« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

33回徳島大会(その1)

 先週NHKでやっていた「フルタ家の不思議なテレビ」で、1956年のクイズ旋風という映像を紹介していました。新聞に載る、文章の穴埋めクイズ(23回高クイの新聞予選のようなもの)が大ブームになって、郵便局が大混雑したり正解の予想屋が登場したりしたそうです。多くの一般の日本人が取り組んでいたという点で、今のクイズの状況とは違います。あと、新聞に載る情報がそれだけ求められていたという点でも。

 それでは7月22日の徳島大会です。昨年に続いて関東大会と徳島大会が隣り合っています。非常に移動が不便です。会場は、徳島ではここ以外使われたことがないあすたむらんどです。今日は強烈に太陽が照るかと思えば突然豪雨になるという不安定な天候です。

 12時40分から前説が始まって、ゴングマンが出てきます。近畿にいた方です。「ゴングマンを知っている人」と言っても誰も手を上げません。つまり公式サイトの動画配信は見ていないということか。そういえば地区大会が終わったら予想通り新作が配信されなくなっています。なんで本編の番組を見てもらうまでちゃんと宣伝に努めないのか。
 1組目は川島の女子3人で阿波踊りです。ゴングマンが音を出そうとしたら、プレーヤーの電源が入りません。本格的に直らないので、ゴングマンが舞台を降りてインタビューを始めます。
 合格です。次は富岡西のコントで、不合格。3組目は城西が渡辺麻友のものまねで歌います。不合格にしたら会場から不満の声が上がって合格に変わります。4組目は徳島市立のダンスです。合格です。ベストパフォーマンスを決めるときにライオンが出てくるようになりました。ダンスが優勝です。この後、やっぱり知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月30日 (金)

33回関東大会(その11)

 一部のテレビ情報誌で、高校生クイズの全国大会出場校リストが載っていますが、仙台第二はインターネット大会代表という扱いになってるんですね。その手があったか。汐博でもそういう表示にすればよかったのに。

 それでは関東大会です。茨城のグランドキャノン。土浦第一が17ポイント、竹園が12ポイント。水戸第一はボールがセットにはさまります。18ポイントです。龍ヶ崎第一が速攻で中央を全部落として21ポイントで勝利です。

 最後は千葉。芝浦工大柏が中央を全部落として21ポイント。渋谷幕張が17ポイントです。船橋は、ボールが当たっていないときに移動する台が右側に当たって、右のブロックが崩れたようでした。16ポイントで1点及びません。最後の東葛飾は、また同じことが起きて右のブロックが崩れます。これって動かしてる方のミスなんじゃないか。東京が終わって最後の操作なので緊張が切れたか。
 20ポイントで東葛飾が勝利です。19時前に終了しました。昨年より1時間早い。東京が終わってからは、インタビューなど一切やりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

33回関東大会(その10)

 TBSでやっている「デリシャカス」に行って、オールスター感謝祭のセットを体験してきました。本物の設備を使ってるんですね。解答ボタンは金属箱に収められていることがわかりました。各人の番号の筒状のものが光るのは、単に白熱電球にカバーをしているだけでした。今度の日曜日までやっています。無料です。

 それでは関東大会です。神奈川の回転タワー。平塚江南が13ポイントです。風で倒れそうになりますが耐えます。続いて横浜翠嵐も13ポイント。かなりうまい。慶應義塾は12ポイントとって、逆転でトップになります。最後の横須賀は、2周目までで逆転して3周目は触りませんでしたが勝手に倒れます。これで慶応の全国大会が決定です。

 グランドキャノンはまた箱の点数が違っています。中央の15箱に2点が2つと3点が2つあります。
 群馬です。太田は13ポイント。中央中等教育は17ポイント。前橋が異常にうまい。中央のブロックをすべて落として21ポイントです。太田女子のときになんかマシンの調子がおかしい。近畿と同様のスリップか。しかし20ポイント取って逆転勝利です。

 次は東京です。なぜ東京を先にやるのか。番組で使わない県は日が暮れてからでもいいと思っているのが見え見えです。大妻多摩は13ポイント。渋谷教育学園渋谷は18ポイント。国際基督教大附属は21ポイント。両端の台の上のブロックがもう少しで落とせるところでした。筑波大附属が16ポイントで、ICUが全国大会進出です。この後、勝手に崩れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

33回関東大会(その9)

 東大クイズ研の本がまた出ました。10問ごとのセットが、東大クイズ研の正答率が高い順に並んでいるのですが、答えが「クイズマジックアカデミー」という問題が正答率100%です。これって東大クイズ研だから100%なのであって、一般人は誰も知らないでしょう。これを最も易問として本に載せるのはどうなんだ。クイズの勉強をしようという人が対象だからこれでいいのか。

 それでは関東大会です。決勝はぐらぐら回転タワーの県から先にやります。栃木からです。宇都宮の2チームが首位で同点なので、ジャンケンでチャンピオン席を決めます。1回に何個積んでも構いませんが、各人のところにはブロックが10個ずつ置いてあります。
 幸福の科学学園は、1周目は3個ずつ積んで、2周目は積まずに直していきます。しかし3周目で倒れます。宇都宮の1年生チームは1個ずつ載せていって、最終的には10ポイントになります。宇都宮の3年生チームは2個ずつ載せます。最後にリーダーが無理にもう1個載せますが、辛うじて倒れません。これで12ポイントです。
 宇都宮の2年生チームは、スカイツリーのてっぺんのブロックを置き忘れてやり直しになります。今度は直そうとしたときに崩れます。これで宇都宮の3年が全国大会進出です。

 次は埼玉です。和光国際はまたてっぺんを載せ忘れてやり直しになります。11ポイントです。栄東は12個積んだ時点でその後はずっと見送りです。川越は最後に置いた1個で崩れます。浦和は11ポイントとったところで勝利です。結局、番組が大きく変わっても埼玉は浦和でした。この後、うまいの連発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

33回関東大会(その8)

 「汐博」の最終日にようやく行って高校生クイズブースを見ました。バルーンパニックは本編では正六角形でしたが、ここでは角に固定された形で剣を刺す面が5つあるので、非常にいびつな形になっていました。でも使っている素材を見ると、本編のスタッフがこれも作ったと思われます。そういえば予選会場で電話で「汐博で…」と話しているスタッフがいました。

