« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

第7回エコ甲全国大会(その10)

 本日の「徹子の部屋」は中江有里でした。「週刊ブックレビュー」で北海道に行ったとき、児玉清とタクシーに乗っていたら、道端の一般人が「アタックチャンスやってー」と言って、児玉は窓を開けて「アタックチャーンス」をやったそうです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。第2ラウンドの4問目。「ここはどこ」です。第1ヒント、グーグルマップで日本全体の東京あたりに印がついています。これで正解が2チーム出ます。エコノミクス甲子園で出題されるということでだいたい特定されます。これで正解が出たということ自体もヒントになります。
 第2ヒント、関東まで拡大されます。正解チームが連発です。第3ヒントは東京駅付近の航空写真まで拡大されます。第4ヒント、建物を上から見た「円」の形です。最後まで答えなかったのが1チームいます。

 問題を読んだのがりそな銀行であることが紹介されて終わります。11時15分で昼食休憩になります。「会場では飲食できません」。予定より早く進んでいるので、この後の日程を繰り上げるそうです。こういうイベントで、早く進んで予定を繰り上げるって聞いたことがありません。壁新聞の投票はこの休みまでです。
 ロビーのテレビでは地区大会のすべての地方銀行のCMと、代表チームの意気込みが交互に流れます。ケンミンSHOWで取り上げられた宮崎銀行のCMソングを見ようと思ったら、今、一般人がこれを歌うコンテストをやっているそうです。この後、クマのぬいぐるみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

第7回エコ甲全国大会(その9)

 河北新報にこういう記事が。

――――(ここから)――――

ムーミン谷、今夏出現 仙台・七北田公園に滑り台など17台
 仙台市泉区の七北田公園に今夏、「ムーミン谷」ができる。フィンランドから贈られたムーミンのキャラクターがデザインされたブランコや滑り台、シーソーを園内に設置する。(中略) 置かれる遊具は、フィンランドの企業が製造したブランコや滑り台、シーソーなど計17台(約720万円相当)。ムーミン一家やスナフキンなど、おなじみのキャラクターが描かれている。(中略)「わんぱく大地」周辺の約1ヘクタールに、既存の樹木を生かした形で遊具を配置する。夏休み前の完成を目指し、13年度当初予算案に関連事業費約650万円を計上した。

――――(ここまで)――――

 今年の高クイの宮城大会だか東北大会だかでは、これを使ったクイズはあるのでしょうか。そういえば地区大会で移動するようになるのか?

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。第2ラウンドの2問目は人物を答える問題です。第1ヒントは、誰だかわからない外国人の顔です。この人と関係ある人物ということか。このヒントだけで正解したチームがいます。第2ヒントは著書です。私は知りませんが、かなり正解が出ます。
 第3ヒント、「オリコン2010年本ランキング1位」。正解するチームも不正解のチームもいます。第4ヒントは、高校野球の女子マネージャーが何か読む小説です。最初のヒントって、ズバリ当人の写真だったのか。人物を当てる映像クイズで、最初のヒントが本人の写真って聞いたことがありません。

 3問目はプルデンシャル問題です。ここでもタイアップが。保険の種類を答えるという問題です。第1ヒントは年齢と死亡保険金の額のグラフです。東海が正解します。第2ヒントは、そのグラフに一部の単語が追加されます。ずっと不正解が続きます。第3ヒントはさらに説明文が追加されます。第4ヒントはさらに説明文が追加されます。2チーム誤答します。最後まで答えないチームもいました。この後、ケンミンSHOW。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

第7回エコ甲全国大会(その8)

 毎日放送の「パテナの神様」のVTRの演出が、だんだん「シルシルミシルさんデー」に似てきました。と思っていたら、先週の放送で、TSUTAYAで映画の宣伝のPOPを考える人を取り上げていました。その最後で当人が「実はテレビ初取材ではありません」と言います。すると画面いっぱいに「シルシルミシルで放送してた」という文字が。やっぱり意識してるんじゃないか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。今年もUSTREAMで配信されましたが、壁新聞の内容はネットで見ている人にはまったくわかりません。サイトに載せればいいのに。

 今回、舞台に幕があって、休憩のたびにいちいち閉じられます。幕が開くと全チームが立っていて、その前に警察が現場に張るテープです。この意味は最後までわかりませんでした。
 第2ラウンドのタイトルは「リスクリターン!VISUAL連想クイズ」です。4枚の画像をヒントに正解を当てるというものです。答えるときは判定員に耳打ちします。各チームは1問につき1回しか答えられません。1枚目で正解すると20点、1枚目で不正解だと0点、2枚目で正解すると14点、2枚目で不正解だとマイナス2点、3枚目で正解すると8点、3枚目で不正解だとマイナス8点、4枚目で正解すると2点、4枚目で不正解だとマイナス14点です。もちろん最後まで答えなくても構いません。全部で4問出ます。

 1問目、経済史上の言葉です。第1ヒントは毎日新聞の紙面です。新日鉄の合併について。ここで答えたチームはすべて不正解です。第2ヒントは車とクーラーとカラーテレビの写真です。大量のチームが答えますがすべて不正解です。第3ヒント、景気のグラフです。1カ所「?」になっています。ここで立て続けに正解が出ます。全チームが答えたのでこれで終了です。ちなみに第4ヒントは神の絵でした。この後、またタイアップ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

重大な変更

 当ブログで、ヤフーに取り上げられて1日3万回読まれた記事に次のようなことを書いていました。

――――(ここから)――――

 先日、朝日放送で3カ月ぐらい前の「濱キス」が放送されていました。漢字の読みに30問連続正解するまで帰れないのですが、最後の方の問題以外は簡単で、あれをキスマイが手分けして覚えた上でそれでも答えられないというのはいかがなものか。この企画当日までこれらの熟語を全員が知らなかったということが驚きで、企画が成立していること自体「ジャニーズは馬鹿です」と言ってるようなものです(番組のために知らないふりをしているのでなければ)。

――――(ここまで)――――

 昨夜、朝日放送でまたいつのかわからない「キス濱ラーニング」が放送されていたのですが、県庁所在地を10問連続正解できるまでせんべいを食べ続けないといけないという企画で、間違いだらけだし正解でも迷いまくります。小学校で習うことで、しかも都市名が書かれたせんべいの中から答えを選ぶだけなのに。この企画が成立するようなできの悪さって、もはやヤラセにしか見えません。

