« この記事が大量に読まれるはず | トップページ | 路線変更しなかった高校生クイズ »

2013年9月14日 (土)

いろいろ思うこと

 「林修先生の今やる!ハイスクール」の特別版が、放送時間が一部高校生クイズと重なっていましたね。茂木健一郎と林修って、今年もああいう高校生クイズなら絶対に出演していたはずの2人です。

 高校生クイズの直前に放送された「人生の正解TV」に福留功男が出ていました。逸見政孝から、自分はガンなので「いつみても波瀾万丈」の司会をやってくれという電話が、例の会見の前にかかってきたそうです。福留を地上波で見るのはいつ以来だ。

 NHKの四国ローカルでやった「学生俳句チャンピオン決定戦」 が木曜日の深夜に全国放送されていました。俳句の大会であるにもかかわらず、完全にウルトラクイズではないか。バラマキクイズみたいなのがあったり、昔の高校生クイズ1回戦みたいな人々とふれあう企画があったり。ナレーターは木村匡也ですし。松山放送局はこれとは別に「俳句甲子園」も放送していて、こちらは開成が毎年優勝するような内容です。まさに昨年から今年への高校生クイズの変化のようです。

 今年の番組について。私が気になったのは問題をやらないということよりも、今までに増して出場者が映らなくなったことです。去年までと変えるために海外に行ったはいいが、はしゃいで企画をやりすぎです。放送枠が短くなったので、全国大会さえ一部地域でしか放送できない事前番組に移さざるを得ませんでした。それで本編は6チームだけの番組になるという、昨年までより状況が悪化しているではないか。素人に感情移入させるというのを狙ったのか知りませんが、私はタイの観光情報をそんなに知りたくない。ああいうのを求めて視聴率が上がる視聴者層がいるのか私にはよくわかりません。あんなに予算を投入して放送すべき素材を無駄にするのはもったいない。これで企画が安定して無理に海外に行く必要がなくなったら、もっと多くのチームを放送できる企画になると思いますが。

|

« この記事が大量に読まれるはず | トップページ | 路線変更しなかった高校生クイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58190058

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ思うこと:

« この記事が大量に読まれるはず | トップページ | 路線変更しなかった高校生クイズ »