« 第7回エコ甲全国大会(その13) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その15) »

2013年3月 4日 (月)

第7回エコ甲全国大会(その14)

 以前このようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 昨夜、関西テレビで「サイコーの問題」という番組をやっていました。出演者がクイズ問題を持ち寄って、出題時と解答後にそれぞれ3つの基準で問題の質を評価するのです。でも最もおもしろかったのは、この後、壇蜜がエロ発言連発という映像でCMに移ったら金麦の檀れいが出てきたことです。

――――(ここまで)――――

 この番組が今月いっぱい、毎週放送されるようです。「頭脳回転ずしQ兵衛」は3カ月で終わりましたが、将来レギュラーになるでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。第3ラウンドのルールの補足です。投資をするのは問題に解答した後です。答えを見せることなく、自分の解答に自信があるチームは投資をアピールします。逆に自分が間違っていたら、投資されると不利になるわけです。制限時間内に投資しないと30万円引かれます。全チーム不正解の場合にどういう扱いになるのかは説明がありませんでした。実際の経済ではそういうこともあり得るわけで、それを見越して投資額を少なくしろということか。
 どのチームにいくら投資するかは、イー・アクセスのタブレット端末で入力します。まさにタイアップです。読売テレビの「ガリゲル」はドコモの一社提供なので、毎回必ずドコモの端末を利用したルーレットなどのアプリが出てきますが、それと同じレベルのことをやっています。

 1問目、Aグループが答えます。4文字の経済用語を答える問題です。東海に投資が集まります。正解は財務諸表で、東海と聖光学院と智弁が正解。東海が138万円でトップになります。Bグループの渋谷幕張が120万円。投資されて間違えた宮崎西は98万円に減ります。
 2問目、Bグループが答えます。栄東へ投資が集まります。正解はフレックスタイム。簡単で、宇部以外正解です。栄東が151万円になります。東海は148万円です。この後、うざくて敬遠。

|

« 第7回エコ甲全国大会(その13) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56883635

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲全国大会(その14):

« 第7回エコ甲全国大会(その13) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その15) »