« 第7回エコ甲全国大会(その6) | トップページ | 重大な変更 »

2013年2月24日 (日)

第7回エコ甲全国大会(その7)

 昨夜のNHKの「セカイオー!」。民放が考える企画をNHKの資金力で実現させたような内容です。番組内で、目標が高視聴率と堂々と言っていましたし。ニューヨーク州でやっている、ルタバガという野菜でカーリングをするのに、日本代表を送り込むのですが、その予選で「ニューヨークへ行きたいかーっ!」。これがやりたいから1本目をニューヨークの競技にしたんじゃないのか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。17問目、正解は確定申告ですが、宇都宮が「自己破産」でブー。旭川東が正解します。これで第1ラウンドが終了です。問題を読んでいたのは愛知銀行の人と言います。

 ここで10分休憩です。壁新聞を見に行くことにします。このクイズのタイトルは「エコノミクス広辞苑」といいます。34チームが6つの班に分かれています。班によってチーム数が変わるのは初めてです。1班が「海岸で景気回復」、2班が「蔵元で景気回復」、3班が「LCD(後発開発途上国)で景気回復」、4班が「がん細胞で景気回復」、5班が「きりきりまいで景気回復」、6班が「おやつでケーキ回復」です。
 私はきりきりまいがよかったと思います。これだけがテーマとしては無理のある単語である中、「ニート」「失業者」「女性」という3本柱を立てて、「せかせか労働する人を増やすこと」を目的としています。海岸と蔵元とおやつは、内容的に完全にかぶっています。地域の魅力を発信するイベントみたいなものです。具体的には富士宮のやきそばのような。プレゼンクイズも回を重ねると、だんだん発表内容のパターンが固定化してきました。この後、警察が張るテープ。

|

« 第7回エコ甲全国大会(その6) | トップページ | 重大な変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56829360

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲全国大会(その7):

« 第7回エコ甲全国大会(その6) | トップページ | 重大な変更 »