« 33回徳島大会(その4) | トップページ | 33回徳島大会(その5) »

2013年9月 5日 (木)

関西でネットされるローカル番組

 「キングコングのあるコトないコト」が朝日放送では半年以上遅れて放送されています。今週の放送を見ると、伊勢神宮が20年ごとに式年遷宮するのは宮大工の技術を継承するためとか、うがいの語源は鵜飼いといったのを「ないコト」で全面否定していました。宮大工の技術継承って昔からさんざん言われているし、ついこの前クイズ番組で「鵜飼いが語源になっている行為は何→正解:うがい」というのを見たぞ。何が正しいのかわかりませんが、これだけ雑学番組ばかりになるとリサーチも劣化します。

 「ノブナガ」が毎日放送では3カ月遅れで放送されています。昨夜の「思い出かけっこ」で出てきたのが、前日に大津のゲームセンターでAnswer×Answerをやっていたという人です。その人と一緒にAnAnをやりに行くのですが、ボタンを押すのと正解に、高校生クイズの音をいちいちアフレコで入れているのです。ゲームそのものの音を使えばいいのにそんな必要があるか? そしてウルトラクイズの勝ち抜け音とか○×クイズを出すときの「ズン、チャッ」まで使っています。完全にCBCのスタッフの趣味でやっているとしか思えません。

 今週と来週の火・水・木曜日に「PON!」が読売テレビで放送されています。この結果次第でレギュラー化する可能性があるらしいのですが、日本テレビ側がやたらと意識しています。本日のオープニングで「今日も関西の方にご覧いただいています」。そして出演者名に「大阪府八尾市出身」と書いてあったり、VTRで麻布十番の店を紹介してから「あべのハルカスでも買えます」と強調したり。よほどネットしてもらいたいのでしょうか。
 本日の芸能ニュースのメニューに「ヒッチハイク芸人が高校生を応援」という見出しがありました。予想通り高校生クイズの予告です。これでスタジオ司会もわかったわけですが、スタジオセットは19時台のバラエティのようで結構狭い感じです。そして、敗者復活戦があることや、アメリカ横断ウルトラクイズどころかお笑いウルトラクイズのような企画があることが判明しました。まさに極端から極端です。これはこれで反発がありそうです。

|

« 33回徳島大会(その4) | トップページ | 33回徳島大会(その5) »

コメント

Answer×Answerの効果音の件なのですが、おそらくこれは本当に筐体から流れてる音かと思われます。

といいますのも、3年前、このゲームとウルトラクイズがコラボしたのですが、そのときネット会員限定で、このウルトラクイズの効果音に設定を変更できる特典があったのです。

投稿: 効果音 | 2013年9月 5日 (木) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58129506

この記事へのトラックバック一覧です: 関西でネットされるローカル番組:

« 33回徳島大会(その4) | トップページ | 33回徳島大会(その5) »