« 33回静岡山梨大会(その8) | トップページ | 33回関東大会(その1) »

2013年8月19日 (月)

33回静岡山梨大会(その9)

 昨日、BSフジで「合衆国横断ウルトラ大喜利R」をやっていました。フジテレビで7月末にやっていたらしいですが、東京にいなかったので知りません。お台場合衆国の宣伝のための番組ですが、合衆国を横断するウルトラな番組のBGMが使われていて、高校生クイズボタンを押すと立ち上がるハットもちゃんとかぶっています。「お台場合衆国内で流れたどうでもいいアナウンスとは?」というお題で博多大吉「ここは汐留ではありません」。

 それでは静岡山梨大会です。静岡のドリームキャッチャー。加藤学園はトップに7ポイント負けています。9ポイントを入れて、さらに7ポイントも成功します。沼津東は13ポイント負けています。9ポイントを倒して台から落とします。しかし7ポイントを土台(球のブロックだけ支えるために土台に載せている)ごと捕って入れます。さらに残り0秒で10ポイントを入れてトップになります。
 星陵はここで負けてもどうせ修学旅行でフランスに行くそうです。9ポイントを入れます。そして10ポイントを入れて逆転です。最後の韮山はトップまで15ポイントです。10ポイントを入れます。そして7ポイントも入れて全国大会決定です。
 長く静岡の予選に来ていないうちに、清水駅とこの会場の隣を結ぶ無料バスが走るようになっているのを知りませんでした。

|

« 33回静岡山梨大会(その8) | トップページ | 33回関東大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58022257

この記事へのトラックバック一覧です: 33回静岡山梨大会(その9):

« 33回静岡山梨大会(その8) | トップページ | 33回関東大会(その1) »