 さて、講談社の雑誌「IN★POCKET」に「双月高校、クイズ日和」の作者と福留功男の対談が載っているというので探しましたが全然見つかりません。なんかものすごく重大なことが載っているらしいのですが。どのくらい発行されているのでしょうか。私が高校生のころには「インポじゃなくてIN★POCKET」とかいうラジオCMをやっていましたが、今は講談社のラジオCM自体があるでしょうか。

 発売日から10日たって手に入れました。ちなみに売っている店では講談社文庫の棚に置いてあるはずです。
 だいたい、文庫のあとがきと解説で読んだ話ですが、後半で福留が、ウルトラクイズではいかにクイズ研を勝たせないようにするかが番組制作の課題だったと言います。そしてここ5年の高校生クイズを批判した上で、高校生クイズのプロデューサーから、今年から元に戻すという連絡を受けたので期待してくれと明言しているのです。これ、完全に確定じゃないか。これを読んでいながら「又聞きで全然あてにならない情報だ」みたいなツイートをしている人がいましたが、どうかしてるんじゃないか。28回のときに従来のクイズファンからたたかれたように、今の高クイになってから知ったマニアは元に戻るのをいやがるということか。
 高クイでバリバリのクイズ研を排除するには、地区大会の敗者復活をあんな形式・問題にしないということとペーパークイズをやらないというだけですぐに実現します。難問早押しばかりやる人は○×を勉強する気はないようですし。
 それにしても、あれだけ東大東大とあおって、重箱の隅をつつくような学問用語を知っている人が日本を救うなどと持ち上げておきながら、視聴率が急降下したらそんな価値観はどこへやら。大人を信じたら大変です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

第7回エコ甲全国大会(その7)

 昨夜のNHKの「セカイオー!」。民放が考える企画をNHKの資金力で実現させたような内容です。番組内で、目標が高視聴率と堂々と言っていましたし。ニューヨーク州でやっている、ルタバガという野菜でカーリングをするのに、日本代表を送り込むのですが、その予選で「ニューヨークへ行きたいかーっ!」。これがやりたいから1本目をニューヨークの競技にしたんじゃないのか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。17問目、正解は確定申告ですが、宇都宮が「自己破産」でブー。旭川東が正解します。これで第1ラウンドが終了です。問題を読んでいたのは愛知銀行の人と言います。

 ここで10分休憩です。壁新聞を見に行くことにします。このクイズのタイトルは「エコノミクス広辞苑」といいます。34チームが6つの班に分かれています。班によってチーム数が変わるのは初めてです。1班が「海岸で景気回復」、2班が「蔵元で景気回復」、3班が「LCD(後発開発途上国)で景気回復」、4班が「がん細胞で景気回復」、5班が「きりきりまいで景気回復」、6班が「おやつでケーキ回復」です。
 私はきりきりまいがよかったと思います。これだけがテーマとしては無理のある単語である中、「ニート」「失業者」「女性」という3本柱を立てて、「せかせか労働する人を増やすこと」を目的としています。海岸と蔵元とおやつは、内容的に完全にかぶっています。地域の魅力を発信するイベントみたいなものです。具体的には富士宮のやきそばのような。プレゼンクイズも回を重ねると、だんだん発表内容のパターンが固定化してきました。この後、警察が張るテープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

第7回エコ甲全国大会(その6)

 今週の「すイエんサー」は1年ぐらい前の再放送でしたが、果物と野菜の中からイチゴと同じ仲間のものを選ぶというところで、教授が「Sweet Answer?」。ここからBGMがクイズ$ミリオネアになります。画面に出る字幕が、ミリオネアそのものです。正月にフジテレビでやっていたミリオネアよりはるかにミリオネアっぽい。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。15問目、主婦は労働力人口か非労働力人口かという問題です。修猷館が押して労働力人口と答えます。ブーです。二択でダブルチャンスありだと、こういうしょうもない展開になります。次に押したのはラ・サールです。「労働力人口」。場内爆笑です。二択でダブルチャンスありなのに、こんなにおもしろい展開になるのか。長崎商が正解します。

 沖縄代表の那覇国際とインターネット大会代表の宇都宮が入ります。インターネット大会とはどういうものか宇都宮に説明させます。高校生クイズと違って、地区大会のない県だけが対象です。ネットで問題が発表されて、解答はファックスで送ります。論述問題や図を描く問題もあります。女の司会が「インターネットを使ってるのにファックスか」とバカにしたように言いますが、あんたらがルールを作ったんだろ!

 16問目、那覇国際が「三位一体の改革」でブー。宇都宮が「地方交付税交付金」でブー。宮崎西が「ふるさと納税」で正解です。旭川東と仙台第二が再び入ってきます。仙台第二ははちまきをしています。「さっきつけるのを忘れてた」。この後、きりきりまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

第7回エコ甲全国大会(その5)

 先日、大根仁がこんなツイートを。

――――(ここから)――――

大根仁 ‏@hitoshione
ぼぉーっと視聴率表観てたら、なに?このタイトル?木曜8時とは思えない!しかも数字悪い!超気になる!調べないけど。 http://lockerz.com/s/283967056

――――(ここまで)――――

 テレビのプロにも認識されていないほどの「イカさま☆タコさま」です。あの番組は、深夜番組→ゴールデンのローカル枠→ゴールデンの全国ネットときて予算が増えるほど余計なことをやってつまらなくなる番組の典型です。先日の「リミッターズ・ハイ」もレギュラー化したらそうなりそうな予感をちょっと感じさせました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。10問目、清風南海が独占禁止法を正解。岡山代表の岡山城東と広島代表の修道が入ってきます。岡山城東は、女子が先輩の男子を誘ったそうです。男子は3年生で、今日が入試の合格発表だということです。この会場で「不合格でした」という発表があるかもしれません。
 11問目は岡山城東が正解。山口代表の宇部と徳島代表の徳島城ノ内が入ります。12問目はプルデンシャル問題です。また生命保険に関する用語で、岡山城東が正解します。

