« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

32回香川大会(その1)

 今週の週刊現代は「開成、灘、筑駒卒業30年後の『神童』たち」。読むと、そりゃいろんな人生の浮き沈みはあるだろうという感想しか持ちません。それにしても週刊現代は毎号、こういう記事を載せていますが、そんなに需要があるのでしょうか。高校生クイズはこういう路線から外れましたが。

 それでは7月29日の香川大会です。史上初めて、関東大会と同じ日に別の予選が行われます(第1回の東京・大阪同時予選を除く)。関東に全スタッフを集中させなくてもいいほど参加者が減ったということか。
 会場はいつものサンポート高松です。こりゃめでてーなが徳島に続いて出てきます。参加者数最多は香川西です。見るからに全員白のポロシャツで白の帽子で、最多なのがわかります。
 右松アナが登場します。香川西がサッカー部だというので「インターハイは? あれ、気まずい空気になりましたね」。香川西が「インターハイで全国行けなかったんで、ここで全国行きたいと思います」。香川大会は前回も、1つの学校の運動部が大量に参加して、クイズでは頭の悪さを見せつけました。

 「香川の高校生、頑張るけん」と言ってから○×です。○×では珍しい芸能問題です。問題自体は非常におもしろい。同じ日の関東では、残したいチームが決まっているから、こういう問題は出せないでしょう。右松アナが「オレたちは×、NOと言える若者だーっ」。そこまで無理して福澤フレーズを使わなくても。この後、定番問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

32回熊本大会(その5)

 ふと思ったのですが、今年の高校生クイズが昨年と同じだったら、「旭川東高校の卒業生には現旭川市長がいるんですよ」といった説明を林修がやっていたんでしょうね。今年は収録が海外と言うことは、タレントが出ないのでしょうか。

 それでは熊本大会です。9列目はファンファーレで真和の混成が勝ちます。10列目、11列目がブーで、12れる目がファンファーレ。これで13列目は敗退です。勝ったのはまた真和の混成です。

 決勝です。真和の混成は両チームとも男子が1人で、一方はリーダーが女子でくまモンをかぶっています。熊本は男子と混成です。混成の方は女子がリーダーです。第二は男子、最多枠の第一は女子です。

 1問目、世界史で全チーム正解。2問目、ドラクロワの自由の女神の問題で、第二だけ不正解です。3問目、英語で第二と熊本の混成が正解です。これで熊本の混成のみ3ポイント。
 4問目、「天は人の」で熊本の混成が正解。5問目、「アルジェリアの首都は」で熊本の混成がアブジャを正解。問題に露骨なアクセントがありました。
 6問目「つけまつける」で真和のリーダー男子が押して、きゃりーぱみゅぱみゅのフルネームを言います。これは反感を買う答え方です。
 7問目、スポーツで熊本の混成が正解して王手。8問目、「略称をFPという」で熊本の混成が押して、あっという間に決定しました。ちなみに早押しではまったく他を寄せつけませんでしたが、前回は決勝で負けていて、今回○×で負けていました。今年の高クイでは勝てないかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

32回熊本大会(その4)

 昨日、電子番組表を見ていたら、BS朝日の「極上空間」の再放送が、中田敦彦と眞鍋かをりのクイズ芸能人企画だということに気づきました。クイズ番組には、クイズはできないけど今人気があって呼ばれる人と、宇治原・宮崎・やくといったクイズを成立させるためのプロが呼ばれて、中田や眞鍋はそれを結びつけるセミプロだと言っていました。2人とも、麻木の家でやるクイズ芸能人の集まりに出たことがあるが、互いに問題を出し合っていてまったくついていけなかったそうです。

 それでは熊本大会です。なだぎ武に向かって「友近~」と叫ぶ高校生がいます。「キャサリンはいなくなった。高校生ってヤツは無鉄砲だから怖いな」。そもそもデュランをやるの自体が2年ぶりぐらいだそうです。舞台に上がってトトロのものまねなどをします。「いいか、友近には新しい彼氏ができたんだ」で終わりです。
 ペーパークイズの正解発表です。なだぎが吉本で入っている部活はダム部です。今、芸能人はそういうマニアになるのが狙い目と思っているか。奈良の池原ダムに注目だそうです。

 ペーパークイズの結果発表。この地区はブーブーゲートが10チームです。第一のトップは最前列にいる女子チームです。
 1列目はブー。2列目はほとんど女子でブー。3列目がファンファーレで熊本が勝ちます。4列目、5列目、6列目がブーで、7列目がファンファーレ。熊本の混成が勝ちます。やはり勝つのは熊本か。黒い全身タイツのチームが負けます。
 8列目はほとんどが女子ですが、ファンファーレで唯一の男子の第二が勝ちます。この後、きゃりーぱみゅぱみゅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

32回熊本大会(その3)

 「テストの花道」を見ていたら、板書をノートに丸写ししているときの脳の活動を調べていたのですが、ここで映っている篠原菊紀の研究室に、大量のサイン色紙が並べてあることに気づきました。篠原はバラエティ番組に出るたびに共演者のサインをもらっていたのか。今年の高校生クイズでタレントと共演することはできないと思いますが。

 それでは熊本大会です。敗者復活を求めるゲームは「渡り廊下キャッチし隊7」。桝アナがステージ上からボールを投げて、それを渡り廊下走り隊がキャッチできれば成功です。チャンスは3回。
 1球目、わざと遠くに投げて捕れません。2球目、渡り廊下走り隊が落とします。この辺は演出か。3球目、敗者のエリアの中に入ってしまって高校生が捕ります。
 すると、野球部にいたという上野アナが出てきて投げると言い出して、勝手に投げます。それを捕って、「ZIP!大事だよな」とか言って、強引に敗者復活戦があることにします。

 敗者復活戦の1問目、音楽の問題。クイズでだけよく聞く知識です。1つの答えが3チームしかいなくて、残りは2分されています。2問目は社会の問題ですが結構難しい。しかし最終的には数チームしか不正解になりませんでした。これで終了です。