 それでは関東大会です。神奈川東京の三択。1問目は少年ジャンプの問題です。3チーム正解。2問目は大谷翔平の出身高校で、全チーム正解。3問目、生活の雑学です。また全チーム正解。4問目、急に学問の問題になりましたが、間違えたのは横浜翠嵐だけです。5問目、体に関する常識で、平塚と大妻多摩が不正解。横須賀と慶応が全問正解です。

 千葉の三択です。芝浦工大柏、渋谷幕張、東葛飾、県立船橋の混成です。1問目、世界遺産の問題で、全チーム正解。2問目、東京都の遊園地の問題で、東葛飾のみ正解。3問目は法律に関する雑学です。芝浦工大柏のみ不正解。4問目、サッカーで、東葛飾と船橋が正解です。5問目「パズドラのドラは何のこと」。全チーム正解です。東葛飾が全問正解。

 次はアトラクションですが、グランドキャノンとくらぐら回転タワーのセットがあります。ところが、近畿での経験から、この地区ではアトラクションは1つしかやらないというのです。そして、各都県で三択の最下位のチームが抽選をして、どちらのゲームをするかを選びます。県ごとに決勝のルールが違うという企画は、17回四国以来です。グランドキャノンが4県、回転タワーが3県と、図ったような結果になりました。この後、連続で忘れる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

33回関東大会(その7)

 「ブラマヨとゆかいな仲間たちアツアツッ!」に中田敦彦が出た回を見逃していて、朝日放送で数カ月遅れで放送されたのをようやく見ました。クイズは自分の趣味が仕事になったが、クイズ番組には、ほぼその訓練だけに時間を使っているプロと、おバカや単に今人気なだけのアマチュアがいて、その橋渡しのために存在するセミプロは「僕と眞鍋かをりです」。

 それでは関東大会です。群馬と栃木の三択の5問目は海外に関する雑学です。全国大会ではこういう問題ばかり出るのでしょうか。太田市と宇都宮のそれぞれ全チームが正解します。

 もう16時を回っていますが、まだ早押し体験をやっています。次は茨城と埼玉の三択です。水戸第一はいつものクイズ研はっぴです。龍ケ崎第一、土浦第一の女子、竹園の混成、川越、栄東、和光国際の女子、浦和です。
 1問目、いきなり世界地理の勉強問題。しかし水戸第一と川越だけ不正解です。2問目は雑学問題で4チーム正解。3問目「アルファベット1文字の元素記号はいくつ」。この県は兵庫奈良と同じパターンです。そんなにクイズマニアばかり残ってたっけ。しかし正解したのは、ジャンケンで答えを決めた川越のみ。桝アナが「こんなひんしゅくを買った正解は初めてです」。

 4問目、今度は世界史でまたしても勉強問題。土浦第一のみ不正解です。5問目は英語のことわざの問題です。4チーム正解。龍ケ崎第一と浦和が4問正解です。

 次は神奈川と東京の三択です。千葉が最後である理由がわかりません。横浜翠嵐の女子はダンス部です。横須賀の混成はクイズ研で、去年決勝で慶応に1点差で負けたそうです。そして平塚江南と慶應義塾です。大妻多摩の女子はさっきまでサングラスをしていたが、「あんまりふざけていられない雰囲気なので外した」。過去には決勝でずっと紙袋をかぶったままのチームもいましたが。国際基督教大附属の混成、渋谷教育学園渋谷、そして筑波大附属の混成です。女子がピカチュウの格好をしているチームですが、ふざけていられない雰囲気とは思わなかったのか。この後、新企画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

33回関東大会(その6)

 みんなの党を離党させられた柿沢未途ですが、そういえば学生時代に「カルトQ」で優勝していましたね。当時はチャラチャラした東大生という感じしかしなくて、後で国会議員の息子と知って、なるほどと思いました。

 それでは関東大会です。群馬のバルーンパニックは太田女子がセーフ、太田がセーフ、前橋がセーフで、もう一つの太田がアウトです。茨城は竹園の混成がセーフで、龍ヶ崎第一がアウト。千葉は、芝浦工大柏がセーフ、県立船橋の混成がセーフ、東葛飾がセーフ。残りは渋谷幕張同士です。1チーム目がセーフで、残ったチームの敗退決定です。次は埼玉。一転して最初の川越東がアウト。

 神奈川です。慶應義塾がセーフ。横浜翠嵐の女子は、学校名から緑の差し込み口を選びます。セーフです。次に横須賀の混成が青を選びます。桝アナが「横須賀線じゃないよね」。セーフです。次の浅野がアウトです。
 東京です。渋谷教育学園渋谷がセーフ。国際基督教大附属の混成がセーフでスキップします。桝「男子だけスキップがキモい」。筑波大附属がアウトです。

 決勝です。この地区は三択が2県ずつです。まずは群馬と栃木。太田、前橋、中央中等教育の混成、太田女子、宇都宮3チームと幸福の科学学園です。
 1問目、キティちゃんの問題で太田女子のみ正解。2問目はジャニーズの問題で4チーム正解。3問目は世界地理で全チーム不正解です。4問目はファッションで太田だけ不正解。この後、正解でひんしゅく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

33回関東大会(その5)

 サイバー犯罪対策として、ハッカーコンテストが開かれたそうですが、昨夜の「NEWS WEB」を見ていると、例えばIDを入力する窓に何かをして個人情報を盗み出せといった問題が出ていました。ところが途中で突然、コンピューターの知識に関する早押しクイズになります。ただしそれぞれのボタンはつながっていなくて先着判定はできません。この大会に早押しがいるか? 単に主催者が早押しクイズをやってみたかっただけとか。

 それでは関東大会です。敗者に対する抽選会が、テントのあるところで行われます。さすがに抽選会があれで終わりではありませんでした。
 抽選会が終わる前に3回戦が始まります。開始2分で東京の1チームの宝箱が開きます。3分で埼玉が全チーム終了します。直後に東京も終わります。最後の栃木が8分で決まって終了しました。東京は勝者5チーム中4チームが女子です。開成はいません。どうも10チームには開成が残っていたようですが、今回の予選で、出演者の口から「開成」という言葉は1回も聞かれませんでした。昨年までのあの高校生クイズの象徴だった開成の存在を完全に消したのです。私が来る前には優勝旗返還があったのかな。

