« 33回沖縄大会(その8) | トップページ | 33回沖縄大会(その10) »

2013年7月 9日 (火)

33回沖縄大会(その9)

 参院選の東京選挙区の小倉淳のポスターをよく見ると、一番下に「日テレ・アメリカ横断ウルトラクイズ」と書いてあります。ウルトラクイズが国政選挙の肩書きになる時代が来るとは。東京都にいる人は必見です。ところで今週金曜日に東大でウルトラクイズを見る会があるそうですが(http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/event_detail.php?id=1680)、この番組には小倉は出てこないのかな。

 それでは沖縄大会です。2回戦は「謎解き3ミッションクイズ」。3つの脳トレ問題が出て、それぞれの答えと、その3つから連想されるものを答えると正解という、事前番組でやっていた通りのルールです。ここを通過できるのは、男子5チーム、女子5チーム。勝ち抜け枠を男女で分けるのは初めてです。基本的にはクイズ研にはかなり不利になります。なお、男女混成チームの場合は、人数が多い方の性別になります。

 問題は2カ所のパネルと、舞台の電光掲示板に出ます。電光掲示板には絵文字が動画で出ます。まさに「マジかるハテナ」です。この先の予選でもこれがあるのでしょうか。「ト」という字が店のカウンターで何かくださいと言っています。
 あとの2問は、ネプリーグのパイレーツアタックみたいな問題と、記号がいっぱい描いてあってどれが最も多いか答えるというものです。開始2分ぐらいで正解チームが出ますが、解答を待つ列がものすごく長くなります。こんな人数でこのクイズをやるなら、YES-NOクイズでもっと絞った方がいいと思います。
 不正解チームも結構います。開始10分後ぐらいに男子チームが終了して、その2分後ぐらいに女子チームも終了しました。それにしても事前番組と比べて連想問題が簡単すぎます。あまりに簡単でそんなのが答えになるのかと思いました。この難度は次で調整してくるでしょう。この後、超定番問題。

|

« 33回沖縄大会(その8) | トップページ | 33回沖縄大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57756088

この記事へのトラックバック一覧です: 33回沖縄大会(その9):

« 33回沖縄大会(その8) | トップページ | 33回沖縄大会(その10) »