« 33回宮城山形大会(その6) | トップページ | 33回近畿大会(その1) »

2013年7月25日 (木)

33回宮城山形大会(その7)

 昨年書いた、関空での世界ウルトラクイズで「世界には1色の国旗がある」で○だったことを指摘して「大前さん、あなた迷惑です」と書かれた件。優勝したのはクイズ有名人らがいるチームだったわけですが、「この出題側は、リビアの国旗が変わったことを知らないようだ」と判断して○を選んだそうです。おそらく私でもそうしたと思います。リビアの国旗が変わったことを知っていたらこの問題文を出そうとは思いません。出題者のレベルを見極めるのは○×クイズでは重要です。

 それでは宮城山形大会です。グランドキャノンは仙台第二が9ポイント、仙台東が10ポイント、泉が15ポイントです。2ポイントのところも取りました。泉館山は13ポイントですが、初めて両端の2ポイントブロックに当てるところを見ました。しかし落ちません。
 山形のグランドキャノンでは改めて最初からルール説明があります。米沢東が11ポイント、山辺が13ポイント、鶴岡南が11ポイントです。鶴岡南と山辺が同点で、米沢東が1ポイント差という展開になりました。

 ドリームキャッチャーです。沖縄とはブロックの点数が違います。ブロックは全部で6種類あって、毎回どれか使わないものがあります。
 仙台第二は9ポイントと7ポイントを入れます。仙台東は9ポイントと7ポイントを入れますが、クレーンが左右に揺れて他のブロックを払いのけてしまいます。泉は9ポイントを入れますが7ポイントを外します。しかし10ポイントを入れます。
 泉館山は、10ポイントを落としますがまたつかみます。しかしまた落とします。7ポイントを入れますが得点が届かず、泉が全国大会進出になりました。

 米沢東は10ポイントを入れますが、時間をかけすぎで、それだけで終わります。山辺は9ポイントを入れますが7ポイントを外します。これでトップが同点です。チャンピオン席に2チーム座らせます。最後の鶴岡南が10ポイントを入れて、これで逆転勝利です。

 この先、2県の大会が行われる山梨や福井や島根は何チーム来るでしょうか。

|

« 33回宮城山形大会(その6) | トップページ | 33回近畿大会(その1) »

コメント

宮城山形大会は何時ごろ終わりましたか?

投稿: わっしょい | 2013年7月26日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57859249

この記事へのトラックバック一覧です: 33回宮城山形大会(その7):

« 33回宮城山形大会(その6) | トップページ | 33回近畿大会(その1) »