« 33回近畿大会(その7) | トップページ | 33回近畿大会(その9) »

2013年8月 2日 (金)

33回近畿大会(その8)

 マジかるハテナの「マジかるシャウト」で、桝アナは一貫して「王手」と繰り返しているのに、画面には「リーチ」と出ます。桝アナは高校生クイズの影響で王手と言わないといけないと思っているけど、スタッフには関係ないということでしょう。でもよく考えたら、マジかるハテナの方が対象年齢が低いんですけど。

 それでは近畿大会です。3回戦が終わったのにまだ抽選会は続いています。次は準決勝です。6府県あっても黒ひげ危機一発はあります。まずは大阪です。1チーム目の北野がいきなりアウト。次は兵庫。先ほど最初に抜けた灘は5番目を選びます。1チーム目の神戸大附属の女子がセーフ。2チーム目の六甲は、先ほどハズレだった色を選びます。アウトです。次は京都。1チーム目、学校名が聞こえませんが、アウト。剣を刺す数が少なくてどんどん進みます。
 奈良です。西大和がセーフ。奈良高専がセーフ。東大寺学園がセーフ。生駒がセーフ。したがって西大和のもう1チームが自動的に失格です。1チーム目のアウト連発から、今度は最後までいきました。滋賀は、膳所がセーフ、光泉がセーフ、比叡山がセーフ、膳所がセーフ。これで残った膳所が失格です。4チーム目までセーフが連続しました。

 和歌山はありません。いったい何チーム来てるんだ。14時台ですでに決勝です。近畿としてはペースが早い。しかしこれからが時間がかかります。
 大阪と滋賀の三択です。関西創価の女子、清風南海の女子、大阪桐蔭、春日丘の女子、光泉、比叡山の混成、膳所が2チームです。膳所の一方は、去年決勝で1ポイント差で負けたそうです。この後、ついに判明。

|

« 33回近畿大会(その7) | トップページ | 33回近畿大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57912287

この記事へのトラックバック一覧です: 33回近畿大会(その8):

« 33回近畿大会(その7) | トップページ | 33回近畿大会(その9) »