« 第7回エコ甲北海道大会(その3) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その4) »

2013年1月10日 (木)

32回福島大会(その2)

 「妹のジンテーゼ」が最終回になりました。非常に中途半端な終わり方で、打ち切られたのだろうというのがわかります。「サルでも描けるまんが教室」で、打ち切られたときにどう終わらせるかというのがありましたが、今回はこれから頑張ろうパターンです。「ナナマルサンバツ」はせめて、テレビの高校生のクイズ選手権で全国大会に出るくらいまでは続いてほしいものです。

 それでは福島大会です。この地区にも車いすのチームがいます。○×は陸上競技のルールに関する問題です。「正解は、正解は…ちょっと待った。大ちゃん嫌いになった人」でみんな手を上げます。すると「福島は全チーム×! ○が正解なら福島へのプレゼントはなくなる」と言います。
 不正解は7チームですが、不正解側も一緒になってタオルを振っています。囲碁将棋が出てきます。囲碁将棋には文田大介というメンバーがいるんですね。「藤田さん人間の心あるんですか」。この地区のゲームはバスケットボールです。5球以内にゴールが成功すれば敗者復活があります。4球入らず、5球目はゴールが動かないように押さえます。5球目で成功しました。

 敗者復活戦はただの札上げ三択です。1問目、童謡に関する問題で1チームと1チームと残り全部に分かれます。多いところが正解。正解者だけ前に出してタオルを振らせます。正解者はすべて女子です。そしてこの地区は続行の判定もなくこの時点で終了しました。

 ペーパークイズを前に藤田アナが突然、娘が生まれたという話をします。ペーパーの1問目は囲碁将棋の出身高校です。ペーパーが終わった直後に正解発表です。
 住みます芸人のライブの前に拍手の練習をします。また雨が降ってきました。囲碁将棋のライブでは、整形前の市橋容疑者に似てるといったネタをしています。この後、巨人応援歌コーナー。

|

« 第7回エコ甲北海道大会(その3) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56512124

この記事へのトラックバック一覧です: 32回福島大会(その2):

« 第7回エコ甲北海道大会(その3) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その4) »