« 33回静岡山梨大会(その2) | トップページ | 33回静岡山梨大会(その4) »

2013年8月13日 (火)

33回静岡山梨大会(その3)

 国内の最高気温記録が更新されましたが、クイズ的にはこれで答えが一つに定まるようになって出題しやすくなります。しかし、3年前の京田辺みたいに、実は観測データが間違っていましたということにならないのだろうか。急にあの場所が40度連発って不思議です。下手に出題すると後で困るかも。

 それでは静岡山梨大会です。YES-NOクイズの1問目は富士山についてです。移動前に考える時間は動画画面に表示されます。改めて見ると、参加者が多い。ハライチも移動します。
 NOに向かって藤田アナが「私たちはNOと言える日本人だ!」。これも福澤フレーズです。というか、昔の石原慎太郎の著書を知っていなければ無意味です。高校生でわかっている人はいないでしょう。
 正解発表に「お裁きビジョン2013」という名前をつけています。今回、正解が出る前にカウントダウンがありますが、藤田アナは残り1秒に合わせて「正解はこれだーっ!」と言います。正解の方が多い。

 2問目、ノーベル賞の問題です。クイズ研なら調べていそうですが、圧倒的に不正解が多い。この問題で勝ち抜けたのは数チームしかいません。逆に敗退したのが30チームぐらいいます。
 3問目は芸能問題です。これも不正解の方が多くて、ここで敗者になったのも30チームぐらいいます。この後、単県はいろいろ変わる。

|

« 33回静岡山梨大会(その2) | トップページ | 33回静岡山梨大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57983536

この記事へのトラックバック一覧です: 33回静岡山梨大会(その3):

« 33回静岡山梨大会(その2) | トップページ | 33回静岡山梨大会(その4) »