« 第7回エコ甲北海道大会(その8) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その9) »

2013年1月21日 (月)

32回秋田大会(その1)

 昨日の「ガキの使いやあらへんで!!」は、「マジかるハマダ」という企画をやっていました。以前、浜田が司会でなぞなぞをやって、意味もなくキレまくって職場放棄して、そのたびにみんなで浜田に謝りに行くという企画をやっていましたが、それを「マジかるハテナ」のセットでやるだけです。ガキ使でこんなに他番組の宣伝が表示されるなんて見たことがありません。よほどマジかるハテナがピンチなのか。

 それでは8月7日の秋田大会です。なぜか福島→山形→秋田ではなく福島→秋田→山形なので移動が非常に面倒です。会場は昨年と同じですが、なぜか番組ホームページに「会場名が変更になりました」という告知が出て、セリオンと言わなくなりました。現地に行ったら、セリオン自体がなくなっているわけではありません。セリオンの広報のフリーペーパーに、高校生クイズの日程が載っています。

 この地区は住みます芸人が初代と2代目と両方います。とろサーモンが出てきます。参加は30チーム弱です。最多は秋田です。
 藤田アナの登場です。知っている人と言ってもほとんど手を上げません。秋田では「スッキリ!」をやってるんだけど。○×の前にロンドンオリンピックで日本の活躍に眠れずドキドキと言って、問題は心臓に関するものです。正解の方が少し多い。不正解側はほとんどが男子です。

 とろサーモンの敗者復活要求です。ここは地団駄です。60秒で300回ですが、222回までしかいきません。すると、「ディレクターの指示で、あと15秒で300回になればOK」。とろサーモンが「今の声は何なんですか」藤田「秋田大会のすべてを取り仕切っている偉い人です」。この後、将来へ向け買収。

|

« 第7回エコ甲北海道大会(その8) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56594180

この記事へのトラックバック一覧です: 32回秋田大会(その1):

« 第7回エコ甲北海道大会(その8) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その9) »