« 32回熊本大会(その2) | トップページ | 32回熊本大会(その4) »

2013年4月27日 (土)

32回熊本大会(その3)

 「テストの花道」を見ていたら、板書をノートに丸写ししているときの脳の活動を調べていたのですが、ここで映っている篠原菊紀の研究室に、大量のサイン色紙が並べてあることに気づきました。篠原はバラエティ番組に出るたびに共演者のサインをもらっていたのか。今年の高校生クイズでタレントと共演することはできないと思いますが。

 それでは熊本大会です。敗者復活を求めるゲームは「渡り廊下キャッチし隊7」。桝アナがステージ上からボールを投げて、それを渡り廊下走り隊がキャッチできれば成功です。チャンスは3回。
 1球目、わざと遠くに投げて捕れません。2球目、渡り廊下走り隊が落とします。この辺は演出か。3球目、敗者のエリアの中に入ってしまって高校生が捕ります。
 すると、野球部にいたという上野アナが出てきて投げると言い出して、勝手に投げます。それを捕って、「ZIP!大事だよな」とか言って、強引に敗者復活戦があることにします。

 敗者復活戦の1問目、音楽の問題。クイズでだけよく聞く知識です。1つの答えが3チームしかいなくて、残りは2分されています。2問目は社会の問題ですが結構難しい。しかし最終的には数チームしか不正解になりませんでした。これで終了です。

 ペーパークイズの1問目は、なだぎ武の問題です。つまり応援パーソナリティはなだぎだったのか。ライブで桝アナが紹介して、自転車に乗ってデュランで現れます。「ロサンゼルスの交通がちょっと渋滞してたんだな」。この後、新しい彼氏。

|

« 32回熊本大会(その2) | トップページ | 32回熊本大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57258070

この記事へのトラックバック一覧です: 32回熊本大会(その3):

« 32回熊本大会(その2) | トップページ | 32回熊本大会(その4) »