« 32回中部大会(その8) | トップページ | 32回福島大会(その1) »

2013年1月 7日 (月)

第7回エコ甲北海道大会(その2)

 昨日、TBSで12時54分からの「ミルク書」というミニ番組(当然、牛乳関連団体がスポンサー)の出演者が若林正恭で、クイズ神の番宣をしていました。どの番組で番宣があるかという予想がいろいろありましたが、こんなところにつっこんでくるか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。北海道大会のペーパーは残り20秒からボードクイズのときの音楽がかかります。
 昼食はカフェテリアに移動です。保護者もチームと一緒に食べろと言っています。早押しの組み合わせ抽選をしたチームから出て行きます。そして、関係者の方ではない私も食べていいそうです。今回のエコ甲は行った予選でいずれも昼食が出ました。
 筆記の解答はカフェテリアのテレビに表示されます。スタッフに、どこの関係者かと聞かれて、知り合いが金融知力普及協会にいると言うと、「ああ、知ってます」と言われました。一度も来ていない北海道大会にまで知れ渡っているか。

 早押しを前に集合写真を撮ります。普通は全部終わってから撮ることが多いですが。最初は高校生だけで撮って、次に北海道銀行のゆるキャラが2体出てきます。
 早押しのA組は札幌国際情報と旭川東の3チームです。司会者が、開会式でチーム紹介をするのを忘れていたと言って、今インタビューします。札幌国際情報は女子で、金髪に染めたメンバーがいます。旭川東には当然クイズ研がいます。
 1問目、道銀の森の植樹は何本という三択です。取締役のあいさつから問題が出るというのはこれか。しかしボタンを押してもつきません。確かこの地区の早押し機はレンタルではなく、関係者が作ったものだと聞いています。一旦高校生を席に戻します。ウィンドウズの終了音が聞こえます。直って音が出ると大拍手です。写真撮影のときに配線がおかしくなったようです。やはり集合写真は最後に撮るべきか。この後、かしらとり。

|

« 32回中部大会(その8) | トップページ | 32回福島大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56489706

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲北海道大会(その2):

« 32回中部大会(その8) | トップページ | 32回福島大会(その1) »