 香川代表の高松と愛媛代表の松山西中等教育が入ります。松山西は混成で、こちらは男子の方が誘ったそうです。13問目、松山西が正解します。
 福岡代表の修猷館と長崎代表の長崎商が入ります。長崎商は女子の3年生です。この大会は金曜日から東京に来させていますが、自宅学習期間だったため学校は休まずに済んでいるそうです。一方のメンバーが、長崎大会を開催する十八銀行に内定しています。
 14問目、修猷館が正解します。宮崎代表の宮崎西と鹿児島代表のラ・サールが入ります。宮崎西は混成です。過去の優勝校はラ・サールしかいません。「1回、4回で優勝しているので、順番でいうと優勝」。宮崎西の男子のはちまきに「Q」と書いてあって、司会が引いています。この後、二択で大ボケ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

第7回エコ甲全国大会(その4)

 昨日の水曜プレミアシネマで「スラムドッグ$ミリオネア」をやっていましたが、最後の2000万ルピーの問題がそれほど難しくありませんでした。私は選択肢なしで答えられました。映画だからああなのか、そもそもインドだとあのくらいの問題なのか。日本で芸能人が答えるレベルです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。7問目、甲府南がFTAと答えて不正解。金大附属がTPPで正解です。静岡代表の三島と愛知代表の東海が入ります。東海はサングラスをしています。受け答えもふざけています。毎回1チームぐらいはこういうところがあります。
 8問目、東海が正解。今度は三重代表の三重と大阪代表の清風南海が入ってきます。9問目、また東海が正解します。ふざけている割にはこれでトップです。

 奈良代表の智弁学園奈良カレッジ高等部と島根代表の松江北が入ります。智弁は女子です。智弁の表記が「智弁奈良」になっています。普通そんな言い方はしないが、と思ったら、高校野球で有名な智弁学園とは違う場所にあることがわかりました。両チームに、地区大会で優勝して反応はどうだったかと聞きますが、まったくないそうです。そりゃ、地区大会を完全非公開にして報道もほとんどされないんだから、反応があるわけないだろ。この後、合格発表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

第7回エコ甲全国大会(その3)

 「妹のジンテーゼ」の3巻が出ました。

 これって原作者はもしドラの岩崎夏海だったんですね。そういえばエコノミクス甲子園に岩崎を呼ぶというのはどうでしょう。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。観客席は満員ですが、ほとんどが出場チームの関係者のようです。司会は第1回からずっとやっている女と学生の男です。後でわかったところでは東大生らしい。
 3問目、「年金は何歳」というところで栄東が押してブー、富岡が押してブー、福島が押してブー。竹園がようやく20歳と答えます。千葉代表の渋谷幕張と東京代表の立川が入ります。4問目の正解はユーロですが、立川が間違えて栄東が正解です。このラウンドの問題は地区大会並みのレベルです。
 神奈川代表の聖光学院と富山代表の高岡が入ります。高岡はチーム名からして昨年代表か。5問目、渋谷幕張が財務省を正解。石川代表の金沢大学人間社会学域学校教育学類附属と福井代表の藤島が入ります。金大附属は男女混成、藤島は女子です。

 6問目はプルデンシャル問題です。プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命の人が問題を読みます。至るところにタイアップを入れてくるエコ甲主催者の営業力は大したものです。問題は生命保険に関するものです。聖光学院が正解します。
 山梨代表の甲府南と岐阜代表の岐阜が入ります。女の司会が岐阜に「髪切った?」と聞きます。「2週間ほど前」「それはこの大会のため?」「いや、ちょっと違う理由で」。この後、サングラス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

TBSラジオで高クイ

 今回はすべてTBSラジオの話です。先週火曜日の「Wanted!!」。福澤朗が、会社員生活で最も心身ともにつらかった仕事は、15回ウルトラクイズの東京ドームでの登場だと言っていました。あのとき福澤は、バックスクリーンから司会席まで「ニューヨークへジャストミーーーーーーーーーーーーーーー」と一度も息継ぎせず叫びながら走り切りましたが、あれは呼吸困難になって倒れたらこの司会をやらなくてすむと思ってやったら司会席まで着いてしまったそうです。

 先週月曜日の「たまむすび」のメールのテーマは「これの復活希望します」。こういうのだと絶対に、アメリカ横断ウルトラクイズと書いてくるヤツがいます。もう聞き飽きました。赤江珠緒「うちのスタッフが出た人いるらしいですよ…あ、高校生クイズか」。それって小島慶子時代からスタッフをやっていて、震災の翌日にいわき市のクイズ関係者に電話をつないだ人か。

 そしてその人と思われるプロデューサーについて。書店でたまたま

 この本を手にとって、たまたま開いたページに「高校生クイズ」の文字が。都立国立高校のクイズ研究会にいたが、試合といえば年に1回の高校生クイズだけ。それで自分たちで組織をつくって自主的な大会を開こうというので、関東周辺のクイズ研がありそうな学校に、(実際はあるかどうかわからないのに)クイズ研に手紙を出して、組織づくりを呼びかけたそうです。その結果、10校ぐらいの返信があって、それが「関東クイズ連合」の母体になったということです。「関クイ連の活動はいまだに続いているみたいです」と書いてあるので、現状はよく知らないようです。今はすごく権力のある組織になっているようですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

第7回エコ甲全国大会(その2)

 本日TBSでやっていた「え!これ知らなかったの?」。生活の常識や雑学の問題がひたすら出続けて6人の芸能人が答えを書くというだけの極めて単純な内容です。常識クイズ路線が究極まで行くとこうなるのか。クイズ神で出た問題も複数出ていました。そして驚いたのは、「トリビアの泉で放送された情報」として出題されていた問題が複数あったことです。ついにクイズ界のネタの枯渇は、他局の番組名を明示的に出してパクるところまできたのか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。イイノホールの受付を通ると、壁新聞が張ってあります。今年のプレゼンクイズは、舞台での発表に代えてこういう形式になりました。6グループがそれぞれ「○○で景気回復」というテーマで書いているのです。○○の部分は広辞苑のページをランダムに選んで決められました。これに観客が投票するようになっています。

