« 33回関東大会(その9) | トップページ | 33回関東大会(その11) »

2013年8月29日 (木)

33回関東大会(その10)

 TBSでやっている「デリシャカス」に行って、オールスター感謝祭のセットを体験してきました。本物の設備を使ってるんですね。解答ボタンは金属箱に収められていることがわかりました。各人の番号の筒状のものが光るのは、単に白熱電球にカバーをしているだけでした。今度の日曜日までやっています。無料です。

 それでは関東大会です。神奈川の回転タワー。平塚江南が13ポイントです。風で倒れそうになりますが耐えます。続いて横浜翠嵐も13ポイント。かなりうまい。慶應義塾は12ポイントとって、逆転でトップになります。最後の横須賀は、2周目までで逆転して3周目は触りませんでしたが勝手に倒れます。これで慶応の全国大会が決定です。

 グランドキャノンはまた箱の点数が違っています。中央の15箱に2点が2つと3点が2つあります。
 群馬です。太田は13ポイント。中央中等教育は17ポイント。前橋が異常にうまい。中央のブロックをすべて落として21ポイントです。太田女子のときになんかマシンの調子がおかしい。近畿と同様のスリップか。しかし20ポイント取って逆転勝利です。

 次は東京です。なぜ東京を先にやるのか。番組で使わない県は日が暮れてからでもいいと思っているのが見え見えです。大妻多摩は13ポイント。渋谷教育学園渋谷は18ポイント。国際基督教大附属は21ポイント。両端の台の上のブロックがもう少しで落とせるところでした。筑波大附属が16ポイントで、ICUが全国大会進出です。この後、勝手に崩れる。

|

« 33回関東大会(その9) | トップページ | 33回関東大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58084754

この記事へのトラックバック一覧です: 33回関東大会(その10):

« 33回関東大会(その9) | トップページ | 33回関東大会(その11) »