« 25回九州大会(その8) | トップページ | 25回九州大会(その10) »

2013年6月17日 (月)

25回九州大会(その9)

 3週間前にこのようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 TBSラジオ「たまむすび」の「クイズ赤の他人7!」。今日の出場者に、クイズ$ミリオネアの予選で最終面接まで行ったのに出演できなかったという人がいました。しかしこの人はクイズになったら2巡とも自分で答えずにライフラインを使って、そのうえ他人が間違えたら「自分は知っていた」と言います。こりゃ面接で落ちるだろうと思いました。

――――(ここまで)――――

 今日のクイズ赤の他人7では、3人のうち2人がウルトラクイズに出たという50歳前後の人でした。うち1人はアタック25の予選でも落ちています。2人とも非常に危ない感じで、特にアタックに落ちた方は、私の知らない女性声優を師匠と呼んでいます。そのくせソフトバンクの監督がわからなかったりイタリアの国旗がわからなかったりと、この前と同じパターンです。世間から見たクイズマニアの印象はこういうものかもしれないと思いました。なお、ポッドキャストで聞けます。

 それでは25回九州大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 それでは九州大会です。準々決勝と敗者復活戦が途中までいったところで、13時30分から雷で中断しています。14時20分ごろに、福岡放送のスタッフが、2時半再開と言っています。
 そして14時半、本当にスタッフと高校生が会場に戻されました。空を見ると、さっきと完全に反対になっています。つまりこの会場を境目に、東が雷雲、西が青空です。勝者側で決着がついていないのはもう4チームしかいませんでした。
 5問目はつい最近報道された調査についてです。これで勝者側は2チーム。男女混成チームがいるのに鈴木アナが「男2チーム」と言ってしまいます。今年は混成の女子を男と見間違えるのが変に多い。
 8問目は第1回のウルトラクイズの第1問のネタです。当時は誰も間違えない常識だったわけですが、今の高校生は誰も知らない話です。これで勝者側の準決勝進出チームが全部決まりました。負けたチームは次の問題から敗者復活戦です。

――――(ここまで)――――

 昔の時事問題が時間がたって難問化するというのがここで出ています。クイズ本に時事問題はいらないと主張していたクイズ王がいましたが、逆にこういう使い方ができるのではないか。

|

« 25回九州大会(その8) | トップページ | 25回九州大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57613407

この記事へのトラックバック一覧です: 25回九州大会(その9):

« 25回九州大会(その8) | トップページ | 25回九州大会(その10) »