 応援用の細長いバルーンを渡されます。会場に入ると、もうクイズが始まっています。第1ラウンドのタイトルもルールもわかりません。早押し機が4台並んでいます。出てきたのが、北海道代表の旭川東、宮城代表の仙台第二、秋田代表の秋田、山形代表の山形東です。今回は出場チーム紹介に時間をかけないために、クイズと組み合わせられました。1チームずつインタビューします。
 1問目、「固定資産」を仙台第二が正解。すると、旭川東と秋田が退場して、福島代表の福島と茨城代表の竹園が入ってきます。福島は男女混成です。
 2問目、福島が早く押してペイオフと答えてブー。竹園が預金保険制度と答えてブー。秋田が押してブー。問題が最後まで流れますが、山形東も答えられません。すると秋田と山形東が退場して、群馬代表の富岡と埼玉代表の栄東が入ります。ルールが飲み込めてきました。全チームに2問ずつ答えるチャンスがあります。1問正解につき10点です。後で調べたところ、クイズのタイトルは「大発会!早押しクイズ」でした。この後、理由はバレンタイン?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

第7回エコ甲全国大会(その1)

 昨日、たまたま電車の中で拾った日刊スポーツを読んでいたら、ニッポンの元気探し隊というコラムに、埼玉県庁のクイズ王が出ているではないか。しかも翌日に続くというので今日も入手したら、埼玉クイズ王決定戦をやっているという話が出ています。ちょうど今日が最後の予選です。

 しかし私はそちらには行かず、別のクイズ大会にやってきました。高校生に金融知力を身につけさせるとかいうやつです。地区大会には徹底的に観覧者を入れないようにしているのに、全国大会だけは見に来てくれと宣伝しています。今回の会場は霞が関にあるイイノホールです。前回と比べると交通の便はかなりいい場所です。この辺りには何百回来たかわかりませんが、この建物に入ったことはありません。

 クイズ開始の10時から数分遅れて会場にやってきました。あまり早く来ると、アルバイトの学生が「関係者の方ですか、関係者の方ですか」と排除してくるかもしれません。受付の直近にあるホールの扉からは入れません。ここが「関係者専用」になっていて、おじいさんもわざわざ階段を登らされて客席の一番後ろから入らされています。客席の9列目と10列目の間が通路になっていて、その横に下の入口があるのですが、わざわざ10列目までを関係者席にして、通路を一般が使えないようにしているのです。関係者席を9列目までに収めれば済むことではないか。あるいは階段の上にある協賛各社のブースを通らせたいからこうなったのか。
 あと、9列目の後ろに、巨大なモニターが左右2カ所に置かれています。しかしこのために舞台が見えないという本末転倒です。舞台の大画面と同じ表示で、客席から十分見えているのだから意味がないではないか。一通り運営の批判をしたところで、次回からクイズについて書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

32回青森大会(その6)

 トキがコウノトリ目からペリカン目に変わっていたというニュースがありましたね。私は、「○○は何科?」という問題が最も意味がないと思っています。一応、分類自体を学問にしている人もいるわけですが、まさにクイズ大会で答えるためだけにしか存在しない知識。クイズのおもしろさが伝わらない感じがします。

 それでは青森大会です。決勝の9問目、「サトウキビ、トウモロコシ、小麦は何科」。なんかそういう問題は意味がないと言っている人がいましたが、弘前が正解して王手です。弘前のもう一方は1問も答えていません。藤田アナが「同級生が行ってしまうぞ」と言うと「頑張ってほしいです」。
 10問目「バスチーユ牢獄」で王手の弘前が押します。これで決定か。しかし「清教徒革命」と答えて不正解。11問目、青森が正解してこちらが王手になります。
 12問目「織姫は何座」で弘前が押します。しかし「はくちょう座」で不正解。13問目、青森が正解して逆転勝利です。

 青森の勝ったチームは昨年決勝で負けましたが、今年は都合が悪いというメンバーを替えているそうです。リーダーは母親と離れて暮らしています。盆に帰れないと連絡するそうです。
 負けた弘前は「中学のときに歴史を勉強しておけばよかった」。八戸高専の最多枠は、早押しボタンのことを指して「この子と仲良くなりたい」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

32回青森大会(その5)

 この前これを書きました。

――――(ここから)――――

 昨年秋に関西テレビで放送された「クイズ ハキダセ!!」の第2弾が今週末に放送されます。高校生クイズ作家がかかわっています。前回はコーナーによってできのよさに差がありました。これが改善されたでしょうか。これも「リミッターズ・ハイ」みたいに全国ネットを狙っているのかな。

――――(ここまで)――――

 今回すでに全国ネットでした。

 それでは青森大会です。決勝の最多枠は八戸高専の3年。このチームにはロボコン部がいて、高専ロボコンで全国大会に出たそうです。青森の2年は去年決勝で負けました。弘前の2年は「百科部」というところに所属しています。クイズ研のことをこう呼ぶそうです。弘前のもう1チームも百科部です。最初のチームを「ライバル視していません」。
 八戸高専の5年は、1年のときに出て○×で敗退しています。リーダーが空手をやります。青森の1年は、朝にパン2枚と、牛乳とバナナを混ぜたのを食べたそうです。それで○×がバナナの問題でした。ということで、青森市と八戸市と弘前市が2チームずつです。

 1問目は弘前が正解。2問目、スポーツの問題で青森の1年が間違えます。3問目は漫画で弘前が正解。4問目、4の4乗で、八戸高専の最多枠が「126」と答えます。5問目「ローマ市内にある世界最小の」で青森の2年が正解。6問目は弘前が正解して3ポイントです。
 7問目、青森の2年が希硫酸を正解。そして8問目、「初音ミク」で青森の2年がボーカロイドを正解します。これでトップに並びます。藤田アナが「初音ミクで答える方が、希硫酸よりうれしそう」。この後、この子と仲良くなりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

32回青森大会(その4)

 昨日の「はなまるマーケット」。田原総一朗は中学生のとき、五山文学は何時代かという問題に対し、鎌倉時代だけでなく室町時代にもあることを事前に知っていた上でわざと不正解の室町時代と書いて、後で教師に資料を見せるといったことを繰り返したところ、その教師は退職したそうです。当時からこうやって人を辞めさせて、その後首相を3人辞めさせたと言っていましたが、クイズ制作者でなくても別解があると人生にかかわるということです。