 栃木の準決勝です。これからバルーンパニックを7回繰り返します。宇都宮がセーフ。次の宇都宮女子がアウト。またテレビ的に残したいチームが落ちたので、ヤラセはありません。そして幸福の科学学園は昨年に続いて決勝進出です。負けたチームには、過去に代表になった人の妹がいるそうです。この後、横須賀線。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

33回関東大会(その4)

 本日のホールドオンの出場者紹介で、「お父さんは若かりしころ高校生クイズに出場したほどのクイズ好き」とさらっと言っていました。高校生クイズってNHKで、当然知られている大会としてそのまま言っていいほどの認識になっているのか? それとも高校生の出るクイズ番組という一般名詞なのだろうか。

 それでは関東大会です。関東のスタッフは、スタッフTシャツの背中の記入欄に何も書いていません。最初の沖縄のときは1人残らず書いていましたが、どうせ後の予選になるとやらなくなっていくだろうと思っていた通りです。スタッフが、クイズ研が持ってきたのぼりを預かります。

 2回戦です。7都県すべての解答場所が別です。現在10チーム以下しか残っていない県はなさそうです。問題の写真を撮って別の場所で考えるなという注意事項が加わりました。
 問題は、熟語に共通する漢字とシークワーズとアルファベットが並ぶ規則と魔方陣です。明らかに他の地区よりかなり難しくしてあります。熟語はすべて難読か専門分野の用語で、その言葉自体を知らない人もいると思われるレベルです。魔方陣にあてはまる数はかなり本格的に計算しないといけません。チーム数が圧倒的に多いのですぐにわかって混雑しないようにというのと、クイズ研対策でしょう。
 開始2分半ぐらいで東京で勝ち抜けるチームがいます。東京の男子は5分ぐらいで終了です。東京の女子は11分ぐらいでした。この間、桝アナは東京の実況しかしないので、他の県がわかりません。18分ほどで打ち切りました。北関東は10チーム勝ち抜けていない県があるようです。この後、一言も出ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

33回関東大会(その3)

 「謎解きバトルTORE!」の復活2時間スペシャルが放送されましたが、それに先立ち読売テレビでは、過去の回が2本再放送されました。その1問目がいきなり、矢口真里の顔写真が出て誰か答えるというものです。もっと他の回はなかったのか。しかも、この番組中のCMでは、さんま御殿に矢口の元夫が出るという予告をさんざん流しているのです。

 それでは関東大会です。勝ち抜けたチームを外に出すのに時間がかかっています。この間に桝アナが高校生に「ズバリZIP!派の子。めざまし派の子。朝ズバ!派。おはよう日本…結構いるな」。

 3問目です。この問題って、20回の前に出た高校生クイズ問題集で、一般からYES-NOクイズの問題を募集して、私の問題が採用されて、本に私の名前も載っている問題です。クイズをやってる人ならそのくらいチェックしているだろということか。

 敗者復活戦がありません。この問題ならクイズをやっている人は勝てると思いますが、YES-NOクイズを軽く見ていると危険です。敗者は50チームぐらいでしょうか。

 続いてお笑いライブです。ロッチがコントをやって、次が2700です。続いて抽選会で、ロッチのDVDや2700の帽子が当たります。2700が番号を読み上げる代わりに関係ない芸をします。なんか賞品が他地区より少ない。私が来る前にも抽選会をやっていたのだろうか。この後、尻すぼみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

33回関東大会(その2)

 読売テレビでは最近、「笑点」の前に昔の笑点を再放送して2本立てにするという実験をしています。この前の日曜日に春先の回をやっていて、アナウンサー大喜利があったのですが、右松アナのあいさつが、昨年の高校生クイズで出てきたときに言っていたことそのままでした。

 それでは関東大会です。珍しくのぼりを立てている高校生がたくさんいますが、なぜか川越の学校ばかりです。YES-NOクイズの1問目、君たちが目指す国はフランスですと言って、フランス文学の問題です。しかし近年の高クイでは極めて珍しいでっち上げ系です。クイズ研が調べても答えが出ないようにするには、もはやでっち上げしかないのかもしれません。
 圧倒的に正解が多い。しかしSUPER☆GiRLSは不正解の方に6人います。正解者が多すぎたので、フェイスペイントのペンが行き渡っていない人がいれば貸すようにと言っています。

 2問目、問題文の「すべて」という強調が非常に不自然です。通常ならあちらが正解になりますが、関東大会なのでそうはいきません。解説が、実は法律で決まっているというものです。関東は独特の基準で問題が選ばれていることがよくわかります。
 大量の勝ち抜けが出ました。ところで、YES-NOクイズを勝ち抜けると、昨年までのバッジに代わってシールがもらえます。そのシール、沖縄では今年用に作った、1枚の台紙に3枚のシールがあって桝アナに関係する標語が書いてあったもののはずですが、いつの間にか、関係者が体に張っているただの番組ステッカーに変わっています。この後、私の問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

33回関東大会(その1)

 今度の土曜日にNHKで「基町アパート」というドラマが放送されます。基町アパートといえば、過去に高校生クイズの会場として11年連続で使われていて今年も会場になった広島中央公園の正面です。この屋上からYESとNOの幕が出たこともあります。戦争と中国残留孤児の話のようですが、私にとってはまったく違う思い出の場所です。

 それでは7月21日の関東大会です。国政選挙当日に予選があるのは6年ぶりです。しかし前日の用事の関係で、クイズ開始の11時に間に合いそうにありません。潮風公園に着いたとき、11時6分です。まず目につくのは参加者の少なさです。20回ぐらいの北陸大会程度の感覚です。
 近畿同様に、ゴングマンはとっくに終わっているようです。ライオンの人のあいさつなども終わっていて、ロッチと2700がプレゼントの説明をしています。潮風公園の予選では一般客の体験イベントがありますが、参加者の高校生には早押しがないのに体験ブースには早押し機があります。

 もう桝アナが出てきます。そしてドライアイスで舞台が埋まっているうちに、SUPER☆GiRLSの3人がせり上がってきます。残りのメンバーは横からです。ライブで2曲歌います。広報用写真のためにロッチと2700を呼びますが、出てくるときに高校生に水をまきます。熱中症対策です。高クイ関東大会といえば熱中症の事件が大きく報道された元祖のようなものです。この後、くせ球続き。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