 ペーパークイズの1問目は、なだぎ武の問題です。つまり応援パーソナリティはなだぎだったのか。ライブで桝アナが紹介して、自転車に乗ってデュランで現れます。「ロサンゼルスの交通がちょっと渋滞してたんだな」。この後、新しい彼氏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

32回熊本大会(その2)

 今日の「スタジオパークからこんにちは」は関口宏でした。関口は著書でも、テレビは生放送でハプニングを見せるべきだと繰り返していますが、「クイズ100人に聞きました」で早押し機をたたいたら壊れたことがあって、そのときに収録を止めずに、スタッフが司会者の後ろで修理するのをそのまま映しながら進行したことがあるそうです。

 それでは熊本大会です。○×を出すときに渡り廊下走り隊7がまだ舞台にいます。問題は熊本と全然関係ありません。福岡となら多少関係ありますが。そういえばつい最近、これとほぼ同じクイズを国会で首相に出していた議員がいました。
 ほぼ半分に分かれます。そして渡り廊下走り隊も答えを選びます。正解発表の前に最多枠です。「熊本県立、第、一高等学校」。宮城と同じ手法です。正解発表は紙テープを打ち出します。渡り廊下は間違えました。

 ここで「ちょっと待ったーっ」と、上野アナと渡り廊下走り隊が入ってきます。「ちょっと恐妻家で奥さんが怖いからって、こんなところで憂さ晴らしするなーっ」。それにしても今回の地区大会で地元局のアナウンサーがこういうところに出てくるのはこの地区だけです。どうやら応援パーソナリティのスケジュールが朝から来られなくてこういうことになっているようです。この後、そういう傾向。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

クイズ番組へのイメージ

 昨夜の「パテナの神様!」で、遺影を撮る写真店が出てきました。本人が自分の遺影用の写真を撮りにくるのですが、撮影に2時間かけて、うち1時間45分は客との会話だそうです。これは客のくせを見つけるためです。最も特徴が表れているところを遺影に使うことで、ずっとその人がいるように思えるということです。
 リポーターのたむらけんじが撮られたのは携帯電話をかけている写真です。収録中も本業そっちのけで焼肉店のスタッフと電話していたからというオチなのですが、スタジオに戻ったところで、「宇治原ならどんな写真になるか」という話になります。千原ジュニアが「マークシート持ってるとこ。いや、赤いボタン押してるとこ」。これでわかるのは、芸能人にとってクイズ番組は高校生クイズボタンでやるということがもはや前提になっているんですね。

 その裏の「ナカイの窓」。小島慶子が子どものころ海外にいたという話で中居正広が、我々40歳前後にとって昔は海外なんて考えられないと言います。昔はテレビでも「夢のハワイ」と言っていた。そして「『ニューヨークに行きたいか』って、ニューヨークって本当に行けるのかと思ったもん。本当にあるんだ」。渡部建「ニューヨークが何なんだかわからない」。
 この番組で、土田晃之がトランシーバーを持っている写真が出てきましたが、そういえば昔の高校生クイズはスタッフがトランシーバーで連絡し合っていました。前説で、トランシーバーに混信するもの使用禁止と言っていました。

 高校生クイズの公式サイトで、事前番組第1弾の一部が動画で見られるようになりました。高クイがホームページで動画を流すのは初めてです。普通の高校生たちに対して、「もうあんなどうでもいい学問問題を出す全国大会はやらないから出て」と、ここまで必死にアピールしないといけないんですね。あの5年間と断絶するのは大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

32回熊本大会(その1)

 先日このようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 「くりぃむクイズ ミラクル9」が2週連続3時間スペシャルをやっていますが、朝日放送だけ両方とも阪神戦でつぶしています。1週目は振替放送もないようです。今年もこの季節がやってきました。ところでミラクル9は、昨年夏以降で1時間番組だったのが1回しかありません。

――――(ここまで)――――

 1週目が今度の週末に放送されます。なんで2週目と順番が入れ替わっているのかわかりません。あと、今夜は超久しぶりの1時間番組です。

 それでは7月22日の熊本大会です。会場は例によって熊本城奉行丸。くまモンも来ています。熊本1県の割にはかなりのチーム数が来ています。
 ライオンの九州第2エリアユニット統括が開会宣言します。すると出てきたのが渡り廊下走り隊です。熊本の規模で来ることが驚きですが、それより応援パーソナリティはどうした。ボールを投げるときに虫捕り網を出すチームがいます。

 桝アナは舞台の横の階段を上ってきます。そういえば中央から飛び出す設備がありません。この会場は火が出るセットも使えないし、いろいろ制約があるのか。それにしても、大阪には一度も来ない桝アナが、なんで熊本の予選には3年連続で来るのか。桝アナが「僕の高校生クイズ司会デビューの地です」。かけ声について「北海道大会で聞いたら『恐妻家』と言われて驚きました」。この後、乱入が異例。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

過去を断ち切る事前番組(その3)

 関西テレビで最近、穴埋めに「ソモサン・セッパ!」を再放送するのが相次いでいます。先週の土曜日なんか、1日に2回も放送されました。そんなことをするなら、放送していない正月や今月のスペシャルを放送してくれればいいのに。

 それでは事前番組です。インドの1問目で、ボケるつもりの我が家が正解します。そして2問目も。最後に桝アナが、全国大会では本当に世界に飛び出すと言います。

 次は応援ソングを歌うグループの楽屋にスタッフが入ります。誰もいません。それでイジリー岡田みたいに私物の物色を始めます。「スタッフ暴走、そのとき!」というナレーションで芸能人が入ってきてCMです。
 CMが明けて「スタッフ現行犯逮捕」というナレーション。やはり高校生クイズといえば侵入して逮捕ですね。で、SUPER☆GiRLSです。名前は聞いたことがあります。
 スタッフが、「今年の高校生クイズは海外ツアーに行ける。1カ国でない」と言います。複数の国を回ることを明言しました。これだけだと世界一周するようなイメージをもちますが、実際は期間と予算の関係があるわけですから、日本に極めて近いところにしか行かないのではないでしょうか。といっても韓国や中国はこのご時世難しい気がしますが。

