« 32回山形大会(その4) | トップページ | 32回山形大会(その6) »

2013年2月 1日 (金)

32回山形大会(その5)

 今日からNHKでテレビ60周年の特番シリーズが始まりましたが、「忘れられない名番組」では、クイズ番組もいくつか出ていました。でもおもしろかったのは、秋元康が出てくるとデータ放送に「今話題の秋元康」などというツイートがどんどん流れることです。「NEWS WEB24」でのノウハウが生かされています。

 それでは山形大会です。最多枠の山辺は女子です。「優勝は無理な気もするので、元気よさだけは負けないように」。リーダーはミニーマウスをイメージしただんごの髪型です。長井は3年で、「県で頂きを取って全国で映りたい」。藤田アナが長井に、ずいぶん遠くから来たと言いますが、それは鶴岡や酒田に失礼ではないでしょうか。
 鶴岡南の1チーム目は3年2人と2年です。チームを集めるのも大変だったそうです。3連覇したいと言います。もう1チームは2年で、100円ショップのはっぴのチームです。クイズ研だということですが、3人とも違う部活に入っていてクイズ研を兼務しているそうです。リーダーは極真空手部で、型を見せます。
 酒田東に藤田アナが、「優勝すれば第21回ということになります」と言うと、「そうなんですか」。そりゃ知らないでしょう。藤田アナはいちいち自分の担当する県の過去の代表を調べてきています。山形東は「思い出づくりだったが一番を目指したい」。ちなみに麦わら帽子の長井と酒田東を除く4チームが敗者復活です。この復活率の高さは異例です。

 1問目は山形東が正解。2問目、北海道の問題で山形東が正解。秋田では福井の問題が出るなど、他地域の問題がよく出ます。3問目の正解は「片棒を担ぐ」ですが、鶴岡南の3年が「縁」と答えて不正解。この後、0.2秒足りない。

|

« 32回山形大会(その4) | トップページ | 32回山形大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56675837

この記事へのトラックバック一覧です: 32回山形大会(その5):

« 32回山形大会(その4) | トップページ | 32回山形大会(その6) »