33回静岡山梨大会(その9)

 昨日、BSフジで「合衆国横断ウルトラ大喜利R」をやっていました。フジテレビで7月末にやっていたらしいですが、東京にいなかったので知りません。お台場合衆国の宣伝のための番組ですが、合衆国を横断するウルトラな番組のBGMが使われていて、高校生クイズボタンを押すと立ち上がるハットもちゃんとかぶっています。「お台場合衆国内で流れたどうでもいいアナウンスとは?」というお題で博多大吉「ここは汐留ではありません」。

 それでは静岡山梨大会です。静岡のドリームキャッチャー。加藤学園はトップに7ポイント負けています。9ポイントを入れて、さらに7ポイントも成功します。沼津東は13ポイント負けています。9ポイントを倒して台から落とします。しかし7ポイントを土台(球のブロックだけ支えるために土台に載せている)ごと捕って入れます。さらに残り0秒で10ポイントを入れてトップになります。
 星陵はここで負けてもどうせ修学旅行でフランスに行くそうです。9ポイントを入れます。そして10ポイントを入れて逆転です。最後の韮山はトップまで15ポイントです。10ポイントを入れます。そして7ポイントも入れて全国大会決定です。
 長く静岡の予選に来ていないうちに、清水駅とこの会場の隣を結ぶ無料バスが走るようになっているのを知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

33回静岡山梨大会(その8)

 当ブログの検索フレーズで「もってるモテるくん 高校生クイズ 2013 放送」というのがありましたが、次の土曜日は24時間テレビで、その次の土曜日の放送になります。同じ日にNHKラジオ第2放送の「ことば力アップ」で武内アナウンサーがホールドオンについて話します。

 それでは静岡山梨大会です。この地区は決勝の最後のゲームはドリームキャッチャーです。各ブロックの点数は宮城山形と同じです。甲府南はトップと8ポイント差で、10ポイントを失敗しますが最後にギリギリで9ポイントを入れます。甲府南の昨年代表は、急いで動かしたらクレーンが揺れてつかめません。10ポイントのブロックを落として、その影響で7ポイントのブロックも台から落ちます。さらに9ポイントも落とします。これで敗退決定です。
 甲府南のもう1チームは9ポイントを入れますが7ポイントは最後にかごから外れます。しかし現時点でトップです。最後の山梨学院はトップまでわずか5ポイント。それでまずは7ポイントを狙います。しかし捕る前に台から落とします。さらに9ポイントも同様です。次に10ポイントをようやくつかみますが、残り0秒でかごの壁に引っかかって落ちます。結局甲府南が8年連続代表です。この後、フランスに行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

33回静岡山梨大会(その7)

 月曜日の「深イイ話」で、えのき氷の話をしていて、森田豊がキトサンが含まれていると言ったところ、画面に出た字幕は「キト酸」です。わざわざこの単語だけ黄色のバックで強調されています。バラエティ番組のスタッフは科学のことがよくわからない人ばかりで、結構無理してつくっているんでしょうね。

 それでは静岡山梨大会です。山梨の三択も1問目は世界遺産です。全チーム正解です。2問目、リラックマの問題。全チーム正解です。3問目、ジブリの問題。甲府東のみ不正解です。4問目は生活に関する問題で、甲府南の昨年代表と甲府東が正解。5問目、ももいろクローバーの問題で、甲府東のみ不正解。いかにも今年の問題セットでした。昨年代表は全問正解です。

 次はグランドキャノンです。3点と2点の箱の位置が前の予選と違います。甲府東は、初めて箱が前に落ちるというパターンで14ポイント。山梨学院大附属は中央の15箱を全部落として20ポイント。甲府南の昨年代表でない方は左の台の上の2ポイントを落としますが、合計は16ポイント。昨年代表は11ポイントで、一気に逆転されました。
 残り秒数は舞台上の動画モニターに出ていることがわかりました。通常は舞台は早い段階で撤去されていましたが、今年の単県大会では決勝が終わるまでそのままです。加藤学園は12ポイント、韮山は17ポイント、星陵は13ポイント。沼津東は、ブロックに当たって跳ね上がったボールが落ちて別のブロックを落とすという新パターンで13ポイントです。この後、プレッシャー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

33回静岡山梨大会(その6)

 今日の「たまむすび」のゲストは是枝裕和でした。是枝はもともとテレビマンユニオンの社員でしたが、「アメリカ横断ウルトラクイズも予選に行きました。優秀なADはニューヨークまで行くんですけど僕は予選で終わりました」。それ、普通の人と意味が違う。ポッドキャストでも1週間聞けるはずです。

 それでは静岡山梨大会です。ミステリーナンバークイズは、開始1分で正解チームが出ます。と思ったらその直後に全部終了です。最初の沖縄のときはかなり時間がかかりましたが、その後は問題が簡単すぎる感じがします。あるいはクイズ内容の情報が伝わっているからか。

 続いて決勝です。まずは静岡の三択。この地区から、複数県の三択を同時にやらなくなりました。韮山の混成、加藤学園暁秀の女子、沼津東、星陵の混成です。1問目、世界遺産に関する問題で星陵のみ正解。2問目はちびまる子ちゃんの問題で、加藤学園のみ不正解です。3問目、奈良と兵庫でしか出ないような世界地理問題で星陵のみ不正解。4問目、サッカーの問題で全チーム正解。5問目、芸能問題で選択肢が加藤ミリヤ、西野カナ、JUJUです。去年までは決して出そうにありません。全チーム不正解です。

 次は山梨の三択です。甲府南は混成2チーム。一方のチームの男子2人はクイズ研で昨年代表です。そのチームの女子に藤田アナが「もう受験勉強の真っ最中」と言うと「してたら来ない」。甲府東は去年決勝で負けてクイズ同好会をつくったそうです。山梨学院大附属の混成はリーダーが女子で、仲のいい男子に誘われて参加したが当人は入院しているそうです。この後、新しい落ち方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

33回静岡山梨大会(その5)