 30分番組なのでもう終わりです。最後に、地区大会のステージをパフォーマーに開放と言います。ホームページを見ると、参加申し込みでパフォーマンスを書いて、評価が高いと勝ち抜けチャンスとあります。なんか番組が27回に戻るのかと思ったら、24回まで戻りそうな雰囲気もあります。体力だけでも勝てる可能性があると書いてあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

過去を断ち切る事前番組(その2)

 今日、スポーツ新聞を見たら、東京六大学野球で完全試合は上重聡以来と書いてありました。一方でネットニュースでは、巨人の沢村のスピード離婚の原因はW不倫で、その当事者が上重聡かと書いてありました。人生いろいろありますな。今年は地区大会が減りましたが、どこかの予選に来るのかな。

 それでは事前番組です。CM枠で、参加者募集のスポットも流れます。高校生に世界へのイメージを書かせるというものです。

 次のクイズは、ここにあるヨーロッパの8つの建造物のうち2つは世界遺産ではありません。両チームがヨーロッパの建物の写真を撮ってきて、それが世界遺産なら1ポイントです。
 我が家が勝って、「知識だけではない」。また意図的にこのセリフを入れているのです。「僕ら全員高卒ですから。山西さんは京大出てるんでしょ」。東大寺学園出身の山西惇が答えられないというのも番組の意図か。

 次はインドです。インド人のジェスチャーが示す道具を持ってくるというものです。1問目、かゆいときに塗る意外な物という問題です。
 ここでCMです。ニコニコ超会議2のCMが流れるのは、こんな番組を見るのはそういうのに興味をもつ人だということか。この後、高クイで逮捕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

過去を断ち切る事前番組(その1)

 今年の高校生クイズの地区大会の日程が発表されました。7月中にすべてが終わることについて、こんなのは見たことがないという声が上がっていますが、過去に第11回がそうなっています。この年、日本テレビが世界陸上東京大会の中継権を持っていて、そのために24時間テレビが大幅に前倒しになって、高校生クイズもスタッフ確保のため予選を早くやらなければならなくなったのです。世界陸上を日本テレビが中継って今となっては考えられませんが。

 それでは事前番組第1弾です。まず新聞のテレビ欄を見ると「史上初!世界に飛び出すぞSP」。高校生クイズは過去に2回も海外で行われているのにどこが史上初なんだ。

 最初に昨年の「知力の甲子園」の映像が出ます。そしてそれがテレビを消すように消えるのです。これだけで、今年は東大が人生の価値であるかのような高校生クイズから決別するとわからせています。ナレーションが「全国大会、日本を離れ世界へ。クイズをしながら高校生が世界を巡る」。5年続いたあの高校生クイズを消し去る装置として「海外」が必要なのです。

 一足先に芸能人が海外クイズにチャレンジといいます。そしてエッフェル塔をバックに桝アナが現れます。と思ったら東武ワールドスクエアです。「と思ったら」ではなく最初からわかりましたけど。
 6人の芸能人が我が家チームと武井壮チームに分かれて対戦します。まずはエジプトです。「男が女にやっちゃダメ 失礼行動クイズ」。8つのうちエジプト人の女性に対してやってはいけない動作が3つあります。不正解だとエジプト人にハリセンでたたかれます。ここで「知識ではなく常識にとらわれない発想力が重要」。わざわざこんなセリフを番組に入れているのです。去年までの全国大会は完全に消えたということを徹底しているわけです。この後、さらにたたみかけ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

32回福岡佐賀大会(その8)

 2006年にこんなことを書いていました。

――――(ここから)――――

 先週の「土曜スタジオパーク」は、「クイズ日本の顔」の特集で、えなりかずきが出ていました。番組のこれまでのゲストが紹介されていたのですが、その中で、暴行事件を起こしたとかいう三國清三のみ、いなかったことになっていました。

――――(ここまで)――――

 もうこんな事件、誰も覚えていません。昔のマクラを読むと、今となっては意味のわからないことがいろいろ書いてあります。

 それでは福岡佐賀大会です。佐賀の決勝の21問目、「甲府盆地が代表的な」で、早稲田佐賀の今王手になった方が正解して大逆転で決定です。早く王手になって負けた方は「1年生のときから(勝ったチームと)一緒のところで寝て。変な関係じゃないけど」

 福岡の決勝です。修猷館はクイズ研と数学研究会で構成されています。久留米大附設は2チームです。昨年決勝に出て0点だったというチームがいます。最多枠は筑紫女学園です。ミッキーマウスの耳をつけています。福岡中央は出るのを決めたのが1週間前です。上智福岡は初出場です。

 1問目、世界史で全チーム正解。2問目は一転して芸能問題です。7人組男性アイドルの名前ですが、久留米大附設の一方と上智福岡が「キスマイフット」としか書かずに不正解です。久留米大附設のもう一方は、友だちから期すまいと何かの違いを教えてもらったそうです。3問目、地図記号の問題で筑紫女学園だけ間違えます。

 4問目、福岡中央が正解。5問目は、久留米大附設のキスマイを間違えた方が取ります。6問目「メモをとる」だけで久留米大附設のキスマイを正解した方がメモランダムを正解。7問目も「スペイン語で赤道」だけで正解します。さらに8問目も「エラトステネス」で正解。9問目「野心に燃える主人公、ジュリアンソ」で正解して一気に決定しました。佐賀と対照的な終わり方です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

32回福岡佐賀大会(その7)

 今週の「すイエんサー」は、多人数のジャンケンで勝つ方法です。これも以前、「所さんの目がテン!」で同じテーマをやっていたことがあります。目がテンの方がはるかにシンプルでした。というか、すイエんサーは、自画自賛しているだけで実用性がないことが多い。この前は串だんごの串に残らないように食べる方法というのでしたが、牛乳パックを使って、そのための道具を作っているのです。誰がわざわざそんなことをする。

