« クイズ作りの裏側(その10) | トップページ | 32回静岡大会(その2) »

2013年4月 3日 (水)

32回静岡大会(その1)

 昨年末にフジテレビで「なんでも比べるバラエティTENBIN」という番組をやっていたのに気づいていませんでした。今週、関西テレビで深夜に放送されていたのを見ました。1問目がいきなり、昨年の高校生クイズの○×で出た問題ではないか。今年の高クイは「元に戻す」とすると、敗者復活で知識問題をやらなくなって○×の重要度が高まることが考えられます。

 さて、昨年の沖縄大会から9カ月以上を経て、書くことがなくなりましたので、昨年行っていない予選について番組を見て書きます。まずは7月16日の静岡大会です。

 会場は清水マリンパーク。1回だけ駿府城でやって、結局元に戻りました。ジョイマンが最多枠の富士を表彰します。
 司会は山本アナです。2年目? 知らない人です。山本アナの行った予選に私はいずれも行っていないので見ることができませんでした。「日焼け止め塗ったかーっ」と叫びます。

 ○×は金環食についてです。これはいわばでっち上げ系で、現実にないことを思いついたわけで、よくこんな問題が作れたと思います。普通の本などには決して載っていないでしょう。正解の方がかなり多い。
 ジョイマンが「待って待って待って待って。お願いお願いお願いナイスガイ」。ここの敗者復活ゲームはサッカーです。5球蹴って1回でもゴールに入れば成功です。1球目は失敗。2球目は高校生にボールが当たります。「すいません換気扇」。この後、鼻毛の森。

|

« クイズ作りの裏側(その10) | トップページ | 32回静岡大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57097574

この記事へのトラックバック一覧です: 32回静岡大会(その1):

« クイズ作りの裏側(その10) | トップページ | 32回静岡大会(その2) »