 民放のオンデマンドサービスは大半が昔のドラマで、地上波で放送したバラエティ番組が配信されるのは皆無といってもいいくらいです。戦略的にやっているのは「逃走中」ぐらいです。以前「ネプリーグ」が配信されていましたが今はなくなりました。そんな中、「リアル脱出ゲームTV」の一部地域でしか放送されなかった過去2回がTBSオンデマンドで配信されるようになったことに気づきました。放送されていなかった地域でも見られます。ただ、3回目と同様に、テレビで見ないと意味のない問題があるかもしれませんが。

 それでは静岡山梨大会です。スリーミッションクイズの注意点で、書き直しできないということをやたら強調します。書き間違えたら新しい解答用紙をもらいに行かなければなりません。解答する場所は両県共通で、解答用紙に自分の県名を書くことになっています。
 パネルの問題は、しりとりをつくったとき余る単語とシークワーズです。動画の問題は開始2分後ぐらいに出ます。場という字が9個、次々に出てきます。この直後に1チーム目の正解です。開始から6分ぐらいで静岡の男子が終了します。10分後に山梨の男子が終了。さらに11分後に静岡の女子が終了します。
 しかし山梨の女子はブーが続きます。どうも、解答欄をずっと間違えていたようです。このクイズ、どれが問題1でどれが問題2かわかりにくい。17分後に終わりましたが、もしかして山梨の女子は最初から5チームしかいなかったのではないか。

 次が「準決勝」と言います。そして勝ち抜け枠が、静岡と山梨の男子と女子それぞれ2チームずつなのです。バルーンパニックのセットは置いてあるんですけど。さすがに運だけのコーナーはよくないということになってやめたのか。と思いましたがその後、2県で行う非河合塾大会では黒ひげ危機一発をやらないことがわかりました。なお、3県以上の大会では行われます。この後、入院。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

33回静岡山梨大会(その4)

 いつの間にか次回のエコノミクス甲子園の予選日程が発表されていることに気づいていませんでした。インターネット大会を除いて実に39地区と、高校生クイズを大きく引き離しました。来年は全都道府県開催が実現するかもしれません。そして、最初に開催される予選が我々も入れるとともに、沖縄大会が今年から入れるようになっています。銀行の中が会場になっている予選が入れないのから入れるのに変わるというのは史上初です。沖縄大会は、「どうやって一般の観客を多く集めるか」という話し合いをしていたにもかかわらず、その翌年から一般客が入れないようになっていたのでした。

 それでは静岡山梨大会です。ハライチが敗者復活を要求します。これだけ敗者がいればさすがにあります。その条件となるゲームは、藤田アナが舞台の上から水風船を投げます。それを舞台の下でハライチが割らずに捕れれば敗者復活戦です。チャンスは2球です。1球目、澤部が捕れず、2球目で岩井が成功します。

 敗者復活の問題は、普通に計算すれば誰でも正解できますが、YESとNOがほぼ半々になります。結局負けたのは20チーム台ぐらいでしょうか。スタッフが山梨のチーム数を調べています。
 続いてハライチのライブです。ネタを2本やります。そして抽選会。ここは勝者も参加できます。山梨放送と静岡第一テレビのグッズの詰め合わせがあります。
 終わるとすぐに2回戦です。ここで行われるのはスリーミッションクイズです。非河合塾大会は問題が3問に減ることがわかりました。そして勝ち残るのは静岡と山梨の男女それぞれ5チームずつです。つまり山梨もそれだけの人数がいたのです。この後、あれがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

33回静岡山梨大会(その3)

 国内の最高気温記録が更新されましたが、クイズ的にはこれで答えが一つに定まるようになって出題しやすくなります。しかし、3年前の京田辺みたいに、実は観測データが間違っていましたということにならないのだろうか。急にあの場所が40度連発って不思議です。下手に出題すると後で困るかも。

 それでは静岡山梨大会です。YES-NOクイズの1問目は富士山についてです。移動前に考える時間は動画画面に表示されます。改めて見ると、参加者が多い。ハライチも移動します。
 NOに向かって藤田アナが「私たちはNOと言える日本人だ!」。これも福澤フレーズです。というか、昔の石原慎太郎の著書を知っていなければ無意味です。高校生でわかっている人はいないでしょう。
 正解発表に「お裁きビジョン2013」という名前をつけています。今回、正解が出る前にカウントダウンがありますが、藤田アナは残り1秒に合わせて「正解はこれだーっ!」と言います。正解の方が多い。

 2問目、ノーベル賞の問題です。クイズ研なら調べていそうですが、圧倒的に不正解が多い。この問題で勝ち抜けたのは数チームしかいません。逆に敗退したのが30チームぐらいいます。
 3問目は芸能問題です。これも不正解の方が多くて、ここで敗者になったのも30チームぐらいいます。この後、単県はいろいろ変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

33回静岡山梨大会(その2)

 先週の金曜日は、高クイ公式サイトの動画配信が更新されていません。全国放送の前の週までやると思っていたのに。あの企画は参加者集めが目的で、視聴を増やすためではなかったのか。まあ、前司会者時代の「らる通」に比べればはるかにきっちり更新されましたが。

 それでは静岡山梨大会です。藤田アナが登場します。「みんな今日こそスターになるぞ」。これは福留が第1回で言っていたフレーズです。やはり司会をやるにあたって過去のウルトラクイズなどのビデオを見ているらしい。明日は1時出勤で「Oha!4」に出るそうです。
 「ビクトリーのVは下くちびるを血がにじむまでしっかりかむ」。これは福澤がファイヤーを言わせるときのフレーズです。藤田アナが、今年の高校生クイズは進化をとげたと言って、「どこが変わったと思いますか」と聞くと高校生から「山梨大会がない」。今年はフランスへ行くので早く予選を終わらせるためか、地区大会の数が大幅に減りました。山形は大失敗していましたが、山梨は会場を静岡にしても結構来ています。
 「ステージが高くなりました。去年は(トレーラーで)屋根があったが、今年はみんなと同じ太陽にさらされています。そしてビジョンがつきました」。世界へつながるということで○×クイズをYES-NOクイズに呼び名を変えたと言います。