 それでは福岡佐賀大会です。佐賀の決勝の9問目。四字熟語で早稲田佐賀のこれまで押していないチームが正解。10問目は弘学館の3年生が正解します。
 11問目「カダフィ政権が倒れ、去年、緑一色だった」で弘学館の緑一色が押します。「アラブの春」で不正解。緑一色まで出ているのに。関空では国旗が変わったことを知らずに○×を出題していましたが。

 12問目「フラーレン、ダイヤモンド、黒鉛」で早稲田佐賀が王手になります。しかし13問目の古文の定番問題で弘学館の3年が5ポイント。14問目で早稲田佐賀のもう1チームも5ポイントになります。
 15問目、「イギリスの作家で、名探偵ホームズを生んだのは」で弘学館の5ポイントが押してコナン・ドイルと答えます。露骨にアクセントをつけて読んでいるのに。
 16問目は弘学館の緑ホークスが正解。さらに17問目も取ります。18問目は弘学館の3年が正解します。なかなか決着がつきません。19問目は佐賀西が正解。そして20問目を早稲田佐賀の5ポイントが取って、ついに王手で並びます。この後、変な関係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

32回福岡佐賀大会(その6)

 NHKラジオの「ことば力アップ」。毎月最終週は「放送の現場から」として、東京でレギュラーを持っているような「勝ち組」アナウンサーが講師になります。今年度のテキストを見ると、8月は武内アナウンサーが「クイズ番組の深い裏側」というのをやることがわかりました。話すことはすでにテキストに全部書いてあります。ホールドオンの問題をどうやって作っているかということがちゃんと出ています。例として、徳川慶喜について有名な話を、いざ出典を探そうとしたらまったく見つからなくて、徳川慶喜の関係者に聞いてもわからないということで、裏を取るのに非常に苦労したということが書いてあります。
 それにしても今年度からテキストが1年で1冊になって値段が上がったので、クイズ関係者がこの項目のためだけに買うのはどうかというところです。

 それでは福岡佐賀大会です。ホークスの緑のユニフォームを着ていたのは弘学館でした。「我々は、我が家に負けないぐらいつながりがある」。弘学館はもう1チームいます。こちらは3年生です。

 この地区は河合塾のブースがある大会なので、決勝には書き問題があります。1問目、漢字の問題で非常に簡単です。全チーム正解します。2問目、「幕末三舟は高岡泥舟、山岡鉄舟と誰」という問題で、早稲田佐賀の1チームだけが雨森芳州と書きます。難しく考えすぎです。3問目、数学で全チーム正解です。

 4問目、日本史で先ほど間違えたチームが正解して、全チーム3ポイントになります。さらにこのチームが5問目も取って、早くも逆転トップです。
 6問目「ルーブル美術館にその石碑が保管されている」で佐賀西が押して答えられません。知らなくてもオープン大会的なポイントにくると押してしまうというパターンだと思います。7問目は英語でトップのチームが正解。8問目「兄は和仁。弟は裕介。日本の体操史上初となる三きょ」で弘学館の緑ユニフォームが押しますが答えられません。まだ早稲田佐賀の1チーム以外正解していません。この後、大逆転か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

32回福岡佐賀大会(その5)

 今日、bayfmの松本ともこの番組のメールのテーマが、欧米で行ってみたいところだったのですが、ウルトラクイズのニューヨークと書いてきたヤツがいます。すると松本が、高校時代に学校中でアメリカ横断ウルトラクイズがはやって、紙にクイズを書いて廊下にばらまいて先生に怒られたと話しました。あの松本ともこが。私と同じ学年なのですが、高校生クイズには出なかったのか。

 それでは福岡佐賀大会です。筑紫女学園のトップのチームは最前列にいます。1列目は恒例のブー。2列目はファンファーレで、佐賀の1チームが合格です。
 3列目、ホークスの南海時代を思わせる緑のユニフォームを着ているチームがいて、桝アナが「あれが佐賀県だったらびっくりします」。ファンファーレです。合格したのが緑ユニフォームで、佐賀県でした。さらにこの列は福岡県の合格チームもいます。

 4列目はブー。5列目はファンファーレ。福岡と佐賀が1チームずつ合格です。6列目はブーで、7列目はファンファーレ。ここは福岡、佐賀、福岡と、3チーム合格がいました。
 ここからブーが続いて、最後尾の12列目がファンファーレです。佐賀と福岡が1チームずつです。

 佐賀の決勝です。佐賀西と早稲田佐賀2チーム、弘学館2チームです。早稲田佐賀の1チームが「今日は我が家の坪倉さんと谷田部さん、そしてプロレス界から大仁田さんが来ていただいて」とボケます。この後、難しく考えすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

32回福岡佐賀大会(その4)

 今発売中のメンズノンノに、辛酸なめ子がクイズ男子についての文章を書いています。TBSラジオでしゃべったのとほとんど同じですが、1カ所だけ向こうに出てこなかったのが、部員についての○×クイズを出し合っているというのです。「○○と△△、通学時間が長いのは△△の方である」とか「○○と△△の血液型は同じである」とか。これを○×クイズの訓練としてやっているのだとしたら逆効果です。出題の意図とか情報としての意味とか考えないで適当に作った問題でやるということは、○×クイズが単なる勘のゲームだという前提に立っていることになります。高校の有名クイズ研もこういう状況だとしたら、今年の高校生クイズは厳しいかもしれません。

 それでは福岡佐賀大会です。敗者復活戦、2問終わって、なんと続行です。3問目、スポーツに関する問題で、これもクイズ研にはできそうなものです。結局全部、クイズ研的問題でした。問題数も出題傾向もこのころにはまだ固まっていなかったことがわかります。

