« 32回山形大会(その7) | トップページ | 32回岩手大会(その1) »

2013年2月 4日 (月)

NHKの過去と未来

 「NHK×日テレ60番勝負」に出た明石家さんまが、「クイズ面白ゼミナール」で鉛筆の芯の話であくびをしていたというのを語っていましたね。他局では何回も聞きましたが、NHKでも言うか。そしてNHKのスタジオにいながら「あんなつまらない話を誰が聞くか」と繰り返します。さらに「連想ゲーム」でも問題が起きてNHKに出なくなったというのは初めて知りました。

 来年度のNHKの番組表が発表されましたが、「クイズ100人力」や「双方向クイズ天下統一」もレギュラー化されることがわかりました(おそらく月1回ぐらい?)。NHKで同時にこんなにクイズ番組をやるのは初めてではないでしょうか。深夜0時台に「クローズアップ現代」の再放送が久しぶりに復活しますが、それならホールドオンを再放送してくれる方が便利なんだけど。

 「NHK思い出テレビ60年」というムックが出ました。過去のNHKのクイズ番組についてもかなり書かれています。「それは私です」とか「シャープさんフラットさん」とか「クイズ百点満点」とか、NHKの歴史を振り返るときにあまり取り上げられないものが出ています。あと、資料として大河ドラマと連続テレビ小説と紅白歌合戦のすべてが載っているので、クイズのネタにはいいのではないでしょうか。そして2012年の番組として「連続クイズ ホールドオン!」に1ページを割いているのです。この番組ってNHKの歴史でそんなに重要なものなのか。

|

« 32回山形大会(その7) | トップページ | 32回岩手大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56699347

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの過去と未来:

« 32回山形大会(その7) | トップページ | 32回岩手大会(その1) »