 参加者は受付時にYESとNOのカードを渡されているそうです。問題が出ると30秒間考えて、正解でないと思う方のカードをしまってから移動します。宮城山形で全員正解が続いたからか、いつの間にか単県大会ではこんなルールが導入されていたのです。福澤時代にはYES-NOクイズの残り人数が少なくなると1問ごとにYESとNOのカードを渡して、いらない方を捨ててから移動するというのをやっていましたが、久しぶりに復活です。なお、当時のYES-NOカードは画用紙でしたが今回はペラペラです。この後、石原慎太郎。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

33回静岡山梨大会(その1)

 高校野球を見ると知らない学校が出ていて、実は有名校が学校名を変えていたということがよくあります。それは高校生クイズでも同じで、紀央館高校はもともと御坊商工だったんですね。藤田アナは必ず決勝で、この学校が勝てば何年ぶり何回目ということを言いますが、学校名が変わった学校は大丈夫なんですかね。例えば今日の野球に出ている石見智翠館は高クイでも残っていましたが以前は江の川でした。

 それでは7月15日の静岡山梨大会です。私が静岡の予選に行くのは4年ぶりです。他の地区と重なるか国家権力に阻止されるかです。会場は清水マリンパークです。今日はここから富士山が見えています。
 セットは沖縄と同じもので、動画の出る画面がついています。今年の単県大会はトレーラーではなくこれだったのか。逆に沖縄のセットが他地区と共通というのは初めてです。前説でハライチを呼びます。昨年は32地区のうち1地区を除いて芸人がすべて吉本という偏重ぶりでしたが、今年はそういうことはありません。画面にはSUPER☆GiRLSの、行けなくてごめんなさいというメッセージが流れます。

 ゴングマンが登場します。沖縄と同じ方の人です。ZIP!ポーズの撮影もゴングマンがやります。1組目、少女時代などのダンスをします。合格です。2組目は山梨のグループで、ファンキーモンキーベイビーズの曲に手話をつけます。合格です。3組目、クイズ研らしいがジャグリングをします。うまくいかなくて不合格です。4組目はかなりの人数でダンスです。合格です。5組目は山梨で、巨大な紙に手形を使って富士山の絵を描くというものです。ようやく高校生パフォーマンスの内容にバラエティが出てきました。ゴングマンに絵の具がかかります。合格です。ベストパフォーマーは1組目でした。この後、あれがなくなった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

33回近畿大会(その16)

 この時期は「かわいそうなぞう」です。TBSラジオでは毎年8月15日に朗読したり、最近ではJ-WAVEで秀島史香が朗読したりしていますが、私にとってはウルトラクイズの「先に泣いた方が敗者復活」というので読んでいた記憶しかありません。

 それでは近畿大会です。ぐらぐら回転タワーは事前番組では地球の写真を張ったただの円盤でしたが、今回は自由の女神と凱旋門とピラミッドが乗っています。自由の女神には透明カバーがかぶさっています。普通にロンハーマンなどで売っていそうな自由の女神の置物なので、棄損するとまずいのでしょうか。ピラミッドには窓がついているので、おそらく中にカメラがあるのではないかと思います。それにしても、このセットを作った当時はエジプトへの渡航自粛勧告が出るとは想定していなかったのでしょう。もしかしたら全国大会でフランスへ行く途中にエジプトに寄る予定だったかもしれません。

 智弁和歌山はクイズが2ポイントで、13ポイント取ります。続いて紀央館はクイズの6ポイントから12ポイント取ります。最後は智弁和歌山のもう1チームです。クイズは6ポイントでした。積み上げていって紀央館に追いつきます。そして13ポイント目を載せたところで倒れます。ここは無理して触ったところが失敗だったか。これで紀央館が全国大会です。
 18時過ぎに終わりましたが、完全に雨がやんでいます。これなら少し待っていれば和歌山のグランドキャノンもできていました。今回、当初の予定通りのゲームだったら、全国大会に出たチームがまったく違っていたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

33回近畿大会(その15)

 「マジかるハテナで立体文字クイズをやったら・・・」という動画がありました(http://youtu.be/2DUkyyQrEvQ)。マジカル頭脳パワーでやっていた立体文字クイズの映像に、マジかるハテナ用のCG画面を組み合わせています。ところがこの動画にはオチがあって、正解が

はいそ
かたる
せいと

 なのです。以前、推理クイズの正解がこれで、そもそも答えに意味がないと大問題になったことを皮肉っています。

 それでは近畿大会です。和歌山の決勝はぐらぐら回転タワーです。私が行かなかった福島大会で行われていて、今日行っていない長野大会でも行われているようですが、私が見るのは初めてです。改めてルールを説明します。
 事前番組でやっていた通り、回転している円盤に円柱形の積み木を積み上げていきます。チームの3人は円盤の周りに立って、自分の前に回ってきたときだけ積み木を載せることができます。積んだ数が得点になりますが、倒すと0点です。

 事前番組から変わった点として、事前番組ではクイズに正解した数によって回る回数が違いましたが、今回は全チーム3回転です。そして、事前番組ではただの円柱の積み木でしたが、側面に正三角形を組み合わせたデザインがされていて、東京スカイツリーに見えるようになっています。
 さらに、円錐台の形をした一番下の積み木が円盤に固定されていて、この上に積んでいくことになります。また、スカイツリーのてっぺんの形をした積み木があって、積み木を載せた後は必ずこのてっぺんでふたをする形にしないといけません。下の円錐台は得点にカウントされませんが、てっぺんはカウントされます。自分の前に積み木が回ってきたとき、一度にいくつ積んでも構いませんし、触らずに見送っても構いません。この後、まだルール説明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

33回近畿大会(その14)

 高校野球で13時台のホールドオンがなくなると同時に、12時台に夏休み親子大会が始まりますが、その初日に武野の妻子が出るようです。本人がレギュラー放送の第1回に選ばれるだけでなく家族まで。なんでこんなにテレビ局に好かれるのでしょうか。

 それでは近畿大会です。京都のグランドキャノン。クイズで4ポイントの洛北は18ポイント取ります。同志社はクイズが6ポイントでしたが14ポイントで届かず。洛南は17ポイントでトップになります。そして最後の洛星は6ポイントしか取れず、洛南が全国大会です。

 また大雨が降り出します。もう一気に和歌山の3チームを終わらせるしかありません。と思ったら、かなり近くで雷の音がして撤収です。しばらくして、スタッフがすべてのセットを片づけ始めました。どうなるんだ。そもそもなんで、最も遠い和歌山が最後なんだ。