 ペーパークイズを前に、一気に雲行きが怪しくなります。この会場では恒例の、都市高速の高架下に入ってペーパーをやります。我が家の問題は、坪倉が加入する前に2人で結成していたコンビ名はというものです。
 この地区は正解発表もちゃんと放送されます。さらに我が家のコントがあって、抽選会では私物の帽子やTシャツを提供します。

 また晴れて結果発表です。ここはブーブーゲートが10チーム分になっていて、福岡と佐賀のチームが交じっています。この後、大仁田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

32回福岡佐賀大会(その3)

 「となりの関くん」の4巻は、ローソンでだけ表紙が違うものを売っています。実際に確かめたところ、普通のカバーの上にローソン専用カバーが掛かっていて、タイトルは下のが見えるようになっていました。ナナマルサンバツのカバーもこれにしてくれたらいいのに、以前キャンペーンでついていたのは、カバーをすると何巻かわからなくなります(ロゴも違うし)。

 それでは福岡佐賀大会です。先ほど桝アナは敗者復活決定と言ってしまいましたが、当然、敗者復活をやるには条件があります。「トリオでキャッチ48、略してTDC48」。かごに背負う部分が3つついていて、我が家の3人がかごを囲むように背負います。HKT48が舞台上から足で踏むシーソーでボールを飛ばします。48秒以内に3球、かごに入れることができれば成功です。

 もちろん敗者復活戦をやることになります。1問目、科学の問題です。これは3番を選んだチームがオチのような選択肢で「しまった」と思ったら実はそれが正解というパターンを狙ったものだと思います。しかし大半が3でした。意外に高校生がちゃんとした知識を持っていました。
 2問目、音楽の問題です。クイズマニアの世界では常識ですが、正解が女子1チームだけです。クイズ研は1問目で抜けたか。この後、例の高架下。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

32回福岡佐賀大会(その2)

 「にっぽん縦断こころ旅」で火野正平が、目的地のずっと前からバスの降車ボタンに手をかけています。「都呂々浜の『は』まで言わせない、オレは」。そして降りる停留所名を言った瞬間にボタンを押します。しかしアナウンスが止まるわけではありません。「最後まで言うんだ」。いつから火野はクイズマニアになったのでしょうか。

 それでは福岡佐賀大会です。○×の正解の前に、最多人数が参加したのが筑紫女学園であることが発表されます。正解発表はドラム缶から水が吹き上がる方式です。
 そして全チーム不正解。この問題で誰も正解しないということは、クイズ研などがいかに○×をやっていないかということがわかります。桝「全国大会どうするかは、後でスタッフと相談します。インターネットでヤフートップに載るかもしれない」。まさかこのときは本当に他の地区の第1問で全チーム不正解だったことがヤフートピックスで取り上げられて、そこから高校生クイズストーカーへのリンクが張られるとは思いもよらなかったでしょう。

 我が家が出てきます。「1回戦で全員敗退なんて、言わせねーよ」。さらにHKT48の2人が来ますが、2人とも放送日の時点では解雇されているという、非常に気まずい展開です。そういえば我が家のメンバーも放送日前に謎の福岡移籍をしています。
 桝「こんなかわいい娘連れてくれば僕はなびくと思ったんですか」HKT「桝さん、お願いします」桝「敗者復活決定-」。この後、思惑が外れる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

32回福岡佐賀大会(その1)

 先週から高校生クイズの公式サイトが今年のものになりましたが、わけのわからないことが書いてあるだけで何も情報を出さないという状況が続いています。今日「今年の全国大会、決勝の地はどこ? 日本テレビ、海外、日本国内、富士山」というのが載りました。選択肢に投票できるようになっています。私はこれは、実際にどこで決勝が行われるか発表するためではなく、こんなことを問うこと自体が、全国大会が昨年までのようなあんな形式ではないということをわからせるためのものだと考えています。

 それでは7月21日の福岡佐賀大会です。今回、福岡での予選が福岡と佐賀だけになるとともに、同じ日の山口大会が独立することで、放送局のエリアをまたいだ予選がなくなりました。
 会場はこのところ恒例のシーサイドももちです。ライオンの九州第一エリアユニット統括が開会宣言します。我が家が会場後方の海の側から入ってきます。今回、全地区の応援パーソナリティの中で吉本所属でないのは我が家だけです。なんでここまで急速に吉本支配が強まったのか。
 さらに渡り廊下走り隊の2人が来ます。砂浜に降りてボールを投げます。

 桝アナは水上バイクで海から来ます。○×の問題について、ちゃんとした知識があれば必ずわかると言います。確かに○×クイズとしては定番の問題で、クイズ研なら当然知っているはずです。しかし全チームが同じ答えに行きます。この後、ヤフーに載る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

32回山梨大会(その4)

 昨年9月にこれを書きました。

――――(ここから)――――

 関西ローカルといえば、関西テレビの「クイズ☆ギリドメ」もやっていました。吉本がイギリスのフォーマットを買ったそうですが、予想外におもしろい。ルールは、ある映像が流れて、それが終わるまでに多答問題に答えます。ボタンを押したところで解答権が終わるのですが、押さずに映像が終わりまでいってしまうとドボンになって点数が入りません。どこが映像の終わりか判断しなければいけないのです。

――――(ここまで)――――

 今夜、4時ごろに再放送されるので調べたら、来週からレギュラー化されることがわかりました。

 それでは山梨大会です。甲陵は中学からの友人です。都留の一方はウサギ耳のチームで、もう一方はリボンとか仮面とかです。仮面は去年と同じメンバーで、前回は決勝に出られなかったそうです。甲府南には混成がもう1チームいて、ここも去年はペーパーで落ちたそうです。甲府南の3チーム目は「先輩を倒す」と言います。

 1問目、「ジャイアントパンダを漢字でか」で甲府南の最多枠が押します。自信を持って「猫」で不正解。「猫と何」でした。
 2問目「山がつく都道府県で唯一海」で甲府南の男子が押して山梨を正解。3問目、非常に簡単な問題で最多枠が正解します。
 4問目、「なす、丸底、三角な」で甲府南の最多枠でない混成が正解。5問目は甲府南の男子が取ります。6問目は甲府南の最多枠でない混成が正解。7問目、甲府南の男子が正解して3ポイントです。甲府南以外、一切押していません。

