« 第7回エコ甲北海道大会(その9) | トップページ | 32回秋田大会(その3) »

2013年1月23日 (水)

32回秋田大会(その2)

 「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに壇蜜が出ていましたが、芸名の由来は、葬儀屋で働いていたので仏教の精神にちなんでつけたそうです。つまり仏壇の壇です。それでつちへんなのか。これなら漢字を忘れることはありません。理由がわかった上で覚えるのが勉強の理想です。でも檀家の檀と覚えると間違えます。

 それでは秋田大会です。地団駄の秒数が追加になって、高校生の代表に応援させます。当然クリアして敗者復活戦です。なぜかこの地区に限って、1問目をやる前に続行・終了の判定があることを言います。
 1問目、奥州藤原氏の問題です。3チーム正解します。2問目はAKB48の問題。1問目に学問の問題を出して2問目が芸能というのはここでも踏襲されています。正解は4チームで、5チームが敗退しました。

 収録が終わっても藤田アナは敗者と話しています。一方ディレクターは、子どもにカロリーメイトを配っています。将来の参加者ですからね。
 ペーパークイズの1問目は、とろサーモンの久保田の寝相です。実際に舞台で寝て正解発表します。2代目すみます芸人と初代住みます芸人のライブがあって、とろサーモンです。
 ヤングエースの抽選券を持ってきたチームはいないようです。ここは全員に何かが当たるぐらいの人数しか参加していないのに、帰ったチームもいます。涼宮ハルヒのところで「これがいい」という声が上がります。この地区も靴べらで笑いが起こります。さらにスカパー!からの最後のプレゼントが、年金手帳ケースです。なんでそんなものが。
 キレイキレイが当たったチームは「ライオンさんありがとう」を撮らされています。スタッフTシャツが当たったチームは「決勝目指して頑張るぞ」です。何も当たっていないのが1チームだけになったところで、渡り廊下走り隊のポスターが出て、自動的に当選です。「まゆゆ大好き」を撮らされています。この後、殺し合い。

|

« 第7回エコ甲北海道大会(その9) | トップページ | 32回秋田大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56603385

この記事へのトラックバック一覧です: 32回秋田大会(その2):

« 第7回エコ甲北海道大会(その9) | トップページ | 32回秋田大会(その3) »