 すると、スタンドの下の選手控え室のようなところでぐらぐら回転タワーをやるらしいという情報がネットで流れてきました。なんで我々がいる場所の情報が、全然関係ない地域にいる人からネットで流れてくるのか。今や地区大会の情報がツイッターなどで即時に全部流れます。今日は長野大会も行われていますが、同じ日に2カ所で予選をやっても、それぞれ分担して流す人がいますからね。それにしても、回転タワーは悪天候のときに屋内でできるという利点があるのか。スタッフもいろいろ想定していますね。この後、ルール説明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

33回近畿大会(その13)

 「クイズ面白ゼミナールR」の録画をようやく見ましたが、4択の正解が、数値の問題はすべて4番で、数値以外の問題はすべて3番です。私は答えながら「3番としか思えないのだがまた3番ということがあり得るか?」と思っていました。この番組の主眼はクイズを通じて勉強するということであって、クイズ番組自体のおもしろさは考えないということか。

 それでは近畿大会です。グランドキャノンは膳所の一方が14ポイント、もう一方が15ポイントで、こちらがトップになります。比叡山は14ポイントで、膳所に届きません。
 ここで、藤田アナが見に来ているのを発見したという情報があるのですが、私は確認していません。実際に、例えば17回の中部大会で司会をする人が北陸大会を見に来ていたようなことがあります。
 光泉は12ポイント取れば勝利決定ですが、11ポイントで、またも同点決勝になります。膳所が19ポイント、光泉が18ポイントで、膳所が勝ちました。

 次は奈良です。クイズで2ポイントしか取っていない東大寺学園ですが、グランドキャノンでは中央の箱を全部落として20ポイントです。これは大逆転か。しかし生駒が、中央を全部落として台の上の箱も1つ落とすという新記録で22ポイント。奈良高専は17ポイントで、生駒に1ポイント及びません。最後の西大和が、両方の台の上の2ポイントを落とすという初の快挙で22ポイント(中央に2ポイントブロックが残る)で、全国大会進出です。奈良だけなんでこんなにグランドキャノンがうまい。この後、ついに撤収。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

33回近畿大会(その12)

 現在、「リアル脱出ゲームTV」のホームページで時間限定で問題を募集しています。いい問題を作った100人が何か招待されるそうです。このタイプの問題を募集というのは今までに見たことのない企画ですが、これはみんな発想が同じになるのでしょうか。アルファベットの何番目とか電卓表示をひっくり返すとか。

 それでは近畿大会です。雨が降ったりやんだりの繰り返しで、スタッフが出てきてはまた避難します。遠くでゴロゴロ鳴っています。
 ようやく関西創価です。中央の15箱をすべて落として20ポイントです。続いて大阪桐蔭は左の台の上の2ポイントに当たりますが落ちず、16ポイントです。これで関西創価の全国大会進出が決定しました。

 次は兵庫です。神大附属が11ポイント、明石南が19ポイント、灘が15ポイント。この時点で灘の勝利がなくなりました。桝アナが灘には長くインタビューしています。
 最後の科学技術が、ここまでの予選で初めて、右の台の上の2ポイントを落とします。これで19ポイント。なんと明石南と同点決勝になります。同点決勝はグランドキャノンを20秒です。明石南が15ポイント。科学技術がそれに届かず、明石南の勝利が決定しました。

 次は滋賀です。ところが膳所が撃ち始めると、ボールが飛びません。今度はマシンが壊れたか。どうやら、ボールが濡れて滑っているようです。前の予選まで使っていたささくれだらけのボールは普通に飛びます。この後、また史上初。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

33回近畿大会(その11)

 日本テレビでやっている「汐博」。私はまだ行っていませんが、高校生クイズのブースには早押しがなくて、代わりにバルーンパニックがあります。一問一答の問題に正解すると剣が1本、不正解だとカードを引いて2~4本で、それらを全部刺してバルーンが飛ばないとソフランがもらえるようです。あと、全国大会出場校パネルは、宮城がちゃんと2校分になっています。

 それでは近畿大会です。今までこれだけ暑かったのに、急に雲行きが悪くなりました。ディレクターが早く終わらせたいと言っています。ぐらぐら回転タワーが中止になって、グランドキャノンだけで決着をつけることになりました。これ一つだけだと、あまりおもしろい展開にならないと思います。回転タワーは大きく負けていても一発逆転があるのに。
 グランドキャノンには、これまでなかった3点箱が2つできています。左右の台の上の非常に難しい箱が2点のままなのに、中央に3点ができるのは矛盾している気がします。

 大阪のグランドキャノンです。春日丘は3ポイントの2個以外を落として14ポイント。ここで一気に雨が降り出しました。収録が中断されます。
 そういえば、これまでバレーボールはかなりボロボロのものでしたが、この地区から、青と黄色のきれいなのに代わっています。再開後、今度は清風南海です。16ポイントでトップになります。すると、遠くで雷が落ちました。また避難です。バレーボールで撃っても落ちないボックスが勝手に崩れるほどの強風になります。これは続行が困難です。この後、史上初が連続。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

33回近畿大会(その10)

 先週の火曜日に、徳島から高知へ移動していました。すると阿波池田からの普通列車に、村井美樹らが乗り込んできました。私はその内容から、テレビ東京の土曜スペシャルの「極旅」ではないかと思いましたが、それが今度の土曜日に放送されるようです。そういえば村井美樹のブログで、マメちくの本が紹介されています。

 それでは近畿大会です。兵庫と奈良の三択です。なぜこの2県を組み合わせるのか。東大寺学園は1年。西大和学園は3回目の出場。生駒は男女混成。そして奈良高専。神戸大附属の女子、灘、科学技術の混成、明石南の女子です。明石南は顔に「桝」と書いています。
 1問目、漫画「銀の匙」の問題です。銀の匙といえば、漫画ではありませんが、灘の「伝説の授業」の教材です。桝アナが、灘が正解したことだけ言います。2問目、難読漢字の問題です。沖縄以来ここまで芸能とかゲームとかファッションの問題ばかり出ていたのが、東大寺学園と灘がいるところでは一転してこんな問題になるのです。去年までの高クイをやめても、演出上残したい学校には配慮しています。ところがこの問題、全チームの中で東大寺学園だけ間違えます。今回の残し方をした東大寺学園はできが悪い。