 それでは青森大会です。抽選会に藤田アナが乱入してきて出したのは、芸人とAKBのサイン入りパラソルです。山形の他にもう1本あったのか! たまたま予選の開催順が最後だからこんな賞品があるというのが納得いきませんが。誰のサインかいちいち読み上げます。藤田アナもサインします。そして、当たった人はパラソルの画像をネットに上げてはいけないと言います。でも高校生たちがパラソルの写真を撮りまくっていましたが。ジャンケンで勝ったのは昨年代表? スタッフが紙を渡して、どれが誰のサインかいちいち説明しています。

 ペーパークイズの結果発表は1列5チームです。八戸高専のトップのチームは最後尾にいます。1列目は全部女子でブー。2列目がファンファーレ。勝ったのは青森の昨年決勝で負けたチームです。3列目には今年度でなくなる高校がいますがブー。4列目はファンファーレで勝ったのは弘前です。すでにこの時点で青森市、八戸市、弘前市がそろいました。
 5列目はブー。6列目はファンファーレで弘前です。7列目はブー。これで最後尾の8列目に勝者が2チームいることが確定しました。八戸高専と青森です。

 決勝を前にジャングルポケットが「東京へ行こうね」「歌舞伎町で遊ぼう」。この後、謎のクイズ研名称。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

32回青森大会(その3)

 昨年秋に関西テレビで放送された「クイズ ハキダセ!!」の第2弾が今週末に放送されます。高校生クイズ作家がかかわっています。前回はコーナーによってできのよさに差がありました。これが改善されたでしょうか。これも「リミッターズ・ハイ」みたいに全国ネットを狙っているのかな。

 それでは青森大会です。ペーパークイズの前にスタッフが、明日から全国大会に来られるかとしつこく確認します。ペーパークイズの1問目は、ジャングルポケットのメンバーの実家は何の店かというものです。正解発表で、「高校生クイズに出たと言ったら98%オフにします。その情報、今すぐネットに流してください」。
 住みます芸人のライブです。地元で活動していても、知らない人が大半です。続いてジャングルポケットのライブ。最初に宣言した通り、高校生をネタに参加させます。選ばれた女子と打ち合わせ中に、不良の高校の文化祭に行った話と女子大の学園祭に行った話をします。ネタの中で女子高生がやったのは、ほとんどうんちをもらしているという役です。

 抽選会です。ここはヤングエース抽選券を持ってきた人がいました。ナナマルサンバツが登録番号1番のチームに当たります。するとドラッグ&ドロップも1番に。涼宮ハルヒも1番に。結局、1番で応募するようなチームが3人それぞれ抽選券を持ってきただけなのでした。
 Jリーグのチームがない地区はJリーグセットの代わりに蛍光ペンです。この地区も靴べらで笑いが起こります。そして年金手帳ケースもあります。ジャングルポケットからはDVDです。
 ここで藤田アナが「ちょっと待った」と入ってきます。31回以降で初めてか。この後、ネットに上げるな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

32回青森大会(その2)

 2週間前のホールドオンを見たら、この前の「双方向クイズ天下統一」とまったく同じ問題が出ていました。一方のテーマがテレビでもう一方がサルなのに、同じところに行くか。問題を作る人たちが同じコミュニティにいて同じような発想になるのか。

 それでは青森大会です。藤田アナがビクトリーを叫びます。「三十路の男が頑張っております。脇の下気にしなくていいです」。この地区に限ってビクトリーでドライアイスが吹き出します。最後の予選で余ったのか。

 ○×は、「ここ青森はリンゴやカシスの名産地」と言って果物の問題です。このデータはクイズ番組には頻出で、かつては知っていなければいけませんでしたが、逆に今の、草クイズで早押しばかりやっている人には関係ないかもしれません。
 正解の方がかなり多い。ジャングルポケットが出てきます。外の観客を指さして「あの子たちも入れてくれよ」藤田「オーバーエイジですから」。ここのゲームは地団駄です。90秒で350回ですが、クリアしているのに気づかず424までいきます。

 敗者復活戦はただの札上げ三択です。11チームいます。1問目、雑学問題のような書き出しで、実は純粋な知識問題。5チームと5チームと1チームに分かれて5チームが正解です。続行です。2問目は都道府県を答える問題ですが、青森を選んだチームがいません。正解は2チームです。これで終了になります。負けた女子チームに、なくなる学校の最後の卒業生がいます。この後、うんちもらしてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

32回青森大会(その1)

 遠隔操作ウイルスの事件で気になるのは、真犯人と思われる人物が警察などに送ったパズルです。問題を公開してくれ。そして警察は本当にそれを解いて江ノ島に行ったのか?

 それでは8月10日の青森大会です。地区大会が8月10日に突入するのは珍しい。会場が増えすぎです。昨年に続き合浦公園です。
 住みます芸人は、口笛を吹きながらオカリナを吹くという芸をします。「タオルはクイズのときに楽しいことで使います」と言います。次はジャングルポケットが出ると先に予告します。

 ジャングルポケットが出てきて、スタッフTシャツのサイズがでかすぎると言います。LLしかありません。「これからねぶた祭りが始まります」「終わりましたよ」。最多参加校の発表で「国立…」と言ってためますが、この時点でどこかわかるではないか。それにしても青森市での大会で八戸高専が最多になるか。表彰をしているときにジャングルポケットのメンバーが「頑張りたいと思います」「おまえはいいんだよ」。ガチ宣言で、高校生の代表と一緒にネタをやるそうです。舞台を降りるときに「ねぶた祭り終わっちゃったんだ」「終わったよ」。

 藤田アナの第一声は「RABスッキリ!の藤田大介が東京・日本テレビよりここに参上」。クイズを決めてスッキリ東京に行っていただきたいと思いますと言って、「明日のはやて22号に乗ってもらう」。そして8月11日から16日ぐらいまでヒマだという人に手を上げさせます。この後、オーバーエイジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

日本人の質問(その62)

