« 33回徳島大会(その5) | トップページ | 33回近畿の番組(その1) »

2013年9月 7日 (土)

33回徳島大会(その6)

 10月からフジテレビ系で火曜23時に「有吉弘行のダレトク!?」が始まるそうですが、この番組は関西ローカルでかなり前から次々とタイトルを変えて実験を繰り返しています。もともと、間違って覚えられている常識を指摘するというものですが、夏前に深夜に毎週やったときは、「金持ちはみんな長財布を持っているのか」みたいなちゃんと結論が出るわけないネタも交ざってきてつまらなくなりました。全国ネットではどの形でレギュラー化されるのか。

 それでは徳島大会です。ぐらぐら回転タワーで1チームだけ成功するというのが最悪のパターンです。城東は一気に大量に載せようとしますがすぐ倒れます。富岡西の男子は最初は2つずつ、途中から1つずつ積んで、13ポイント取ります。富岡西の女子は、1周目でリーダーが倒します。川島は1つずつ積んでいきますが、3周目で倒します。これで富岡西の勝利はほぼ確定でしょう。

 グランドキャノンは沖縄の状態と同じで、中央のブロックの中に2ポイントが1つあるだけです。と思ったら、これから3ポイントを2カ所入れるそうです。
 城東は12ポイントで、この時点で富岡西の男子に届きません。富岡西の女子は13ポイントで、一応チャンピオン席に座ります。川島は15ポイントです。これで富岡西の男子はわずか4ポイントで優勝です。今さらいろいろインタビューしたりして引っ張ります。
 結局富岡西の男子は15ポイントでした。まだ16時台です。なお、これを最後に、私の見る非河合塾大会では、ぐらぐら回転タワーは一度も登場しなくなりました。

|

« 33回徳島大会(その5) | トップページ | 33回近畿の番組(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58142393

この記事へのトラックバック一覧です: 33回徳島大会(その6):

« 33回徳島大会(その5) | トップページ | 33回近畿の番組(その1) »