« 33回近畿大会(その15) | トップページ | 33回静岡山梨大会(その1) »

2013年8月10日 (土)

33回近畿大会(その16)

 この時期は「かわいそうなぞう」です。TBSラジオでは毎年8月15日に朗読したり、最近ではJ-WAVEで秀島史香が朗読したりしていますが、私にとってはウルトラクイズの「先に泣いた方が敗者復活」というので読んでいた記憶しかありません。

 それでは近畿大会です。ぐらぐら回転タワーは事前番組では地球の写真を張ったただの円盤でしたが、今回は自由の女神と凱旋門とピラミッドが乗っています。自由の女神には透明カバーがかぶさっています。普通にロンハーマンなどで売っていそうな自由の女神の置物なので、棄損するとまずいのでしょうか。ピラミッドには窓がついているので、おそらく中にカメラがあるのではないかと思います。それにしても、このセットを作った当時はエジプトへの渡航自粛勧告が出るとは想定していなかったのでしょう。もしかしたら全国大会でフランスへ行く途中にエジプトに寄る予定だったかもしれません。

 智弁和歌山はクイズが2ポイントで、13ポイント取ります。続いて紀央館はクイズの6ポイントから12ポイント取ります。最後は智弁和歌山のもう1チームです。クイズは6ポイントでした。積み上げていって紀央館に追いつきます。そして13ポイント目を載せたところで倒れます。ここは無理して触ったところが失敗だったか。これで紀央館が全国大会です。
 18時過ぎに終わりましたが、完全に雨がやんでいます。これなら少し待っていれば和歌山のグランドキャノンもできていました。今回、当初の予定通りのゲームだったら、全国大会に出たチームがまったく違っていたかもしれません。

|

« 33回近畿大会(その15) | トップページ | 33回静岡山梨大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57962862

この記事へのトラックバック一覧です: 33回近畿大会(その16):

« 33回近畿大会(その15) | トップページ | 33回静岡山梨大会(その1) »