 「噂の!東京マガジン」で、杉並区で約60年前の公園計画が突然動き出して、100戸ぐらいの家が数年以内に立ち退かされるというのをやっていました。予定地にはすでに企業のグラウンドが3つあって災害時の避難所にもなっているのですが、くっついている部分が短くて全体がひょうたん型になっているので、くびれたところの家を第1次計画として立ち退かせるというのです。これについて清水國明が「(人を移動させて)○×ゲームをやるわけでもないんやし」深沢邦之が「イエスかノーかとか」。グラウンドで人が動くというとあのクイズというぐらい、あの企画は印象に残っているのか。

 それではテレビ60周年で久しぶりの「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

関ケ原の戦いに遅刻した徳川秀忠が、大阪冬の陣でも遅刻しそうになったとき、徳川家康にどんな言い逃れをしようとした?
秀忠が江戸を出発した日、家康はすでに京都に到着していた。家康の側近に対して、自分が着くまで攻撃を始めないでほしいという手紙を何通も書いている。その中には、5万の軍勢を置いて自分だけでも先に駆けつけたいという内容まである。
水をはじかなくなった傘を簡単に再生させる方法とは?
ドライヤーを30秒程度あてて暖める。撥水加工は表面のフッ素樹脂が働いているが、使っているうちに分子構造が乱れる。熱を加えるとそれがもとに戻る。傘が乾いた状態でやる。綿の傘ではやりすぎると生地を傷めるおそれがあるので注意。生地の折れ目の部分はもとに戻らない。
最近牛乳から抽出された白い粉は、口のどんな悩みを解消する?
CPP-ACPといい、初期の虫歯をくい止める働きがある。歯の内側では、カルシウムやリンが溶け出す脱灰と、それが回復して再び固まる再石灰化が行われている。虫歯は再石灰化が追いつかなくなることでできる。新成分は歯の外側からカルシウムやリンを浸透させ、再石灰化を助けることで、虫歯の進行を初期段階でくい止める。
前歯(中切歯)2本のそれぞれに昔からついているユニークな名前は?
右が恵比須歯、左が大黒歯という。江戸時代ごろから言われるようになった。恵比須と大黒をセットにして信仰する風習は古くからある。江戸時代になると右に恵比須、左に大黒を並べてかまどの上などにまつる家が増える。
平安時代に醍醐天皇が虫歯になったとき、側近が思いついた一風変わった対策とは?
閑際筆記という文献によると、醍醐天皇が虫歯で真っ黒になった歯を気にして部屋にこもりきりになった。側近は気遣って自分たちもお歯黒をつけた。これがお歯黒がはやったきっかけとされる。なお、お歯黒の成分のタンニンと鉄は歯や歯ぐきのタンパク質を保護し、虫歯予防の効果があると言われている。
首都圏・大阪圏の男女300人に、歯が悪くなってもすぐ歯医者に行かない理由を聞いたところ、ダントツの1位だったのは?
すぐ歯医者に行くと答えたのは57.6%。そうでない人に行かない理由を聞いたところ、54.7%が「治るかもしれないから」と答えた。以下、大したことになると思わないから、かかりつけの歯科医がいないから、今まで歯医者にかかったことがないから、近くに歯科医がいないから。なお、痛み出した虫歯が放っておいて自然に治ることはない。

――――(ここまで)――――

 傘を再生させる方法は、生活の知恵の番組でその後何度も見たような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

32回岩手大会(その5)

 JOCが内柴に金メダルの返還を求めるような話が出ていますが、なんでそんな権限があるのかわかりません。東京五輪招致のために印象をよくしておきたいということか。それより、もしこれが実現したら、「日本の金メダル獲得数」なども減るということか。オリンピックのメダル数に関する問題が作れなくなります。そういえば昨夏にクイズ制作会社の社長の講演に行ったら、ツールドフランスの膨大な記録が載ったかなり高い本を買ったのに、ドーピングで一切役に立たなくなったと言っていました。

 それでは岩手大会です。決勝の9問目、ブラジルと国境を接しない南米の国という問題で、一関高専の組み込みが押します。というか間違えて押してしまったのに、答えたら正解。10問目は盛岡第一の最多枠が取ります。11問目は盛岡第三のボート部が初めて正解。12問目はスルーです。
 13問目は盛岡第三の2部活が正解。14問目は盛岡第三のボート部が取ります。この地区は問題がやや難しめです。15問目を最多枠が正解。さらに16問目も取って逆転で王手です。そして17問目も正解して一気に決めました。

 盛岡第三のボート部は「すごい緊張して大が出そうだったんですけど」と言います。そして「もうちょっと笑ってもらえると…」。さらにリーダーが「仲よくないメンバーを替えて出たい」と言って、「それならオレも別のメンバーで」。
 一関高専の組み込みのネコのぬいぐるみに初めて言及します。サッカー部のメンバーに「サッカーとどっちが疲れた」と聞くと「サッカーの方が」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

32回岩手大会(その4)

 今月のナナマルサンバツでは、これまでに読んだ膨大な本から正解を導こうとする描写が出てきます。これって漫画が描く理想ですね。それだったらクイズはおもしろいでしょうが、実際は今の競技クイズは、大会などの問題集の問題と答えを1対1対応で覚えないとやっていけないでしょう。

 それでは岩手大会です。決勝進出の最多枠は盛岡第一の昨年代表です。リーダーが2年で他が1年です。メンバーに、「12歳の空」という小説で文学賞を取った人がいます。全国大会のあおり文句には最高です。でも岩手自体が地味だから全国大会では取り上げられないか。
 盛岡第三の1チーム目のリーダーはボート部です。藤田「何をやってるの」「ボートとかやってます」。そして、「みんな仲がよくないので、たぶんこれが終わったらしゃべらない時期が続く」。
 一関高専の1チーム目、組み込み技術同好会というメンバーです。レゴで作ったロボットをプログラミングするそうです。しかし解答席に置いてあるネコのぬいぐるみに一切触れません。気になります。一関高専のもう1チームはここと同じクラスだそうです。
 盛岡第一の2チーム目は2年生で初参加。盛岡第三の2チーム目は3年が2人と1年です。リーダーの前の部活の同級生と今の部活の後輩だそうです。敗者復活のチームはいません。

