« 第7回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その8) »

2013年2月25日 (月)

重大な変更

 当ブログで、ヤフーに取り上げられて1日3万回読まれた記事に次のようなことを書いていました。

――――(ここから)――――

 先日、朝日放送で3カ月ぐらい前の「濱キス」が放送されていました。漢字の読みに30問連続正解するまで帰れないのですが、最後の方の問題以外は簡単で、あれをキスマイが手分けして覚えた上でそれでも答えられないというのはいかがなものか。この企画当日までこれらの熟語を全員が知らなかったということが驚きで、企画が成立していること自体「ジャニーズは馬鹿です」と言ってるようなものです(番組のために知らないふりをしているのでなければ)。

――――(ここまで)――――

 昨夜、朝日放送でまたいつのかわからない「キス濱ラーニング」が放送されていたのですが、県庁所在地を10問連続正解できるまでせんべいを食べ続けないといけないという企画で、間違いだらけだし正解でも迷いまくります。小学校で習うことで、しかも都市名が書かれたせんべいの中から答えを選ぶだけなのに。この企画が成立するようなできの悪さって、もはやヤラセにしか見えません。

 さて、講談社の雑誌「IN★POCKET」に「双月高校、クイズ日和」の作者と福留功男の対談が載っているというので探しましたが全然見つかりません。なんかものすごく重大なことが載っているらしいのですが。どのくらい発行されているのでしょうか。私が高校生のころには「インポじゃなくてIN★POCKET」とかいうラジオCMをやっていましたが、今は講談社のラジオCM自体があるでしょうか。

 発売日から10日たって手に入れました。ちなみに売っている店では講談社文庫の棚に置いてあるはずです。
 だいたい、文庫のあとがきと解説で読んだ話ですが、後半で福留が、ウルトラクイズではいかにクイズ研を勝たせないようにするかが番組制作の課題だったと言います。そしてここ5年の高校生クイズを批判した上で、高校生クイズのプロデューサーから、今年から元に戻すという連絡を受けたので期待してくれと明言しているのです。これ、完全に確定じゃないか。これを読んでいながら「又聞きで全然あてにならない情報だ」みたいなツイートをしている人がいましたが、どうかしてるんじゃないか。28回のときに従来のクイズファンからたたかれたように、今の高クイになってから知ったマニアは元に戻るのをいやがるということか。
 高クイでバリバリのクイズ研を排除するには、地区大会の敗者復活をあんな形式・問題にしないということとペーパークイズをやらないというだけですぐに実現します。難問早押しばかりやる人は○×を勉強する気はないようですし。
 それにしても、あれだけ東大東大とあおって、重箱の隅をつつくような学問用語を知っている人が日本を救うなどと持ち上げておきながら、視聴率が急降下したらそんな価値観はどこへやら。大人を信じたら大変です。

|

« 第7回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その8) »

コメント

どこまで現在の路線から変更になるかですよね。
少なくとも23回24回みたいな路線はあり得ないかと思います。
現在の路線のテイストは多少残り、25~27回の路線に少しでも近くなるのかなというのが一番あり得る路線ではないでしょうか。
地区大会も20会場位になると思います。
体力系のクイズは復活するかはわかりませんが。
全ては事前番組ですね。誰がナレーションかというのは重要なファクターではないかと。
あとは沖縄大会のレギュレーションですね。

投稿: cocoji | 2013年2月25日 (月) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56835719

この記事へのトラックバック一覧です: 重大な変更:

« 第7回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第7回エコ甲全国大会(その8) »