« 第7回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | クイズ作りの裏側(その1) »

2013年3月23日 (土)

第7回エコ甲全国大会(その31)

 昨年7月の「くりぃむクイズ ミラクル9」のビデオを見たら、東国原英夫の波乱軍VS有田の維新軍になっています。今なら間違いなく東国原の方が維新軍になっているでしょう。最近は東国原が出るときは銀シャリの橋本が「大阪のハシモトさん」として出てくるネタもありますが。

 それでは、お引き取りくださ~い、エコノミクス甲子園です。野中ともよが、人生は金融のことをいくら知っていてもポートフォリオ分析がいくらできてもどうということはない、金は道具であって人生の目的にするなと言います。これまでそんなことを言ってたっけ。
 野中が金融知力普及協会を立ち上げたそうです。経団連の奥田とか連合の笹森にかけあったらしい。NPOをつくるときにいきなりそういうトップのところに行くわけか。当時は日本が世界一金持ちでした。確定拠出年金ができるというので金融知力普及協会をつくったそうです。しかし金の目盛りより命の目盛りが大事と言います。

 「まだ参加してない地方がある。信じられない」。現在33地区で予選が行われていますが、全都道府県を目指しているようです。とりあえず、震災を名目に予選をやらなくなった岩手銀行を復帰させろ。
 「金持ってる方がいい、使わん方がいい、転がした方がいいではなく、なんのために生きてるのか」。大会の趣旨を否定する発言が続きます。

 最後にスタッフをしている参加者OBを舞台に上げます。21人います。これが関係者の方か、関係者の方か。
 終了すると、ホールドオンで出場者を紹介するときの音楽がかかります。実は大会のオープニングでもこの曲がかかっていたことがわかりました。しかしスタッフは、これがホールドオンの曲だと気づかずに使っていたらしい。

|

« 第7回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | クイズ作りの裏側(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57018123

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲全国大会(その31):

« 第7回エコ甲全国大会(その30) | トップページ | クイズ作りの裏側(その1) »