« 33回近畿大会(その3) | トップページ | 33回近畿大会(その5) »

2013年7月29日 (月)

33回近畿大会(その4)

 今年の高校生クイズのポスターを見ました。通常のポスターの右に、地区大会の情報を載せるスペースがあって、全体で正方形に近い形になっています。SUPER☆GiRLSについて「関東・近畿・中部・沖縄に行くよ!」とはっきり書いてあります。以前、水樹奈々のときは、全部の予選に来るように見えて実際はほとんど来ないというだましのポスターでしたからね。

 それでは近畿大会です。YES-NOクイズの2問目、オリンピック招致で治安がいいとアピールしているのは日本ですという前置きで、またも2つの量の比較問題です。本当にYES-NOクイズという名前とともに内容もYES-NOクイズのころに戻りました。
 3問目、高校野球の問題で「最も多いのは○○である」のパターンです。これも初期の高校生クイズでは頻出です。そして今年の特徴として、○×クイズの定番の知識だが最近○×が重視されていないので忘れられていたことが出題されています。この問題は圧倒的に正解が多い。

 敗者に桝アナ「3年、大学生クイズはもうないんだ。だから留年…留年はやめた方がいいぞ」。そんなことを言いつつ「ちょっと待った」がありません。敗者の比率が少ないと敗者復活戦をやらないという方針がここでも確認できました。
 しかし和歌山の敗者を含むチームだけはステージ前に呼び出されます。ついに番組が成立しないぐらいの参加者数が近畿にも及んできたか。この後、同性婚が認められた。

|

« 33回近畿大会(その3) | トップページ | 33回近畿大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57888304

この記事へのトラックバック一覧です: 33回近畿大会(その4):

« 33回近畿大会(その3) | トップページ | 33回近畿大会(その5) »