« クイズ作りの裏側(その7) | トップページ | クイズ作りの裏側(その9) »

2013年3月31日 (日)

クイズ作りの裏側(その8)

 今日の「シルシルミシルさんデー」で、企業の工場の映像で商品名を当てるというクイズをやっていたのですが、正解したときの音が完全に高校生クイズです。さすが高校生クイズ関係者がスタッフにいるだけあります。ちなみに不正解の音は全然違いました。

 それではトークセッションです。2問目、AKB48の「風は吹いている」から、「風が吹いている」が昨年のオリンピック中継のテーマソングになったアーティストはという問題です。「こんなの、前回より前のが聞かれるわけがないんですから」と言います。
 次は、昭和の日、みどりの日、天皇誕生日だった日はという問題です。4問目「一国を丸く治めた豊臣秀吉の天下統一は西暦何年?」。誰もなかなかボタンを押しません。問題文にちゃんとヒントが入っていると言って、客が感心していますが、そんなヒントがわからなくても小学生のときに覚えないか?

 次の組です。1問目、スイスの首都のベルンからドイツの首都を答える問題。2問目は爆笑問題の2人の名字に共通する漢字。3問目は語源問題です。次の組の1問目は、次の夏季オリンピックの開催都市です。
 2問目「『あ、い、う、え、お』だけしか使っていない元素名は」という問題です。3問目は「『あ、い、う、え、お』しか使っていない兵庫県の市は」です。この後、クイズ王対決。

|

« クイズ作りの裏側(その7) | トップページ | クイズ作りの裏側(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/57077199

この記事へのトラックバック一覧です: クイズ作りの裏側(その8):

« クイズ作りの裏側(その7) | トップページ | クイズ作りの裏側(その9) »