« 第7回エコ甲北海道大会(その7) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その8) »

2013年1月19日 (土)

32回福島大会(その6)

 先日テレビで、水野晴郎が札勘の岡山県大会で優勝したことがあるというのをやっていました。これってエコノミクス甲子園の問題にできませんかね。

 それでは福島大会です。決勝の9問目は福島の最多枠が正解。10問目「消毒や防腐剤に使うホルム」で最多枠が押します。そして「どうしようかな」と言ってホルマリンを正解。藤田アナが女子に、リーダーについてどう思うか聞きます。「いつもクイズ本読んでてちょっと怪しい」。一方リーダーは「勉強とか勉強とか勉強とか犠牲にして、会津学鳳の昨年代表を倒すために来た」。
 11問目、「舞台を笛や太鼓でにぎやか」で最多枠が押します。「わからないけど出ばやしだと思いました」でブー。正解は鳴り物入りです。

 12問目、書き出しから共産党宣言を答える問題で会津学鳳の昨年負けた方が正解。13問目、「アメリカ、カナダ、メキシコの」で昨年代表が押してNAFTAを正解して決定します。「県の決勝の問題は読みづらい」と言います。ここは最強のチームにするために昨年負けた方から2人を引き抜いたそうです。全国でのライバルはと聞かれて、開成の昨年優勝チームと言いますが、ここが地区大会で負けたことを知らないふりをしているのでしょうか。

 負けた最多枠のリーダーは、「(勝ったチームのリーダーを)来年のabcでぶっ倒します」。もはや一般視聴者が見ているテレビだということを忘れているようです。abcって何? 藤田アナが「それちゃんと説明してくれますか」。あと、このチームの女子は一昨年、決勝に出ていたそうです。福島のもう1チームのリーダーの女子は、「東大クイズ研に入ってabcで女性3人目の決勝目指します」。だからそれって完全にクイズマニアの内輪の会話だろ。囲碁将棋が「高校3年間、部室で将棋やらずにゲームボーイばかりやってた自分を恥じたいと思います」。

|

« 第7回エコ甲北海道大会(その7) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56577780

この記事へのトラックバック一覧です: 32回福島大会(その6):

« 第7回エコ甲北海道大会(その7) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その8) »