持しています。

 岡山は倉敷天城が19ポイント、岡山朝日が9ポイント、倉敷青陵が19ポイント、倉敷工業が18ポイントで、昨年代表は極めて厳しくなりました。この後、明暗。

|

« 33回岡山香川大会(その6) | トップページ | 33回岡山香川大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58357114

この記事へのトラックバック一覧です: 33回岡山香川大会(その7):

« 33回岡山香川大会(その6) | トップページ | 33回岡山香川大会(その8) »