 1問目、ご当地問題で一関高専の組み込みが正解。2問目は英語で盛岡第一の最多枠が取ります。3問目「ユーストは何の略」。こんなのが問題に出る時代になったか。一関高専の組み込みでない方が正解です。4問目の正解は読み切りです。最多枠が正解します。本を書いている人がいますから。
 5問目は盛岡第三の2部活が正解。6問目は最多枠が間違えます。7問目は盛岡第三の2部活が正解。8問目、正解がbjリーグですが、一関高専の組み込みでない方が「pjリーグ」と答えて不正解です。この後、インタビューですべる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

32回岩手大会(その3)

 今週の「怒り新党」のオープニングでは、夏目三久の「キャスター問題」の話をしました。有吉が「まずはあの番組に1人送り込むということで」。マツコが「あんたも出る気? どこの席狙ってるの?」。すると有吉が、声には出しませんが「ジャストミート」のポーズをします。

 それでは岩手大会です。抽選会の場所に移動します。この地区もヤングエース抽選の応募がありません。もう抽選券のついているヤングエースを売っていませんしね。ドラッグ&ドロップが昨年代表に当たります。ハルヒが当たったチームに住みます芸人が「ハルヒ好きそう」。
 なぜかキングオブコメディセットという賞品があります。吉本でもないのに。そして年金手帳ケースがあります。当たっていないのが2チームになったところでスタッフTシャツです。そして渡り廊下走り隊のポスターが、さっきハルヒが当たったチームに当たります。「2次元だよ」と言われます。
 ロシアンモンキーからの賞品は、最初に作ったスーツで、内側に家族の名前が入っています。

 ペーパークイズの結果発表です。この地区は1列が3チームです。盛岡第一のトップは最後尾にいる昨年代表です。1列目は1人を除いて女子でブー。2列目はファンファーレ。盛岡第三です。3列目も1人を除いて女子です。綾波レイのかつらがいます。ブーです。4列目もブー。5列目はファンファーレ。一関高専です。すると藤田アナが「もう1チームおります」と叫びます。また一関高専です。
 6列目はブー。7列目もブー。これで最後の8列目に勝者が2チームいることになります。ここで、一昨年代表が見に来ていることを急に紹介します。この後輩がいるそうです。最終列の発表で異常に引っ張ります。過去に例がありません。結局勝ったのは、盛岡第一と盛岡第三です。この後、全国大会向けネタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

32回岩手大会(その2)

 「ソモサン・セッパ!」の本が出ました。

 筆者がなぜか、関西テレビの「マルコポロリ!」のMENSA企画についても書いています。それで思い出したのですが、昨年の問題で、「11」から始まって数字がズラリと並んでいて最後の4桁が「1223」というのがありました。ところが、?になっているところが秋分の日の日付なので、規則がわかっても今年は何日なのかがわかりません。脳トレ問題としては失敗してると思います。

 それでは岩手大会です。敗者復活戦は東北に入ってからすっかりただの三択になりました。敗者は8チームいます。1問目、ロンドン五輪に関するいい問題です。全チーム不正解です。続行するか判定することなく2問目です。関東でも出そうなクイズ研っぽい問題です。1チームを除いて全部同じ答えですが、正解は1チームの方。今度は判定があって、続行です。3問目、これも雑学本に載っているクイズ研問題です。この地区はどうしたんだ。2チーム、2チーム、3チームに分かれて3チームが正解。これで終了になります。

 ペーパークイズの1問目はロシアンモンキーの2人の子どもの数です。地味な予選には聞いたことのない芸人が来ますが、結婚しているのか。
 住みます芸人のライブで、イチローで小沢一郎というネタがあります。解散があったら放送できなくなるかもしれないのに大丈夫か。前田敦子を過呼吸で表現というネタはおもしろい。ロシアンモンキーのライブでは「お風呂で使うシャンプーといえば何だ」と言って高校生から「メリット」という声が上がって「正解はビダルサスーン」というのがあります。これは絶対に放送できません。「上は工事現場、下はゴミ箱。な~んだ」「鉛筆削り」「残念。中国の雑居ビルでした」。これは放送はどうでしょうか。お題をもらって即興漫才というのをやりますが、この地区でも、今の高校生にはわからないネタです。この後、2次元だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

32回岩手大会(その1)

 昨日、「お元気ですか日本列島」を見たら、名古屋局のニュースで、吉田沙保里が母校の中学校で生徒と交流というのがありました。生徒が、表が○で裏が×と書いた紙を上げています。NHKオンデマンドで映像を確認したところ、「第4問 吉田沙保里先輩は48kg級である。○か×か」というのが大画面に表示されていることがわかりました。吉田沙保里が来たら講演するだけでいいんじゃないのか。今、学校行事でもこんなクイズ大会をやっているのか。

 それでは8月9日の岩手大会です。会場は昨年と同じ岩手大学のグラウンドです。開始前に高校生を舞台に上がらせて何か収録しています。住みます芸人「内村航平、意外とわき毛濃い」。
 ロシアンモンキーが出てきます。最多は盛岡第一です。この会場の隣なのだから当たり前です。舞台に上がったのは昨年代表です。表彰状の読み上げが「貴校は岩手大会で、最もチェックのシャツの似合う方として…」。さらに参加者に「今日は1回戦で」「わざと間違う」と言わせます。さらに昨年代表を打倒するというコールをさせます。

 藤田アナが登場します。今朝のスッキリ!で、自分のいないコーナーをやっていたと言います。○×の問題はまた硬貨に関するもので、問題文が不自然です。なぜそんなフレーズを入れる必要がある。圧倒的に多い方が正解です。といっても20チーム台ぐらいですが。
 敗者復活のゲームはバスケットボールです。5球シュートしてゴールに入れば成功です。藤田アナが、自分も高校生クイズに出て負けた話をします。
 5球とも失敗します。すると追加で3球やることになります。その1球目で入りました。この後、放送できないネタ連発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

NHKの過去と未来

 「NHK×日テレ60番勝負」に出た明石家さんまが、「クイズ面白ゼミナール」で鉛筆の芯の話であくびをしていたというのを語っていましたね。他局では何回も聞きましたが、NHKでも言うか。そしてNHKのスタジオにいながら「あんなつまらない話を誰が聞くか」と繰り返します。さらに「連想ゲーム」でも問題が起きてNHKに出なくなったというのは初めて知りました。