 8問目は最多枠の女子が正解。9問目、「本名を平岡公威」で最多枠が押して答えられません。1問目といい、早押しのテクニックにはまっています。
 10問目は甲府南の男子が正解して王手。11問目はスルーで、12問目、「カンボジアの国旗に描かれてい」で甲府南の男子が決定します。
 全問、甲府南しか答えませんでした。負けた最多枠は「最初のジャイアントパンダで誤答して手が止まった」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

32回山梨大会(その3)

 NHKの「サラメシ」に、ライオンに勤める歯科衛生士が出ていました。各地を回って歯磨きの講習などをしているそうですが、その写真で隣にライオンちゃんが立っています。NHKの画面でこの着ぐるみを見ると非常に違和感があります。参加人数の多い学校を表彰しそう。

 それでは山梨大会です。ペーパークイズの結果発表。甲府南のトップのチームは男女混成です。この地区はブーブーゲートが1チームずつです。
 1チーム目は女子でブー。2チーム目も女子でブー。3チーム目も女子でブー。4チーム目が男子でピンポン。5チーム目、6チーム目、7チーム目とブーで、8チーム目、ウサギの耳をつけた男子がピンポンです。このチームはキレイキレイが当たっています。
 9チーム目ブー、10チーム目ブー、11チーム目ブーで、12チーム目のスタッフTシャツとリボンのチームがピンポンです。スタッフTシャツということは昨年代表か。
 このあたりから、残っているのが制服だらけになります。みんな甲府南のようです。13チーム目、ブー。14チーム目の混成がピンポン。15チーム目ブー、16チーム目ブー、17チーム目ブー、18チーム目がピンポンです。これで残りのチームは失格です。

 決勝です。山本「カナリアさん、ついに決勝戦を迎えました」「そうですねえ。迎えないんじゃないかという不安の中迎えましたね」。
 甲府南の最多枠は混成です。女子を入れたのは文系だからだそうです。女子に「どちらかとつき合ってるということはないんですか」「まったくないですね」。この後、最初につまずく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

その後の情報

 今日、ホールドオンの最初の方を見逃して、録画にも失敗していました。こういうときのためのNHKオンデマンドなのですが、今月からオンデマンドでホールドオンが配信されなくなりました。年度ごとに微妙に配信番組が入れ替わるのですが、今月からケータイ大喜利もテストの花道もすイエんサーも配信されなくなりました。去年の今ごろはホールドオンの再放送までやっていたのに。

 番組が見られないといえば、先日これを書きました。

――――(ここから)――――

 「タカトシのクイズ!サバイバル2」は、読売テレビでは開局55周年記念ドラマのために放送されませんでした。月・火・水の3夜連続でやっていて、「月曜から夜ふかし」は後日放送されましたが、単発のクイズサバイバルについてはそのまま放送中止です。

 読売テレビでは今度の日曜日の深夜3時ごろに放送されることがわかりました。

――――(ここまで)――――

 テレビ情報誌ではこの前の日曜日に放送されることになっていましたが、放送されませんでした、次の日曜日に変更になったようです。

 これに続いて次のようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 それではトークセッションです。そういえば、何かの特番で早押しボタンの使い方についてやると言っていましたが、今のところ確認できていません。

――――(ここまで)――――

 昨夜のフジテレビの「今は役に立たないけど、いつか知っててよかったと思うやりかた大図鑑」という番組に出てきました。オープニングでほんの一瞬でした。押し込みをして押しすぎないように指で支えて腕を引き上げる反動で押すとかいうことをやるだけです。そして言った答えが「ポロロッカ」。スタジオでは「問題何なんだよ!」と言われていましたが、私はわかりますよ。なお、「お願いランキング」のドラちくにも出ていて、絶妙に時間が重なっていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

32回山梨大会(その2)

 週刊現代は毎週、東大を持ち上げる記事と東大を貶める記事を交互に書いています。東大のことを取り上げるとそんなに売れるのか。今週は「『天才』と呼ばれた人が、本物の『天才』に出会ったとき」です。また東大ネタを当ブログのマクラに使えないかと思って読んでみたら、クイズ王が出ているではないか。
 自らウルトラクイズで優勝したクイズ王が「一生頭が上がらない」と思っているのが別のウルトラクイズ優勝者です。今回の記事には、世の中にそこまで頭のいい人間がいるかというような人が書かれていますが、クイズの項目については内情を知ってるだけに「は?」と思います。ここを読むと、他の学者とかの話も盛りまくって書いているのだろうということがわかります。だいたいこの雑誌は、私のことを「天才ハッカー」という記事にしたんですよ。

 それでは山梨大会です。○×は全チーム正解。カナリアが「ちょっと待ったーっ、敗者復活だーっ。1問負けただけで帰らされるなんて…誰もいない」。山本アナが、敗者復活のリハーサルをしていたことをばらしてしまいます。カナリアが「誰かヤラセで間違ってくださいよ」。この後の予選ではこういう場面になっても無理やり応援パーソナリティを使う企画をやるようになりましたが、ここではこのまま出なくなります。

 次はペーパークイズです。よく考えたら、静岡と山梨の番組では、1問目の応援パーソナリティ問題が紹介されているのに正解が発表されていません。
 カナリアのライブです。メンバーの一方が桃屋のCMに似ていると言います。桃屋のCMは高校生に意味がわかるか。そしてもう一方は「水嶋ヒロに似ていると言われます…微妙な反応ですね」。これはお笑い芸人がイケメンに似ていると言うことと、水嶋ヒロ自体の立場とどちらによるものなのかわかりません。カナリアの漫才は結構おもしろい。この後、決勝を迎えられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

32回山梨大会(その1)

