« 15回北陸大会(その3) | トップページ | 16回北陸大会(その1) »

2013年6月 1日 (土)

15回北陸大会(その4)

 2008年にこのようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 NHKのBSの番組といえば、BS2で毎月1回放送される「日めくりタイムトラベル」。今夜の放送の中で、屋根の波打つトタン板から発想したものは何かというクイズが出ていました。つい先日、「クイズ雑学王」で見たような。正解はシャンプーハットですが、NHKでこんな問題を出していいのか? この番組は商品名に関する規制が甘すぎます。昔、教育テレビで「YOU」という番組がありましたが、「青春プレイバック」のコーナーでピップの会長が出たとき、「シャンプーハット」とか「ピップエレキバン」という商品名を言うところが、すべて音声がカットされていました。それならこの人を取り上げなければいいじゃないか。

――――(ここまで)――――

 今夜の「伝えてピカッチ」を見ていたら、影絵に何を使ったかというので出演者がシャンプーハットと言って、「シャンプーハット」という文字が画面に出ました。NHKではそこまでシャンプーハットがOKになったのか。

 それでは15回北陸大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

>>ここで、噂のピンポンブーお兄さんとピンポンブーの機械をチェック

これは私が2年前に書いたんでしたっけ。
見てすぐにどの人かわかりましたか。
問題の束や広辞苑の入ったジュラルミンケースをかかえてましたね。

>>決勝については、場所が分からず見学を断念し、帰宅。

車で追跡できるような立場にいたのなら、ついていくことが
できたと思いますが。
決勝は高岡駅の近くにある、地元で有名な寺でした。
これも高校生クイズでよくある、体の一部分をたたいて、一定の回数に
達すると早押し機のスイッチが入るという形式です。
今回の特徴は二人羽織をやったことです。2人は後ろから手を出して、
見えないスイッチをたたくのです。これが想像以上に映像として
おもしろかった。
決勝で、次のような場面がありました。放送できないのでここに書きます。
「問題。『うれしいな』『たのしいな』…」ポーン「麻原彰晃!」
この関係のことが出題されるわけがないのですが、今回は
この手の誤答が続出するかもしれません。
ちなみに本当の問題は
「『うれしいな』『たのしいな』『かなしいな』。『喜怒哀楽』のうち、
今の中に含まれていないのは?」

――――(ここまで)――――

 高校生クイズの問題スタッフを福澤がピンポンブーお兄さんと呼んで雑誌連載に書いていたのです。その連載をまとめた本が、アマゾンでは出てきません(なお、ピンポンブーお兄さんの回は収録されていない)。

|

« 15回北陸大会(その3) | トップページ | 16回北陸大会(その1) »

コメント

15回の北陸大会の内容ですよ。僕が初めて参加した大会でしたから。

投稿: 猿 | 2013年6月 2日 (日) 11時20分

この雑誌連載は「ジャストミートは目で殺す」(TVぴあ)ですかね?

投稿: C-YAN | 2013年6月 4日 (火) 03時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57504766

この記事へのトラックバック一覧です: 15回北陸大会(その4):

« 15回北陸大会(その3) | トップページ | 16回北陸大会(その1) »