« 33回徳島大会(その1) | トップページ | 週末の番組 »

2013年9月 1日 (日)

33回徳島大会(その2)

 今週の「テストの花道」は「勉強法プレゼン選手権」です。東大生とインテリ芸人が勉強法を発表して対戦するのです。この番組のレギュラーには、工学部の大学院の飯田という人がいます。その人がプレゼンしたのは「教科書を読まない勉強法」。いきなり問題集を見て問題を解く。そしてできなかったところを解説で理解するのです。「問題はできなくても構わないから。○×クイズだと思って」。今のクイズ研がやっていることも、事実上これと同じことでしょう。と思った直後に画面に映った高校時代の写真には「東大寺」というはっぴが。

 それでは徳島大会です。安村アナが出てきます。「知っている人」と言うと少し手が上がります。私は知りません。ズームインサタデーのスポーツコーナーなどをやっているそうです。「集中するぞビクトリー」と叫びますが、フレーズとしておかしくないか。そして決勝がフランスということでボンジュールの練習をさせます。

 参加者は50チーム近くいるようです。山形が3チームなのになんで徳島でこんなに集まる。
 1問目、フランスに関するデータです。これは他のクイズ形式ではよく出そうですが、今さらYES-NOクイズで出るのはフランスにちなんでいるからだけです。YESとNOのカードを選ぶ残り時間は舞台の画面に出ることがわかりました。
 正解の方がかなり多い。安村アナはフェイスペイントが終わるまで解説を読みません。

 2問目は公職選挙法の問題です。今度は半々になります。また解説を読みません。2問で敗者になったのは5チームぐらいです。3問目、自由の女神の問題です。ウルトラクイズでは出なかったと思います。誰もが予想問題として思いつくので。
 ところがなんと全チーム不正解。安村アナが無人のエリアにおめでとうと言います。そして解説を読んで、反対の答えを言ってしまって謝ります。この後、ここにはいない。

|

« 33回徳島大会(その1) | トップページ | 週末の番組 »

コメント

山形は去年駅前でやっても12チームしか来ないというね。。(まあ、あの路線だったからだろうが)
今年は仙台でやって3チームというのは、おそらく7月の1週目で試験期間にどんぴしゃだったからだと思います。(そう思いたい。)

投稿: cocoji | 2013年9月 1日 (日) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58103809

この記事へのトラックバック一覧です: 33回徳島大会(その2):

« 33回徳島大会(その1) | トップページ | 週末の番組 »