« NHKの過去と未来 | トップページ | 32回岩手大会(その2) »

2013年2月 5日 (火)

32回岩手大会(その1)

 昨日、「お元気ですか日本列島」を見たら、名古屋局のニュースで、吉田沙保里が母校の中学校で生徒と交流というのがありました。生徒が、表が○で裏が×と書いた紙を上げています。NHKオンデマンドで映像を確認したところ、「第4問 吉田沙保里先輩は48kg級である。○か×か」というのが大画面に表示されていることがわかりました。吉田沙保里が来たら講演するだけでいいんじゃないのか。今、学校行事でもこんなクイズ大会をやっているのか。

 それでは8月9日の岩手大会です。会場は昨年と同じ岩手大学のグラウンドです。開始前に高校生を舞台に上がらせて何か収録しています。住みます芸人「内村航平、意外とわき毛濃い」。
 ロシアンモンキーが出てきます。最多は盛岡第一です。この会場の隣なのだから当たり前です。舞台に上がったのは昨年代表です。表彰状の読み上げが「貴校は岩手大会で、最もチェックのシャツの似合う方として…」。さらに参加者に「今日は1回戦で」「わざと間違う」と言わせます。さらに昨年代表を打倒するというコールをさせます。

 藤田アナが登場します。今朝のスッキリ!で、自分のいないコーナーをやっていたと言います。○×の問題はまた硬貨に関するもので、問題文が不自然です。なぜそんなフレーズを入れる必要がある。圧倒的に多い方が正解です。といっても20チーム台ぐらいですが。
 敗者復活のゲームはバスケットボールです。5球シュートしてゴールに入れば成功です。藤田アナが、自分も高校生クイズに出て負けた話をします。
 5球とも失敗します。すると追加で3球やることになります。その1球目で入りました。この後、放送できないネタ連発。

|

« NHKの過去と未来 | トップページ | 32回岩手大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56705444

この記事へのトラックバック一覧です: 32回岩手大会(その1):

« NHKの過去と未来 | トップページ | 32回岩手大会(その2) »