« 10回九州の話 | トップページ | 国立競技場の話 »

2013年5月28日 (火)

7回北陸の話

 「ヌメロン」の本が来月末に出るらしいですが、いったい何が載るんでしょうか。まさか問題?

 それでは7回北陸大会について。って、私は7回北陸には行っていません。北陸に行くようになったのは8回からです。

 ここ十数年ほど、高校生クイズは必ず沖縄大会から始まりますが、福澤時代後期までは北陸大会から始まるのが通例でした。北陸が実験台として使われていたのです。県の数が少ない(といって1県の沖縄では意味がない)、県ごとの参加者数のバランスがとれている、最も地味な地区なので全国放送で使わなくてよいといった理由があると思います。15回では九州大会でやるクイズのシミュレーションを、高校生を集めて北陸でやっていました。

 ところが7回に限ってなぜか北陸が全予選の最後です。おそらく決勝が黒部ダムのため、雪が完全になくならないと行けないので、できるだけ遅くしたのだと思います。決勝であそこまで行くのは相当大変だったろうと推測されます。ただ、7回はすべての予選が夏休みに入ってから行われたので、それほど違いはなかったかもしれませんが(全予選が夏休みだったのはこれ以外には第2回のみ)。ちなみに地区大会の開始は午前10時ですが、立山方面に行くときはこれが9時半になるので、この時点で決勝会場がある程度絞れます。
 北陸が最後だったのが過去にもう一度あります。20回で、当初の開催予定日が衆議院選挙になって福澤が開票特番をやるので、全予選の最後に回されたのです。この回の参加規定書には、最初の方の予選が衆議院選挙と重なると最後に回されることが書いてあったので、沖縄大会が最後になる可能性もありました。ちなみに当初の発表から開催日が変更された予選はこれ以外に、13回の中部と北海道や26回の南九州があります。

 7回の北陸の番組を見てみたいところですが、このころは北日本放送のつくる番組のレベルが非常に低かった。8回の北陸の番組を見たら、ナレーションもBGMもなくて(オープニングとエンディングのテーマ曲を除く)、字幕も最小限で撮った映像をダラダラ流しているだけで、これは家庭用ビデオかと思いました。今から20年ちょっと前にはまだ地方局はそんなものだったのです。

|

« 10回九州の話 | トップページ | 国立競技場の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57479577

この記事へのトラックバック一覧です: 7回北陸の話:

« 10回九州の話 | トップページ | 国立競技場の話 »