 3問目、山中伸弥が卒業した大学はという問題です。他の県では絶対出ません。そして神大附属は当然正解します。ここまで灘が全問正解です。4問目、世界地理です。芸能やスポーツはどこへ行った。ところが今度は全チームの中で灘だけ不正解。東大寺学園も灘も昨年までに残るチームとは違います。5問目、フェイスブックはどこの大学から始まったという問題です。また大学です。灘が不正解。最終的に西大和と奈良高専が4問正解で、東大寺学園はこれだけ有利な問題を出してもらっても1問しか正解していないことがわかりました。この後、続行困難。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

33回近畿大会(その9)

 ナナマルサンバツの最新話で重要なことがわかりました。今描かれているのは、今年の話ではないということです。これって、他の時事問題とかきゃりーぱみゅぱみゅの歌を歌っていたことと整合性がとれるのか? まあ、この例会が描かれ始めたのは去年なので、そこから時間が動いていないということか。いくら季節が巡っても登場人物が年を取らないのはサザエさん時間ですが、相対性理論のように時間が遅くなったり早くなったりを繰り返しながら現実の時間についていっているのは、さしずめ「ドカベンプロ野球編時間」でしょうか。

 それでは近畿大会です。三択の1問目は陸上の桐生の問題で、春日丘だけ不正解。2問目は芸能問題で、しかも普通の人は知らないようなことです。膳所の2チームだけ不正解。3問目は一転して、昨年の高クイで出てもおかしくないような国旗の問題です。4問目はファッションに関する問題。今年は女子向け問題もよく入っていますが、これは非常に簡単です。膳所だけ間違えます。5問目はまた芸能問題で、しかもそんなのわかるかという問題です。膳所だけ間違えます。関西創価と大阪桐蔭と光泉が全問正解です。

 次は和歌山と京都の三択。和歌山の参加が3チームであったことがついに明らかになりました。山形に次いで2県目です。3チームの波がついに近畿にまで。
 紀央館と智弁和歌山の男子と混成、同志社、洛北、洛南、洛星です。智弁和歌山の男子が生物部で、桝アナが「ちょっと応援したい」。
 1問目、LINEについての問題。智弁和歌山と洛北が不正解です。2問目、京都に関する芸能問題。今度は智弁和歌山と洛北だけ正解です。ここで正解した智弁はさっき間違えた智弁と別です。3問目は童話についての問題。どの県も出題傾向が似ています。4問目はスポーツ、5問目はジャニーズの問題です。この後、一転。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

33回近畿大会(その8)

 マジかるハテナの「マジかるシャウト」で、桝アナは一貫して「王手」と繰り返しているのに、画面には「リーチ」と出ます。桝アナは高校生クイズの影響で王手と言わないといけないと思っているけど、スタッフには関係ないということでしょう。でもよく考えたら、マジかるハテナの方が対象年齢が低いんですけど。

 それでは近畿大会です。3回戦が終わったのにまだ抽選会は続いています。次は準決勝です。6府県あっても黒ひげ危機一発はあります。まずは大阪です。1チーム目の北野がいきなりアウト。次は兵庫。先ほど最初に抜けた灘は5番目を選びます。1チーム目の神戸大附属の女子がセーフ。2チーム目の六甲は、先ほどハズレだった色を選びます。アウトです。次は京都。1チーム目、学校名が聞こえませんが、アウト。剣を刺す数が少なくてどんどん進みます。
 奈良です。西大和がセーフ。奈良高専がセーフ。東大寺学園がセーフ。生駒がセーフ。したがって西大和のもう1チームが自動的に失格です。1チーム目のアウト連発から、今度は最後までいきました。滋賀は、膳所がセーフ、光泉がセーフ、比叡山がセーフ、膳所がセーフ。これで残った膳所が失格です。4チーム目までセーフが連続しました。

 和歌山はありません。いったい何チーム来てるんだ。14時台ですでに決勝です。近畿としてはペースが早い。しかしこれからが時間がかかります。
 大阪と滋賀の三択です。関西創価の女子、清風南海の女子、大阪桐蔭、春日丘の女子、光泉、比叡山の混成、膳所が2チームです。膳所の一方は、去年決勝で1ポイント差で負けたそうです。この後、ついに判明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

33回近畿大会(その7)

 そういえば宮城での出題ミスによる救済措置として、宮城県の参加者を対象にネット予選が行われたようですね。でも1チームだけ昨年までと同じようなシステムで代表を決めたら、今回の番組の趣旨に反しないか? どうも、パズル的な問題があったり芸能問題が入っていたりはしたようですが。

 それでは近畿大会です。2回戦の開始23分ぐらいでようやく滋賀の女子の1チーム目が勝ち抜けます。24分ぐらいで奈良が終了して、残りは滋賀女子のあと3チームです。硬貨を数える問題ができていないらしくて、そのパネルを会場中央にもってきます。そしてそれ以外の問題の答え合わせを始めます。近畿は人数が多いので、共通漢字問題を難しくしてあります。2問ありますが、どちらも単独での読みで読む熟語が一つもありません。
 30分たったところで、残り30秒で終了ということになります。最後に1チーム正解が出ますが、滋賀の女子は3チームしか3回戦に行けないことになりました。定員割れはルール上あり得ますが実際に起こったのは初めてです。なお、「制限時間15分」と言っていますが、実際はそれよりかなり長く時間をとっています。

 続いてスタンドで抽選会、グラウンドで3回戦が同時に始まります。つまり勝者は抽選会に参加できません。和歌山は3回戦もやりません。
 開始20秒ほどで、兵庫と奈良で立て続けに宝箱を開けたチームがいます。今年も灘と東大寺学園が残っているのか。滋賀でも1分ほどで開けたチームがいます。大阪は3分ほどで1チーム目です。
 5分のところでヒントが出ます。さらに7分のところで次のヒントが出ます。ここで大阪が終了します。9分で桝アナが、ほとんど答えのような決定的なヒントを言います。すると10分で滋賀が終わって全部の府県が終了しました。ちなみに正解は016で、考えないで000から順番に試したチームがいたら勝っていたかもしれません。この後、一発だらけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »