« 32回青森大会(その1) | トップページ | 32回青森大会(その3) »

2013年2月12日 (火)

32回青森大会(その2)

 2週間前のホールドオンを見たら、この前の「双方向クイズ天下統一」とまったく同じ問題が出ていました。一方のテーマがテレビでもう一方がサルなのに、同じところに行くか。問題を作る人たちが同じコミュニティにいて同じような発想になるのか。

 それでは青森大会です。藤田アナがビクトリーを叫びます。「三十路の男が頑張っております。脇の下気にしなくていいです」。この地区に限ってビクトリーでドライアイスが吹き出します。最後の予選で余ったのか。

 ○×は、「ここ青森はリンゴやカシスの名産地」と言って果物の問題です。このデータはクイズ番組には頻出で、かつては知っていなければいけませんでしたが、逆に今の、草クイズで早押しばかりやっている人には関係ないかもしれません。
 正解の方がかなり多い。ジャングルポケットが出てきます。外の観客を指さして「あの子たちも入れてくれよ」藤田「オーバーエイジですから」。ここのゲームは地団駄です。90秒で350回ですが、クリアしているのに気づかず424までいきます。

 敗者復活戦はただの札上げ三択です。11チームいます。1問目、雑学問題のような書き出しで、実は純粋な知識問題。5チームと5チームと1チームに分かれて5チームが正解です。続行です。2問目は都道府県を答える問題ですが、青森を選んだチームがいません。正解は2チームです。これで終了になります。負けた女子チームに、なくなる学校の最後の卒業生がいます。この後、うんちもらしてる。

|

« 32回青森大会(その1) | トップページ | 32回青森大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56753593

この記事へのトラックバック一覧です: 32回青森大会(その2):

« 32回青森大会(その1) | トップページ | 32回青森大会(その3) »