« 33回宮城山形大会(その4) | トップページ | 33回宮城山形大会(その6) »

2013年7月22日 (月)

33回宮城山形大会(その5)

 フジテレビのお台場合衆国の広告を見ると、AKBが並んでいて渡辺麻友が中央に出ていますね。去年はお台場合衆国の期間中に関東大会に来ていたのに。

 それでは宮城山形大会です。謎解きクイズの問題は、1問目は一番多い文字、2問目はシークワーズ、3問目は熟語に共通してつく漢字、4問目はパイレーツアタックと同じ共通の言葉です。
 開始3分後ぐらいから仙台第二が立て続けに来ますが、みんな1問目が不正解。この後も、1問目ができないチームばかり続きます。ここで数えていると、参加者は100チーム台ぐらいでしょうか。
 7分後ぐらいに初の正解が出ます。このあたりからスタッフが列を事前チェックして、間違っているチームを列から排除しているようです。

 1問目は実は問題が間違っていたらしいということは後日判明します。ところで、山形はどうした? どう見ても、宮城だけの判定をしているようにしか見えません。宮城の10チームが決定して終了しました。少なくとも山形の参加は4チームぐらいだった模様です。

 続いて3回戦です。どうやら山形も勝敗には関係ないが一応やっているようです。後で番組にするとき、山形のチームが挑戦している映像も必要ですからね。開始4分後ぐらいに一気に箱が開いて終了しました。宮城で勝ったうち、女子は1チーム。負けた中には高校生パフォーマーでももクロをやったチームがいたようです。この後、ヤラセ批判対策。

|

« 33回宮城山形大会(その4) | トップページ | 33回宮城山形大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57843732

この記事へのトラックバック一覧です: 33回宮城山形大会(その5):

« 33回宮城山形大会(その4) | トップページ | 33回宮城山形大会(その6) »