« 32回山形大会(その3) | トップページ | 32回山形大会(その5) »

2013年1月31日 (木)

32回山形大会(その4)

 TBSラジオの「たまむすび」。以前放送されて聞いていなかった回の録音を聞きました。メールのテーマがドイツについてだったのですが、気象予報士が「天気予報にもドイツが深く関係してるんですよ」と言って、日本で最初に天気図を作ったのはクニッピングという人だと言います。それって高クイの全国大会で出た。あの、クイズのためにしかなくて何の役にも立たないような知識でも業務に生かしている人がいるのか。

 それでは山形大会です。ペーパークイズの結果発表。この地区のブーブーゲートは1チームずつです。そして合格がピンポンです。山辺は全部女子で、先頭に固まっています。先ほどエド・はるみのぬいぐるみが当たったのも山辺でした。山辺の1位のチームは、結果がわかっているのにゲートに乗って狂喜します。
 山辺の残り2チームはブー。カメラの前でエドの芸をやります。3チーム目もブー。4チーム目の麦わら帽子がピンポンです。5チーム目はブーで、6チーム目の混成がピンポン。7チーム目はブー。8チーム目もブー。去年もここで負けた工業高校です。9チーム目、また麦わら帽子がピンポンです。喜んで何かこぼします。
 10チーム目はブー。11チーム目、100円ショップで用意したはっぴを着ています。ピンポンです。12チーム目ブー、13チーム目ブー、14チーム目ブー、15チーム目ブー。これで最後尾の16チーム目が決勝進出です。

 決勝です。エドは椅子に座っています。麦わら帽子は長井と酒田東ですが、1人を除いてみんな脱ぎます。同姓が2人いるチームが2つあります。藤田アナが「つばさ号で東京に向かうのは1チーム」と言いますが、鶴岡南や酒田東はつばさを使わないと思います。あとは山形東で、長野と同様、非常に地域バランスのとれた残り方です。この後、そんなの知らない。

|

« 32回山形大会(その3) | トップページ | 32回山形大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56669280

この記事へのトラックバック一覧です: 32回山形大会(その4):

« 32回山形大会(その3) | トップページ | 32回山形大会(その5) »