« 第7回エコ甲全国大会(その10) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その12) »

2013年3月 1日 (金)

第7回エコ甲全国大会(その11)

 2週間前の「ためしてガッテン」をNHKオンデマンドで見ました。50年前にイランで謎の病気が発生して、亜鉛不足が原因であることがわかったというコーナーのタイトルが「知ぃらんかった!亜鉛ふしぎ発見」。明らかにヒトシくん人形の絵が描かれています。そういえばこの番組には板東英二もよく出ていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。ホールの外には、協賛企業のブースが並んでいます。本をただで配っているところもあります。グリーもブースを出しています。というかよくグリーのタイアップがとれたものです。プルデンシャルのブースには早押し機が設置してあります。この早押し機、エコ甲関係者が開発したもので、エコ甲専用モデルなのです。地区大会でも北海道などで使われました。そしてこれを春からレンタルするそうです。このブースで早押し体験をすると、クマのぬいぐるみがもらえます。

 エコ甲のアルバイトたちがいるブースがあります。私が近づくと「関係者の方ですか」と言われそうですが、ここでやっているのがエコノミカというトレーディングカードゲームです。これも金融知力普及協会が経済の勉強のために開発したのです。ここで買うことができます。エコ甲は商売のネタをどんどん広げてきました。

 クイズが再開です。各チームがゼッケンをつけて登場します。金曜日に東京に来て、夜はエコノミカのレクチャーで、土曜日にその大会と筆記クイズ、講演と壁新聞作りがありました。
 司会が「エコノミカはおもしろかったか答えたい人」。サングラスの東海が手を上げます。テレビショッピングみたいなウソのコメントをします。「放課後に7時までやってしまいました」って、おとといの金曜日に東京に来ているのだから、エコノミカを知って以後に放課後を経験してないだろ。この後、サプライズの発表。

|

« 第7回エコ甲全国大会(その10) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56862033

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲全国大会(その11):

« 第7回エコ甲全国大会(その10) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その12) »