« 33回近畿大会(その9) | トップページ | 33回近畿大会(その11) »

2013年8月 4日 (日)

33回近畿大会(その10)

 先週の火曜日に、徳島から高知へ移動していました。すると阿波池田からの普通列車に、村井美樹らが乗り込んできました。私はその内容から、テレビ東京の土曜スペシャルの「極旅」ではないかと思いましたが、それが今度の土曜日に放送されるようです。そういえば村井美樹のブログで、マメちくの本が紹介されています。

 それでは近畿大会です。兵庫と奈良の三択です。なぜこの2県を組み合わせるのか。東大寺学園は1年。西大和学園は3回目の出場。生駒は男女混成。そして奈良高専。神戸大附属の女子、灘、科学技術の混成、明石南の女子です。明石南は顔に「桝」と書いています。
 1問目、漫画「銀の匙」の問題です。銀の匙といえば、漫画ではありませんが、灘の「伝説の授業」の教材です。桝アナが、灘が正解したことだけ言います。2問目、難読漢字の問題です。沖縄以来ここまで芸能とかゲームとかファッションの問題ばかり出ていたのが、東大寺学園と灘がいるところでは一転してこんな問題になるのです。去年までの高クイをやめても、演出上残したい学校には配慮しています。ところがこの問題、全チームの中で東大寺学園だけ間違えます。今回の残し方をした東大寺学園はできが悪い。

 3問目、山中伸弥が卒業した大学はという問題です。他の県では絶対出ません。そして神大附属は当然正解します。ここまで灘が全問正解です。4問目、世界地理です。芸能やスポーツはどこへ行った。ところが今度は全チームの中で灘だけ不正解。東大寺学園も灘も昨年までに残るチームとは違います。5問目、フェイスブックはどこの大学から始まったという問題です。また大学です。灘が不正解。最終的に西大和と奈良高専が4問正解で、東大寺学園はこれだけ有利な問題を出してもらっても1問しか正解していないことがわかりました。この後、続行困難。

|

« 33回近畿大会(その9) | トップページ | 33回近畿大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57924323

この記事へのトラックバック一覧です: 33回近畿大会(その10):

« 33回近畿大会(その9) | トップページ | 33回近畿大会(その11) »