« 32回香川大会(その7) | トップページ | 32回広島大会(その2) »

2013年5月11日 (土)

32回広島大会(その1)

 久しぶりにエコノミクス甲子園の公式サイトを見たら、全国大会の壁新聞が見られるようになっているだけでなく、全国大会のDVDを発売していることがわかりました。どのくらい需要があるのでしょうか。私が入れない地区大会の方を出してくれればいいのに。

 それでは8月2日の広島大会です。会場は今年も広島みなと公園です。今回、画期的なことがあります。決勝のセットをつくる台が設置されています。広島での予選が移動しなくなるのです。過去、広島県での予選は運大王があった17回・18回を除いてすべて決勝を別の場所でやってきました。高校生クイズがこんな形式になって、景色とか関係なくなっても、広島だけは執拗に移動することにこだわってきました。32回にしてついに移動しなくなりますが、昔の形式に戻る33回は果たしてどうなるでしょうか。

 参加者はそんなに多く見えません。かつて広島の予選には、広島中央公園が全部埋まるほどの人が集まっていたとは考えられません。
 応援パーソナリティはCOWCOWです。「COWCOWを見に来たという人はここにいますか」。手を上げた人に「自分ら自動的に決勝行けますんで」。続いて渡り廊下走り隊7を呼びます。ボールを投げますが、クリアファイルはチーム単位ではなく受け取った本人しかもらえないということが初めてわかりました。
 COWCOWのガチでやります宣言は、あたりまえ体操の高校生クイズオリジナルバージョンです。この後、ツイッター炎上。

|

« 32回香川大会(その7) | トップページ | 32回広島大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57361952

この記事へのトラックバック一覧です: 32回広島大会(その1):

« 32回香川大会(その7) | トップページ | 32回広島大会(その2) »