 昨日の「日曜×芸人」は似た言葉の違いを当てるという企画でしたが、その中に「関東地区と首都圏の違い」というのがありました。私はこれを知ったのは「クイズ赤恥青恥」の本です。

 こういうことを赤恥青恥で知るというのは痛恨です。生活の中で知識を得ることができず、他にも「クイズ!年の差なんて」などで知るというのは敗北だと思っています。
 でも、ここ数年の高クイでは、クイズ問題集の答えを丸暗記して、放送上は実生活で知ったようなウソを言わないといけないんでしょうね。

 それでは7月17日の首都圏の山梨大会です。会場は甲府駅のそばの舞鶴城公園です。応援パーソナリティのカナリアが「今日は約7時間半の大会になります」「ぶっ倒れるよ!」って、昔の地区大会はそんなの当たり前でしたが。最も長いのは12時間を超えたことがあります。

 最多は甲府南です。ここも静岡に続いて山本アナが司会です。「ほうとう食べてきたかーっ」「オー」「うそでしょ」。制服の集団がいて、午前中授業だったそうです。今の高クイの予選は授業や部活の後で出られるように配慮されています。
 ○×クイズで正解すると鈴木奈々デザインのバッジがもらえるといいますが、今思うとおバカタレントですっかり有名になった鈴木という人選はどうだったんだ。

 ○×は、統計の問題で「日本一は富士山のおひざもと、ここ山梨県である」。山梨でこの問題が出たら×は選びにくい。全チームが○に行きますが、山本アナは「ぱっくりと2つに分かれました」。この後、ヤラセを要求。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

32回静岡大会(その5)

 「くりぃむクイズ ミラクル9」が2週連続3時間スペシャルをやっていますが、朝日放送だけ両方とも阪神戦でつぶしています。1週目は振替放送もないようです。今年もこの季節がやってきました。ところでミラクル9は、昨年夏以降で1時間番組だったのが1回しかありません。当初は2時間スペシャルの場合は1時間ずつ別々の対戦を2本つなげていましたが、今はそれがなくなったところを見ると、完全に2時間のレギュラー番組ということになったようです。

 それでは静岡大会です。決勝の14問目は小学校の社会で習う日本史の用語で富士が正解。15問目も小学校の社会で出る問題で静岡市立が答えます。16問目「世界一の透明度」で静岡市立がバイカル湖を正解。社会ばかり続きます。
 17問目はスルー。18問目、日本三急流を答える問題で、富士が最上川を正解します。静岡だけど天竜川が答えになりません。19問目は小学校の社会で習う歴史問題で藤枝東が正解します。20問目は英語で静岡市立が正解です。

 21問目、小学校の社会で習う知識で浜松北が正解。なぜかここにきて小学校社会の問題ばかり。各チームの点数が伸びなかったからか。22問目は英語で、藤枝東が王手になります。
 23問目は静岡市立が正解してこちらも王手。24問目、四字熟語を藤枝東が正解して決定します。優勝者インタビューで「看板がこれまでは1つだったが、全国大会では藤枝東と静岡県の2枚になる」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

32回静岡大会(その4)

 ナナマルサンバツの5巻が出ました。

 75ページの連載時にあった大きな間違いが直っています。将来「ほこ×たて」でナナマルサンバツマニアをやることになったら、ここが出題されるのか。

 それでは静岡大会です。決勝の4問目「カーナビなどに利用される全地球」で韮山が正解。5問目は車が3つの漢字を浜松北が「まどろむ」と答えます。6問目「父が家光、兄が家綱」で富士が「家康」。地区大会決勝でこのくらいのレベルか。
 7問目は英語のことわざで藤枝東が正解。8問目は計算問題で浜松北が正解。さらに9問目も浜松北が正解しますが、これでまだ1ポイントです。ここまでで1ポイントが4チームと、先が見えません。

 10問目は富士が正解。11問目、「しろがねは銀」で沼津東が押して鉄を正解します。12問目も漢字の問題で藤枝東が正解します。13問目「紀元前はB.C.」で浜松北が押して「D.C.」。ここは間違いが多すぎます。まだどこが勝つか見えません。この後、なかなかの名言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

32回静岡大会(その3)

 今日の「はなまるマーケット」のゲストは今田耕司でした。オールスター感謝祭で、司会の席では全員の成績が表示されているというので、5時間半、賞金を1円も取っていない人もいると言います。そして「河本、気ぃ遣うてんなあ、とか」。河本という人は何か金をもらってはいけない理由があるんでしたっけ。

 それでは静岡大会です。ペーパークイズの結果発表の3列目はピンポン。混成チームが合格です。4列目はブーで5列目はピンポン。スギちゃんの衣装を自分で作ろうとしたが失敗して結局買ってきたというチームです。
 6列目はブー、7列目もブー。8列目から4チームでピンポン。これであと1チームです。9列目はブー。10列目がピンポンで11列目は敗退です。

 決勝は最多枠の富士、浜松北、静岡市立の混成、沼津東のワイルド、韮山、藤枝東です。現在のルールで全チーム違う学校になるのは珍しい。
 1問目、サッカーに関する問題です。予選の数が大量になってから、先日のトークセッションで言っていたのと違ってご当地問題を意識していないように思いますが、一応これは静岡だからサッカーということなのか。沼津東が正解します。
 2問目は映画の問題で浜松北が正解。3問目、「平方根の覚え方で、一夜一夜」で浜松北が押して不正解です。パラレルのアクセントで読んでるのに。というか2年目の局アナも早押しクイズでのパラレルの読み方をしないといけないんですね。通常の原稿読みからいうと明らかにおかしいアクセントですが。静岡なので「では富士山麓にオウム鳴くはルートいくつ」です。この後、意外に難航。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

32回静岡大会(その2)