 来年度のNHKの番組表が発表されましたが、「クイズ100人力」や「双方向クイズ天下統一」もレギュラー化されることがわかりました(おそらく月1回ぐらい?)。NHKで同時にこんなにクイズ番組をやるのは初めてではないでしょうか。深夜0時台に「クローズアップ現代」の再放送が久しぶりに復活しますが、それならホールドオンを再放送してくれる方が便利なんだけど。

 「NHK思い出テレビ60年」というムックが出ました。過去のNHKのクイズ番組についてもかなり書かれています。「それは私です」とか「シャープさんフラットさん」とか「クイズ百点満点」とか、NHKの歴史を振り返るときにあまり取り上げられないものが出ています。あと、資料として大河ドラマと連続テレビ小説と紅白歌合戦のすべてが載っているので、クイズのネタにはいいのではないでしょうか。そして2012年の番組として「連続クイズ ホールドオン!」に1ページを割いているのです。この番組ってNHKの歴史でそんなに重要なものなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

32回山形大会(その7)

 以前こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 間違いといえば、以前こういうことを書きました。

 以前、「ほこ×たて」の防犯ボール対α-ゲルでも画面中央に「静岡県清水市」と表示されて、再放送でも何も修正されていませんでした。あそこの地域は独立性を主張して清水市と名乗ることにしたのか?

 今夜のほこ×たてでは、画面中央に「山口県小野田市」と出ました。こうなると、わざとやっているのかと思えてきます。「日本列島ダーツの旅」は意図的に合併前の市町村名を使っていますけど。

――――(ここまで)――――

 今夜のほこ×たてでは、画面中央に「秋田県大曲市」と出ました。やはりわざとやっているとしか思えません。でも山梨県北杜市とか茨城県常総市は普通に表示されていました。

 それでは山形大会です。18問目は山形東が正解して王手です。19問目の正解は聴診器ですが、鶴岡南の2年が「ちょうおんき」と答えます。ここでまた山辺にインタビューです。「看護系だったので答えたかった」。
 20問目は鶴岡南の3年が正解。21問目の正解は井伏鱒二ですが、鶴岡南の2年が自信たっぷりに「黒岩涙香」と答えます。ここはクイズ研ですが、もう4問も間違えています。22問目は鶴岡南の3年が正解。23問目は鶴岡南の2年が正解したところでテープチェンジになります。

 24問目は長井が正解して3ポイント。基本的な問題が出続けます。25問目「星の王子様を書いた」で酒田東が押して不正解。「どこの国の作家」でした。26問目はスルー。27問目、山形東が正解して決定です。
 山形東のメンバーの1人は、昨日になって決まったそうです。鶴岡南の3年は「毎日何百問もやってきたが、押すのが遅かった」。長井は「県大会でここまで深く広い知識が問われるとは思っていなかったが、後輩に還元したい」。いや、かなり簡単な問題しか出ていないんだけど。全国大会との断層がありすぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

32回山形大会(その6)

 昨夜の「NHK×日テレ60番勝負」。よく見ると日本テレビ側の社員に、担当が高校生クイズという名札をつけた人がいます。「前代未聞の挑戦対決」で、2時20分ごろにアメリカ横断ウルトラクイズの映像がかなり流れましたが、その後の教育テレビの趣味講座のヨガの方が、予算は何百分の1なのにはるかにインパクトがありました。

 それでは山形大会です。決勝の4問目、化学で酒田東が正解。5問目「クマタンというキャラクターで知られる」で鶴岡南の2年が押しますが答えられません。「若槻千夏のブランドは」です。地区大会ではこんな難しい芸能問題も出るのか。全国大会でも出せばいいのに。
 6問目の正解は星条旗で鶴岡南の3年が正解。7問目は日本史で長井が早く押して正解。8問目は他の地区で出たのと数値だけ変えてある計算です。鶴岡南の3年が正解します。9問目は日本史で、このチームが不正解。ここでまだ答えていない山辺にインタビューします。「星条旗めっちゃ答えたかったです。0.2秒足りない」。

 10問目は鶴岡南の2年が正解。11問目は英語で鶴岡南の3年が早く押して正解です。12問目は長井が取ります。13問目も長井が正解で、これでトップです。14問目、スポーツで鶴岡南の2年が不正解。15問目は英語でスルーです。ここでまた山辺にインタビューします。「勉強になるなあって」。

 16問目は山形東が正解してここも3ポイント。17問目、大阪府知事の名前を長井が「松井かずお」。この後、また山辺に聞く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

32回山形大会(その5)

 今日からNHKでテレビ60周年の特番シリーズが始まりましたが、「忘れられない名番組」では、クイズ番組もいくつか出ていました。でもおもしろかったのは、秋元康が出てくるとデータ放送に「今話題の秋元康」などというツイートがどんどん流れることです。「NEWS WEB24」でのノウハウが生かされています。

 それでは山形大会です。最多枠の山辺は女子です。「優勝は無理な気もするので、元気よさだけは負けないように」。リーダーはミニーマウスをイメージしただんごの髪型です。長井は3年で、「県で頂きを取って全国で映りたい」。藤田アナが長井に、ずいぶん遠くから来たと言いますが、それは鶴岡や酒田に失礼ではないでしょうか。
 鶴岡南の1チーム目は3年2人と2年です。チームを集めるのも大変だったそうです。3連覇したいと言います。もう1チームは2年で、100円ショップのはっぴのチームです。クイズ研だということですが、3人とも違う部活に入っていてクイズ研を兼務しているそうです。リーダーは極真空手部で、型を見せます。
 酒田東に藤田アナが、「優勝すれば第21回ということになります」と言うと、「そうなんですか」。そりゃ知らないでしょう。藤田アナはいちいち自分の担当する県の過去の代表を調べてきています。山形東は「思い出づくりだったが一番を目指したい」。ちなみに麦わら帽子の長井と酒田東を除く4チームが敗者復活です。この復活率の高さは異例です。

 1問目は山形東が正解。2問目、北海道の問題で山形東が正解。秋田では福井の問題が出るなど、他地域の問題がよく出ます。3問目の正解は「片棒を担ぐ」ですが、鶴岡南の3年が「縁」と答えて不正解。この後、0.2秒足りない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »