« 33回近畿大会(その10) | トップページ | 33回近畿大会(その12) »

2013年8月 5日 (月)

33回近畿大会(その11)

 日本テレビでやっている「汐博」。私はまだ行っていませんが、高校生クイズのブースには早押しがなくて、代わりにバルーンパニックがあります。一問一答の問題に正解すると剣が1本、不正解だとカードを引いて2~4本で、それらを全部刺してバルーンが飛ばないとソフランがもらえるようです。あと、全国大会出場校パネルは、宮城がちゃんと2校分になっています。

 それでは近畿大会です。今までこれだけ暑かったのに、急に雲行きが悪くなりました。ディレクターが早く終わらせたいと言っています。ぐらぐら回転タワーが中止になって、グランドキャノンだけで決着をつけることになりました。これ一つだけだと、あまりおもしろい展開にならないと思います。回転タワーは大きく負けていても一発逆転があるのに。
 グランドキャノンには、これまでなかった3点箱が2つできています。左右の台の上の非常に難しい箱が2点のままなのに、中央に3点ができるのは矛盾している気がします。

 大阪のグランドキャノンです。春日丘は3ポイントの2個以外を落として14ポイント。ここで一気に雨が降り出しました。収録が中断されます。
 そういえば、これまでバレーボールはかなりボロボロのものでしたが、この地区から、青と黄色のきれいなのに代わっています。再開後、今度は清風南海です。16ポイントでトップになります。すると、遠くで雷が落ちました。また避難です。バレーボールで撃っても落ちないボックスが勝手に崩れるほどの強風になります。これは続行が困難です。この後、史上初が連続。

|

« 33回近畿大会(その10) | トップページ | 33回近畿大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57931956

この記事へのトラックバック一覧です: 33回近畿大会(その11):

« 33回近畿大会(その10) | トップページ | 33回近畿大会(その12) »