 今週の週刊現代に、東大医学部の特集が出ています。そして東大医学部卒は医者としての能力は全然ないという章があって、例の神の手という南淵明宏(奈良県立医大卒)が、「受験勉強ができるというのはクイズができるのにすぎない」と言っています。逆にいうとクイズは受験で、今のクイズで勝つことは東大理3に入るのと同値だということです。
 昨日の日本テレビの「密着!東大受験物語2013」。一昨年の高校生クイズ事前番組とあまりに演出が似ていると思ったら、スタッフロールにズバリ高校生クイズ制作者の名前が出ているではないか。今年の高校生クイズは東大に入ることが人生の価値のすべてであるような番組にできなくなったので、取材した素材を流用したのだろうか。

 それでは静岡大会です。3球目も4球目も失敗します。ここで高校生から「あと1球」コールが起きます。それはおかしい。そして5球目も失敗です。しかし、あと1球やることになって成功します。

 敗者復活の1問目、日本文学の問題です。この時点では2つ目の予選でしたが、今見れば完全にクイズ研を意識しています。やや多いところが正解です。すると、この1問しかありません。この後の予選では、敗者が1チームであるような場合を除いて1問で終わることはありませんでした。

 ペーパークイズの1問目は、ジョイマンのコンビ名の候補です。ジョイマンのライブで「鼻毛の森美術館」というネタがあります。静岡県だとギリギリ意味がわかるか。漫才の終盤までは例のギャグを全然やらないことがわかりました。

 結果発表のブーブーゲートは、この地区は5チームずつです。富士の1位が発表されますが、このころは最後尾に置いていません。1列目はブー。2列目はピンポン。すると「決勝進出が1チームいます」と言います。ここは最初からバラすのか。この後、珍しい組み合わせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

32回静岡大会(その1)

 昨年末にフジテレビで「なんでも比べるバラエティTENBIN」という番組をやっていたのに気づいていませんでした。今週、関西テレビで深夜に放送されていたのを見ました。1問目がいきなり、昨年の高校生クイズの○×で出た問題ではないか。今年の高クイは「元に戻す」とすると、敗者復活で知識問題をやらなくなって○×の重要度が高まることが考えられます。

 さて、昨年の沖縄大会から9カ月以上を経て、書くことがなくなりましたので、昨年行っていない予選について番組を見て書きます。まずは7月16日の静岡大会です。

 会場は清水マリンパーク。1回だけ駿府城でやって、結局元に戻りました。ジョイマンが最多枠の富士を表彰します。
 司会は山本アナです。2年目? 知らない人です。山本アナの行った予選に私はいずれも行っていないので見ることができませんでした。「日焼け止め塗ったかーっ」と叫びます。

 ○×は金環食についてです。これはいわばでっち上げ系で、現実にないことを思いついたわけで、よくこんな問題が作れたと思います。普通の本などには決して載っていないでしょう。正解の方がかなり多い。
 ジョイマンが「待って待って待って待って。お願いお願いお願いナイスガイ」。ここの敗者復活ゲームはサッカーです。5球蹴って1回でもゴールに入れば成功です。1球目は失敗。2球目は高校生にボールが当たります。「すいません換気扇」。この後、鼻毛の森。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

クイズ作りの裏側(その10)

 以前こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 2年前にこのようなことを書きました。

 先週の放送で「トルネード投法のお初」に出ていた一般人が、明らかに以前「ためしてガッテン」の被験者として出ていた人でした。美術館というテーマのときです。こういう人はどこかに登録していて派遣されてくるのかな。

 今回のニホンGOに出ている一般人の中に、シルシルミシルのこのコーナーの出演者がまたいました。本当は一般人じゃないのかな。

 シルシルミシルにもためしてガッテンにも出ていた人は、「所さんの目がテン!」にも出ていたというのはその後書きました。

 先日テレビ朝日で放送された「激論!どっちマニア!!」で、この人がまた、大量のフィギュアを集めているマニアとして登場していました。毎回違う名目で出てきます。

――――(ここまで)――――

 今度はこの人が、「めざせ!会社の星」に出ていました。この人はおもちゃ卸売業者ということで、フィギュアを集めるのは職業の一環だということがわかりました。だからどうという話でもないのですが。

 それではトークセッションです。3問目、「春の七草で、すずなと平仮名1文字」でなずなを正解します。春の七草の問題はパターン化しているので違うものを作りたかったそうです。4問目の正解は起死回生ですが、意外に押すのが遅い。これで終了です。結局、クイズ王セットでも1問目以外はそれほど難しくありませんでした。

 20時47分になります。これから質疑応答があるのかと思ったら、時間がいっぱいになったのでこれで終わるそうです。ここからサイン会になります。参加者のかなりの人が並びます。私も面が割れていなければ並びたいところですが、私の知らないところで私が原因で殴り合いのケンカになったと以前ネット番組で言っていたので自粛します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

クイズ作りの裏側(その9)

 先日これを書きました。

――――(ここから)――――

 「タカトシのクイズ!サバイバル2」は、読売テレビでは開局55周年記念ドラマのために放送されませんでした。月・火・水の3夜連続でやっていて、「月曜から夜ふかし」は後日放送されましたが、単発のクイズサバイバルについてはそのまま放送中止です。

――――(ここまで)――――

 読売テレビでは今度の日曜日の深夜3時ごろに放送されることがわかりました。

 それではトークセッションです。そういえば、何かの特番で早押しボタンの使い方についてやると言っていましたが、今のところ確認できていません。4問目は古典的ななぞなぞです。
 これで終了して次はクイズ番組優勝経験者を呼びます。今世紀最後ウルトラクイズでニューヨークに行った人とか、クイズ王番組でよく見る人が出てきます。出題者の妻(アタック25やタイムショックで優勝)も登場します。

 1問目、「福岡の石村萬盛堂」で押してホワイトデーを正解。さすがにこのブロックは問題が違います。2問目、先ほど決まったばかりのローマ法王の名前です。この時点ではフランチェスコ1世と報道されていましたが、解答者はフランシスコ1世と言って、出題者は正解にしました。その後、報道の表記がフランシスコ1世に変わって、さらにフランシスコに変わりましたね。この後、サイン会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »