« 33回近畿大会(その11) | トップページ | 33回近畿大会(その13) »

2013年8月 6日 (火)

33回近畿大会(その12)

 現在、「リアル脱出ゲームTV」のホームページで時間限定で問題を募集しています。いい問題を作った100人が何か招待されるそうです。このタイプの問題を募集というのは今までに見たことのない企画ですが、これはみんな発想が同じになるのでしょうか。アルファベットの何番目とか電卓表示をひっくり返すとか。

 それでは近畿大会です。雨が降ったりやんだりの繰り返しで、スタッフが出てきてはまた避難します。遠くでゴロゴロ鳴っています。
 ようやく関西創価です。中央の15箱をすべて落として20ポイントです。続いて大阪桐蔭は左の台の上の2ポイントに当たりますが落ちず、16ポイントです。これで関西創価の全国大会進出が決定しました。

 次は兵庫です。神大附属が11ポイント、明石南が19ポイント、灘が15ポイント。この時点で灘の勝利がなくなりました。桝アナが灘には長くインタビューしています。
 最後の科学技術が、ここまでの予選で初めて、右の台の上の2ポイントを落とします。これで19ポイント。なんと明石南と同点決勝になります。同点決勝はグランドキャノンを20秒です。明石南が15ポイント。科学技術がそれに届かず、明石南の勝利が決定しました。

 次は滋賀です。ところが膳所が撃ち始めると、ボールが飛びません。今度はマシンが壊れたか。どうやら、ボールが濡れて滑っているようです。前の予選まで使っていたささくれだらけのボールは普通に飛びます。この後、また史上初。

|

« 33回近畿大会(その11) | トップページ | 33回近畿大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57936334

この記事へのトラックバック一覧です: 33回近畿大会(その12):

« 33回近畿大会(その11) | トップページ | 33回近畿大会(その13) »