« 第7回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その25) »

2013年3月14日 (木)

第7回エコ甲全国大会(その24)

 ホールドオンを毎日見るのは面倒なので、特別報道や国会中継で放送がなくなるとホッとします。先月末から放送休止が非常に多くて助かります。これが国会中継が14時からだと「国会議員仕事しろ」と思います。

 それでは、また明日、バイバ~イ、エコノミクス甲子園です。決勝はボードクイズ20問です。正解したチームは、「需要曲線を上げる」「需要曲線を下げる」「供給曲線を上げる」「供給曲線を下げる」のいずれかの札を上げます。それに従って、2本の直線が1ずつ左右に動きます。どちらの直線も「上げる」が右です。
 1問終わって需要曲線と供給曲線が動いた後で、ゾーンが中央に向けて縮まります。1問目終了時には(1,1)と(38,38)を頂点とする正方形になります。
 準決勝の得点が1位だった東海へのアドバンテージとして、均衡点が上に0.5動きます。これで(19.5,20)になりました。

 1問目、正解はGDPデフレーターです。東海と渋谷幕張が正解します。両チームとも需要を上げます。2問目の正解はペニーオークション。さすがにこれは全チーム正解です。供給を上げるのと下げるのが2チームずつで、結果として均衡点は動きません。しかしゾーンは狭まります。3問目、一般会計と特別会計で予選が多いのはという二択です。聖光学院のみ不正解です。供給を上げるのが1チーム、供給を下げるのが2チームです。この後、越後製菓。

|

« 第7回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56950570

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲全国大会(その24):

« 第7回エコ甲全国大会(その23) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その25) »