« 33回関東大会(その6) | トップページ | 33回関東大会(その8) »

2013年8月26日 (月)

33回関東大会(その7)

 「ブラマヨとゆかいな仲間たちアツアツッ!」に中田敦彦が出た回を見逃していて、朝日放送で数カ月遅れで放送されたのをようやく見ました。クイズは自分の趣味が仕事になったが、クイズ番組には、ほぼその訓練だけに時間を使っているプロと、おバカや単に今人気なだけのアマチュアがいて、その橋渡しのために存在するセミプロは「僕と眞鍋かをりです」。

 それでは関東大会です。群馬と栃木の三択の5問目は海外に関する雑学です。全国大会ではこういう問題ばかり出るのでしょうか。太田市と宇都宮のそれぞれ全チームが正解します。

 もう16時を回っていますが、まだ早押し体験をやっています。次は茨城と埼玉の三択です。水戸第一はいつものクイズ研はっぴです。龍ケ崎第一、土浦第一の女子、竹園の混成、川越、栄東、和光国際の女子、浦和です。
 1問目、いきなり世界地理の勉強問題。しかし水戸第一と川越だけ不正解です。2問目は雑学問題で4チーム正解。3問目「アルファベット1文字の元素記号はいくつ」。この県は兵庫奈良と同じパターンです。そんなにクイズマニアばかり残ってたっけ。しかし正解したのは、ジャンケンで答えを決めた川越のみ。桝アナが「こんなひんしゅくを買った正解は初めてです」。

 4問目、今度は世界史でまたしても勉強問題。土浦第一のみ不正解です。5問目は英語のことわざの問題です。4チーム正解。龍ケ崎第一と浦和が4問正解です。

 次は神奈川と東京の三択です。千葉が最後である理由がわかりません。横浜翠嵐の女子はダンス部です。横須賀の混成はクイズ研で、去年決勝で慶応に1点差で負けたそうです。そして平塚江南と慶應義塾です。大妻多摩の女子はさっきまでサングラスをしていたが、「あんまりふざけていられない雰囲気なので外した」。過去には決勝でずっと紙袋をかぶったままのチームもいましたが。国際基督教大附属の混成、渋谷教育学園渋谷、そして筑波大附属の混成です。女子がピカチュウの格好をしているチームですが、ふざけていられない雰囲気とは思わなかったのか。この後、新企画。

|

« 33回関東大会(その6) | トップページ | 33回関東大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58065865

この記事へのトラックバック一覧です: 33回関東大会(その7):

« 33回関東大会(その6) | トップページ | 33回関東大会(その8) »