« 第7回エコ甲全国大会(その14) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その16) »

2013年3月 5日 (火)

第7回エコ甲全国大会(その15)

 先日の「クイズ100人力」を見て思い出したこと。「アイアンシェフ」はリポーターに太田真一郎を使っておけばもう少しマシな結果だったのではないか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。第3ラウンドの3問目、法定労働時間は週いくらかという問題です。東海のアピールがうざすぎるためか、投資が智弁に集まります。立川と高岡以外が正解で、智弁が191万円でトップになります。東海は180万円です。
 4問目、高校の地理で習う問題です。宇部に3チームが投資します。宮崎西は挽回を狙って一気に100万円賭けます。栄東と清風南海と宇部が正解します。智弁が201万円でトップになります。宮崎西は188万円で3位に浮上します。

 5問目、「何協定」という問題で、東海はアピールでオタ芸をします。東海への投資が多い。旭川東は160万円すべて賭けます。東海が正解。高岡が「ブレトンウッズ体制」と書いていて、司会が「何協定なので不正解」と言いますが、問題文に「何協定」とあるのなら協定と書いてあるかどうかは判定外だろ。結局、正解になりました。東海が275万円でトップ。旭川東が241万円になります。
 最後の6問目、渋谷幕張への投資が多い。この問題に限って、先に管理通貨制度という正解を発表してから各チームの答えを見ます。宇部と旭川東と渋谷幕張が正解です。この後、あの不祥事に言及。

|

« 第7回エコ甲全国大会(その14) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56891957

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲全国大会(その15):

« 第7回エコ甲全国大会(その14) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その16) »